« 気分は最高星見は最低 | トップページ | ポチ病発症 »

2011年6月 4日 (土)

アクリルの空

今日は空一面薄雲がかかり、蒸し暑くとてもいやな天気です。日差しはありますので一般的には晴れというのでしょうが、こういう日は大嫌いです。晴れるならスカッとする真っ青な青空で晴れて欲しい。こんな天気ならむしろ雨でも降ってくれたほうがいいです。

空全面真っ白で、影もぼんやりしている。まるで空にアクリル板をかけたみたいです。透明度が悪ければ少しの光害でも空が真っ白、逆に透明度が良ければ多少の光害でも空は暗いということがよくわかります。究極は宇宙空間では太陽と同時に星が見れるということですね。一度そういう光景を見てみたいものです。

そんな空の太陽を撮ってみました。

Img_4404

まるでコロナのように光芒がかかっています。せめて黒点が多ければいいのですが、寂しいですね。太陽撮影は以外と好きです。月より好きかもしれません。でもシーイングのいい日になかなかあたらないのですよね。星が見られないときはこういう対象を撮って楽しんでいます。

|

« 気分は最高星見は最低 | トップページ | ポチ病発症 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気分は最高星見は最低 | トップページ | ポチ病発症 »