« これはこれで | トップページ | なぜ晴れない »

2011年7月24日 (日)

CD-1に極軸望遠鏡

月がだんだん細くなっているのに全国の天文ファンブログには一向に新作品がアップされません。天気が悪いですね。夏物シーズンはそろそろ終わりに近づいているのに焦ります。代わりに機材の話題が多いですが、私も負けずにアイベルのポータブル赤道儀に極軸望遠鏡をつけてみました。

Pict0001

工作というのも恥ずかしいほどなにも考えていません。手持ちの穴あきアルミアングルにファインダー台座を取り付けただけです。買っただけで全然使っていなかったファインダー脚と去年星祭りで買った正立ファインダーをつけました。光軸あわせはBorgの片持ち赤道儀を取り付け、これにペンシルボーグで遠くの鉄塔に照準を合わせ、180度回転を繰り返しながら追い込んでいきました。それで中心を見つけ、そこに合わせファインダーを調整しました。結構頑丈なので狂いは少ないと思います。改めて見ると、素通し簡易ファインダーはかなり適当ですね。広角なら問題ないですが、中望遠では使えないと思いました。あとはファインダーの視野角をまだ調べていないので、天の北極と北極星がファインダー内でどれくらいずれるかを調べなければなりません。どうやろうかと考え中です。

これでTamronの28~75mmズームをノータッチガイドする予定です。インターバルタイマーを使って放置プレイで勝手に撮影してくれることを期待しています。

|

« これはこれで | トップページ | なぜ晴れない »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これはこれで | トップページ | なぜ晴れない »