« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

被災地を抜ける

昨日、新潟は大変な豪雨の被害に遭いました。そんな私は新潟にはいなくて群馬県でミニ同級会をしていました。会は一昨日の夜でしたが私はもう一泊したため、最悪の時に新潟県内を縦断しなくてすんだのですが、昨日帰った同級生は大変だったそうです。

今日は雨もあがったため道路規制はなく、スムーズに帰れました。時間はあるので高速道路代節約のため、オール下道です。南魚沼市あたりから道路が泥だらけの場所があり、冠水したあとがうかがわれます。

Img_4984

時間があったので学生の頃を過ごした魚沼市(旧湯之谷村)で道草をしました。ふと35年くらい前に登った山の上のお宮が見たくなり登ってみることにしました。

Img_4990

左の三角の山がそれです。なにやら騒々しいと思ったら自衛隊のヘリコプターが盛んに行き来しています。災害救助でしょうか。

Img_4993

これは二十三夜塔。前のブログで紹介したものです。微妙に変わっていますね。こういものは朽ちるまで変わらないものと思っていました。ここから登り始めます。10分程度の低い山ですが、寄る年波には勝てず、つらいこと。心配していた膝は大丈夫でした。でも足ががくがくです。頂上のお宮は35年前と変わらず、久しぶりにご挨拶のお参りをしてきました。

さっきのヘリコプターは中学校のグランドに降りたり飛び立ったりしています。夜のニュースでわかりましたが、この先の奥只見ダムで孤立した観光客を搬送していたようです。ホバリングしているヘリコプターを上から見下ろすというのも滅多にないでしょうね。

Img_5032

昔このあたりをスナップ写真撮るのに歩き回ったことがあります。当時と風景はがらりと変わっていますが、田んぼの風景は変わっていないだろうと思い行ってみました。

Img_5042

しかし、なんと道が崩れています。あの崩壊している道の先でよく写真を撮ったものです。水害は昔の思い出まで奪ってしまいました。

こちらは報道でも伝えていました、堤防決壊した破間(あぶるま)川です。

Img_5048

水が堤防を乗り越えた様子がうかがえます。実はこの左下の集落は浸水の後片付けの真っ最中でした。泥水とがれきがすごかったですね。この辺は人的被害はありませんでしたが、恐ろしいものです。まあ、物見遊山で行ったわけではなく、この先の有名なお菓子屋さんにおみやげを買いに行く途中だったのですが、偶然というかいたる所がこんな感じでしたね。お菓子屋さんは普通に営業していました。しかし、こんな日にわざわざ観光に来る人はいなかったようですが。国道17号線に出てもいたるとことに爪痕が見られます。車の屋根まで泥が付いている車がありましたから、1m以上浸水したのですね。2日前に通ったときは普通に営業していたレストランがテーブルなど外に出して後片付けしていました。ここは7年前の中越地震でも被害にあい、営業再開の様子がニュースにもなったお店ですが、2度もこんな被害にあうとはなんとも言葉が出ないですね。こういうのは誰が悪いわけでもないですから、国や自治体には本気になって支援してもらいたいものです。

| | コメント (0)

2011年7月25日 (月)

なぜ晴れない

月が下弦を過ぎても晴れる気配がないと焦ってきます。今回も成果なしで終わるのかと。1ヶ月後はもう秋ですよね。

先日の東の夕焼けの謎をどうしても知りたくて、空の研究で第一人者のかたに不躾にもメールしてしまいました。丁寧なメールをいただき謎が氷解しました。高層の薄雲が原因とのことです。これに大気層を通って赤くなった太陽の光が当たって染まるようです。これからは私見ですが、たぶん透明度が相当よくないと長い距離を通ってくる間に光が減衰するため普段は見られず、今回のような台風一過で空が澄んでいた時だからこそあんなに鮮やかに見られたのではないかと思っています。

ところでその方によりますと、今年は高層の温度が去年よりも低いようで薄雲が発生しやすい傾向があるそうです。そう思えば今年になってからの天気の悪さはうなずけそうな気がします。ということはこれからも澄み切った空を期待することは難しいということなのでしょうか。新月期に向かっているのに週間予報に晴れマークはありません。私は今年の夏物はほとんどあきらめてしまいました。でも、秋はあまり外れはないのでせめて秋冬物に賭けようかと思っています。意外にまだ撮影したことのない冬物はたくさんあります。

せめて夏の風物詩、蓮の花をアップします。

Img_4969

Img_4968

mini Borg 45ED+×0.85レデューサーです。せっかくのBorgが花しか撮るものがないというのもちょっと寂しいです。

| | コメント (2)

2011年7月24日 (日)

CD-1に極軸望遠鏡

月がだんだん細くなっているのに全国の天文ファンブログには一向に新作品がアップされません。天気が悪いですね。夏物シーズンはそろそろ終わりに近づいているのに焦ります。代わりに機材の話題が多いですが、私も負けずにアイベルのポータブル赤道儀に極軸望遠鏡をつけてみました。

Pict0001

工作というのも恥ずかしいほどなにも考えていません。手持ちの穴あきアルミアングルにファインダー台座を取り付けただけです。買っただけで全然使っていなかったファインダー脚と去年星祭りで買った正立ファインダーをつけました。光軸あわせはBorgの片持ち赤道儀を取り付け、これにペンシルボーグで遠くの鉄塔に照準を合わせ、180度回転を繰り返しながら追い込んでいきました。それで中心を見つけ、そこに合わせファインダーを調整しました。結構頑丈なので狂いは少ないと思います。改めて見ると、素通し簡易ファインダーはかなり適当ですね。広角なら問題ないですが、中望遠では使えないと思いました。あとはファインダーの視野角をまだ調べていないので、天の北極と北極星がファインダー内でどれくらいずれるかを調べなければなりません。どうやろうかと考え中です。

これでTamronの28~75mmズームをノータッチガイドする予定です。インターバルタイマーを使って放置プレイで勝手に撮影してくれることを期待しています。

| | コメント (0)

2011年7月23日 (土)

これはこれで

夏の大三角形です。

Img_4407

Zenitar 16mm F2.8(F2.8)+EOS Kiss X2改 ISO800 3分×4枚です。これも絞りを開放のまま撮ってしまったものです。しかしこれはこれでおもしろいですね。輝星がとても大きい割には微恒星は小さくシャープです。拡散系フィルターとは違った味です。といいたいところですが、失敗は失敗ですね。ゼニターは開放だとコマ収差も大きいですし、色収差もかなりあります。Tokinaの魚眼ズームは開放でもそれほど画質は悪くならないのでまだ使えそうです。

夏は広角系のレンズでも十分いけます。今年はあまり撮影のチャンスがないかもしれません。ちょっとの晴れ間を見つけて楽しんでおこうと思います。

| | コメント (4)

2011年7月22日 (金)

新レンズを試す

実質上この間ポチしたTamronのズームレンズのファーストライトです。

Img_4413

TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09)
焦点距離44mm 絞りF3.5 露光 2分×4枚 EOS Kiss X2改です。

75mm露光3分で撮ってみたのですが、CD-1ではちょっと厳しい。広角気味にして露光も短くしてようやく点像になりました。星像はちょっといまいちかな…という感じです。F3.5ではまだコマ収差がかなり出ます。左側も甘い。どこまで絞れば出ないのか試してみます。

こちらはさそりのしっぽ

Img_4417

出目金とクワガタ(間違えました。彼岸花ですね)がほんのちょっと写っています。初めて撮れた気がします。こんない低いんですね。難物なのがよくわかりました。

さて、このレンズ、どこまで使えるか。もう少しいろいろ試す必要がありそうです。

| | コメント (0)

2011年7月21日 (木)

やっと晴れました

やっと晴れましたね。日が沈んでからも山の方には雲が見えていたのですが、今日は晴れる!と根拠のない希望を持って村松の遠征地に出かけました。現地は快晴!透明度もよくすばらしい天の川です。しかし風が強い。私の軽ワゴンが揺れるほどです。先日下見した堤の上だと吹きさらしになるので止めました。田んぼのあぜ道からです。

Img_4404

Zenitar 16mm F2.8(F2.8)+EOS Kiss X2改 ISO800 5分×1枚です。とりあえずさくっと撮ってさくっと処理しました。天の川の濃さが見て取れます。いい空でした。でも失敗です。絞りをピント確認後戻すのを忘れました。まあ、輝星が肥大した写真も星座がわかりやすくていいのではないでしょうか(ちょっと苦しい)。

月が22時前に昇るのでたくさん撮れませんでした。久しぶりの撮影なので失敗続きでしたが、明日以降順次アップします。しかし寒かった。昨日の猛暑と打って変わって肌寒く、車に常備のレインコートをきて撮影していました。こんな透明度、また近いうちにないですかね。

| | コメント (2)

2011年7月20日 (水)

滅多に見られぬ山ふたつ

今回の台風は雨台風の様子ですね。四国では観測史上最大とかで、関東でも土砂降りのようです。しかし、ここ新潟はカラカラ。今日はフェーン現象で澄み切った青空。気温も37度まで上昇しました。しかし空気が乾いているせいか、日陰では結構涼しいです。こういう影が濃い日は好きですね。

昨日も青空こそ覗きませんでしたが、台風特有の透明度で珍しいものが見えました。

Img_4943

これは月山。新潟からは約110kmあります。尾瀬の燧ヶ岳くらいありますが、手前の山の上に少し顔を出すだけなのでなかなか気づくことがないと思います。雪をかぶっているとわかりやすいのですが、夏にはっきり見えるのは珍しいです。

さらにこれは鳥海山。

Img_4941

距離は160kmです。これだけ離れると超遠望の世界になるので年に何回も見られる機会はありません。手前の温海岳を見て鳥海山と勘違いすることがありますが、本物はなかなか見られませんのでご注意ください。

新潟はどういう訳か台風がきても雨になることは滅多にありません。少なくとも私の記憶の中には台風と雨が結びついていません。台風といえば暑くて透明度の良い空が思い浮かびます。明日はもしかしたら晴れるかもしれません。この最高の透明度で天の川が撮れないでしょうかね。

| | コメント (4)

2011年7月19日 (火)

東の夕焼け

台風が近づいています。台風の雲は一種独特で、明らかに普段とは違います。

沸き立つでもなく、流れてくるわけでもなく、均等に空を覆い、風が吹いているのに動きません。見た目は大変静的な感じで、これが荒れ狂う渦巻きの周辺とは思えないほどです。

仕事が早く終わったので時間つぶしにとイオンに入ろうとしたのですが、屋上駐車場から見た東の空がまるで朝焼けのようです。

Img_4944

このときはまだ西の空は夕焼けが始まっていません。不思議な現象ですね、こんなの始めてみました。これも夕焼けというのでしょうか。

たぶんすごい夕焼けが見れる。そう直感してイオンは止め、海岸のほうに車を飛ばしました。だんだんと空が赤く染まっていきます。

Img_4955

予想通りのすごい夕焼け。海岸ではみんな見とれています。カップルもいいムード。近隣からも車がたくさん見物にきて駐車場は一杯になりました。衛星画像を見るとちょうど佐渡のあたりで雲が切れているのですね。台風がくれたちょっとした贈り物です。 

| | コメント (2)

2011年7月18日 (月)

新たな撮影地を探しに

日曜日はなにかと家の仕事もあって出かけにくいのですが、休日は比較的出やすいので夏の撮影シーズン前に新たな撮影地の下見に行きました。

まずは隠れた星見ポイント、五十島の日倉山です。

Img_4919

何人かの方はすでにここを常撮影地として利用しているようですが、よくぞこんなところを探し当てたものだなと関心します。ナビに道がありません。ネットの地図にもありません。私はかつてここの山道の入り口を偶然見つけ、ほんのちょっと先まで行ったことがあったので今回はすぐにわかりましたが、予備知識なしではなかなかわかりづらい道だと思います。昇り坂はかなり急です。弥彦のだいろ坂なみかもしれません。標高は300mくらいだったと思います。だいぶ高いところまで上がったなあ、という印象があります。写真の方角が南。結構開けています。道以外は砂利ですので機材設置はやや不安定かもしれません。道は舗装してありますがちょっと傾斜しています。栗園ですね。観光用っぽいですがよくわかりません。栗目当ての熊が出なければいいところだと思います。

さて、ここから沼越峠越えで村松へ抜けようと思ったのですが、道路決壊で通行止めです。目と鼻の先なのに遠回りしなければなりません。

いつも使う早出で地元のかたに、この上に行くといいところがあるよ、教えられたので探してみました。でも見つかりません。たぶんここだろうな、というところがありましたが、木立がじゃまで撮影ポイントにはなりません。その途中でこんな場所を見つけました。

Img_4928

早出の撮影地から近く、ちょっと標高があるので川から発生する霧に悩まされないのだと思いますが、さすがにこれでは使えないですね。鉄塔建設用に造成した場所なのでしょう。ちょっと残念です。

沼越峠近くの高石牧場というのが地図にあります。そこに行ってみたくて今回も探してみたのですが道がどうしてもわかりません。今回も謎のまま終わってしまいました。

ここは村松慈光寺近くの堤。

Img_4934

この方角が南なので、このアングルの天の川を撮ってみたいです。しかし子午線超えると光害の影響が出るんですよね。透明度最良の日に逆さ天の川を撮りたいです。

車上の空論ばかりで実際の撮影にはまったく行っていません。台風一過の日あたりにちょっと晴れ間が覗きそうですが、なんとかチャンスが訪れませんでしょうか。

今回はこんなおまけも。

Img_4915

機会があったら本気出して俄鉄屋にもなってみようかな。

| | コメント (4)

2011年7月17日 (日)

地デジ化完了

アナログ終了まであと一週間。家のテレビは待つだけ待って2週間前にやっと買い換えました。コズミックフロントの天の川がきれいなこと。それだけで大きなテレビにしてよかったと思っています。

車のテレビの地デジ化がまだでしたので、急遽探しました。しかし運転中に画面を見るわけでなく、音を聞くだけなので地デジラジオでも良かったのですが、そういう製品は存在しません。ワンセグ付きナビに買い換えようとも思いましたが、今のナビに不自由があるわけでないのでちょっともったいない。安いワンセグテレビを探してみましたが、意外といいものがありません。条件は電池で動作すること、操作性がよく感度もいいこと。もちろん安いこと。電池で動作するというものが意外とないんですね。ほとんどが充電式。でも一つだけありました。DXブロードテック、DXアンテナの関連会社ですね。国産メーカーです。ここのポータブルワンセグテレビ LVS-31です。すでに生産完了品でしたが、オークション探したらありました。迷わずポチ。

Pict0256

ちっちゃいです。石けん箱より一回り小さい。ネットの口コミでは感度もいいようで、評価も高いです。レスポンスも速い。携帯やパソコンのワンセグチューナーだとチャンネル切り替えが遅くていらいらしますがそれと比べるとかなりいいです。ボタンも押しやすいので、車のなかで手探りで操作するのにもまごつきません。これはいい買い物でした。

Pict0258

今まで使っていたのは25年前に買ったEPSONのET-20という液晶テレビ。モノクロでバックライトもないという前時代的なものですが、当時の液晶テレビがでかくて電池駆動時間が短い中でこれは単3電池2本で8時間見れるという優れものでした。ワイシャツのポケットにも入るという小ささ。4万円くらいしたかと思いますが、思い切って買っちゃったものです。数年前から音声専用でカセットのアダプターからカーオーディオのスピーカーを鳴らしてニュースなど聞きながら走っていました。

アナログの時は電波が弱くなると雑音が増えてだんだん聞こえなくなったものですが、デジタルではいきなり切れますのでちょっと不便です。デジタルも善し悪しですが時代の流れで仕方がないのでしょうね。

| | コメント (0)

2011年7月16日 (土)

黒点が少し

いつもののっぺらぼうではなく、太陽に少し黒点があります。

Img_4907

これでも寂しいですね。これくらい出るのはいつのことでしょう。

本当に寒冷化が怖くなってきました。バンバンCO2を出して今のうちに温暖化しておいた方がいいんじゃないだろうかと思ってしまいます。

相変わらず満月期に見事に晴れますね。土曜日でしたし月さえなければ今年初めての遠征日和だったのですが。来週後半からはいよいよ撮影期かと思いきや、大型台風が近づいています。でも台風一過ですばらしい星空が戻ってくればそれでもいいのですが。

| | コメント (0)

2011年7月14日 (木)

タバコ星景

今日は満月近い月ですが、ここ数日では一番雲が少なめなので出かけてきました。
とはいえ、この月と雲じゃ、暗いところにいってもしょうがないので、春から行っている旧新潟遊園跡です。

Img_4903

ここの畑はタバコ畑でした。いつも思うのですが、タバコの葉っぱにセブンスターの葉っぱとか、ハイライトの葉っぱとかあるんでしょうかね。まあ、私はタバコ吸わないので関係ないのですが。でも、生のタバコの葉はにおいがしないのですね。したらここなんかすごいでしょうね。

ヤブ蚊が多くて早々に帰ってきました。天気のいい日にはここで星空眺めながらノンアルコールビールでも、と思ったのですが、蚊の餌食になりそうです。相変わらず晴れるときは満月という巡り合わせの悪さが続いています。早く撮らないと天の川シーズンが終わってしまいます。来週、再来週は是非とも晴れて欲しいものです。平日でも可。

| | コメント (2)

2011年7月12日 (火)

樽口峠へのドライブ

玉川小分校付近から峠までのドライブをお楽しみください。

途中道路を猿が横切りますのでお見逃しなく。

| | コメント (4)

2011年7月11日 (月)

樽口峠下見に行きました

早々と梅雨も明けた日曜日、暑さと女房の家事で発する物音で早起きさせられてしまいました。二度寝しようにも暑くて寝られないので、そうだ、せっかくだから春に失敗した樽口峠を下見に行こう、と思い立ちました。

高速の無料化実験が終わったのでオール下道です。ほぼ2時間。右回り、左回りとありますが、今回右回りで行ってみました。右回りとはすなわち途中で叶水のほうに左折していくことになります。道はかなり狭くヘアピンカーブもいくつかあり、ガードレールもないのでなかなか緊張する道です。山道に入ってから10分ほどで駐車場に出ました。

Img_4835

眺望は最高です。この真ん中にあるのが有名な樽口峠の一本桜でしょうか。夜は確かに暗そうです。この方角は南西です。

Img_4840

駐車場は広い。後ろの山が観光ワラビ園なんですね。ここはその駐車場らしいです。天文マニアの隠れた聖地にふさわしいところです。

南はこちら。GPSによれば標高は約500m。山奥のイメージですが、弥彦山より低いんですね。この方角は大きな街がないので光害もなさそうです。

Img_4839

ここから泡ノ湯温泉に下る道はきたときよりも広くて運転しやすいです。アプローチも短いのでこちらの道が絶対にお勧めです。登るときはぜひ左回りでどうぞ。

降りたあたりをぶらついていたらこんな施設がありました。

Img_4869

お昼回っていたし、ここで冷たいおそばを食べました。日曜なのにお客は私一人。いつもは一人でドライブしてもコンビニのおにぎりとかですませるのですが、こういうところにお金を落とすことも大事ですね。これからは行った先で出来るだけ消費しようと思います。

下見はしたし、本番の撮影行ですが、いつになるでしょう。月の巡りから行けば今月の30日なんでしょうね。でももしかしたらその日は夏の飲み会が入ってだめかもしれません。翌週の8月6日は上弦の月ですが22時半には沈むので十分です。天の川はやや西に傾きますが、地平線から直立した姿が見られそうです。半年間全く天候に見放されましたので、せめてこの夏は存分に星見を楽しみたいものです。
----------------------------------------------------
日にち間違えていたので訂正しました。それから、考えてみたら8月6日も別のレジャー予定があるのでだめそうです。そうなると平日に夏休みを取っていくか、9月に持ち越しになるかもです。あ、胎内星祭りから直行するという手もあるか。どうもこの夏は星との巡り合わせに恵まれていないようです。

| | コメント (10)

2011年7月 9日 (土)

解像度変更はPhotoshop

自分の中では今シーズン最高のホタルを写したあとで出したくなかったのですが、ただの星景写真としてみてください。

Hiyo3

EOS Kiss X3、Tamron SP AF28-75mmF/2.8 XR Di(28mm F4.5)、ISO1600、30秒×10枚

比較明合成はステライメージで、解像度変更もステライメージで行いました。色調調整はPhotoshopです。いまいちですね。魚眼だと星のつなぎ目はさほど目立ちませんが、これはひどすぎます。

そこで別な方法でやってみました。

Hiyo2

こちらは比較明合成のみステライメージでPhotoshopのCAMERA RAWで読み込み画質なども調整しました。星がうるさすぎるのを意図的に押さえて、背景の色も注意深く調整しました。その後Photoshop上で解像度変更。とてもなめらかですね。一見では比較明合成とか気づかないかもしれません。

Hiyo4

どちらもバイキュービック法というもので行っていますが、全然違います。Photoshopはこういうところに画像処理の蓄積されたノウハウが現れますね。

最近、日周運動を出来るだけフィルムカメラ並の美しさで撮れないか、ということを考えています。デジタルの比較明は写りすぎて空も暗すぎ、星の色も飛んでしまって美しくありません。今いろいろ模索中です。満足のいくものが撮れましたらご紹介する…かもしれません。

| | コメント (2)

2011年7月 6日 (水)

解像度の理由

私はこのブログの写真の解像度は特に理由がなければ横を1152ピクセルにしています。
理由はたぶん最も多いと思われる横1280ドットのモニターに合わせているからです。ブラウザをだいたいいっぱいに広げるとちょうどいい大きさになります。1152という数字も一見中途半端ですが、8で割り切れる数が好きだからです。
私は個人的にウィンドウを最大化するのが嫌いなので、これだと最大化よりやや小さめのウィンドウでもきっちり入ります。

あと、日常のどーでもいい、見ても見てくれなくてもいいような写真は横800ピクセルにしています。特に意味はありませんが、そんなによく見てくれなくていいですよ、という意味を込めています。写真のサイズで見せたい度が違うと思ってください。

星のネタはしばらくなさそうなので、ほとんどつぶやきみたいなことを書いてしまいました。そういえば今年はまだ一度も山のほうに遠征していません。ストレスもあるのでしょうかね。

| | コメント (0)

2011年7月 5日 (火)

暗雲

通勤途中、進行方向にすごい暗雲。雷まで光っています。

Img_4832

ただごとでない雰囲気。ラジオではその方向は大雷雨だといっています。こっちの方はそれて雨も全く降りませんでしたが、あとでニュースで知ったことには三条、燕市あたりで突風被害があったとのこと。竜巻だったのかもしれません。この季節は竜巻は起こりにくいと思っていたのであの下で発生していたなど考えもしませんでした。ちょっとでも写っているかな、と思ってよく見てみましたが、方向はもっと南です。時間も10分くらい遅かったようですね。竜巻があったらしい方向はもう明るくなり始めていました。

竜巻が起こりやすい天候はこんな雰囲気なのですね。よくわかりました。こういう突発的な現象を逃したくないのでカメラは常に車に積みっぱなしです。この秋、3回目の撮影に成功するでしょうか。

| | コメント (2)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »