« 妻がiPad2を買った | トップページ | DAWN »

2011年6月14日 (火)

やっとクリアスカイ

久々に見せた晴れ間がとてもクリアな空。このところ晴れても透明度が悪く、あまり撮影のモチベーションを上げさせてくれなかったのですが、これだけ空が青いと心も軽くなります。でも満月なんですよね。どうしてこう、裏目に出るのでしょう。

しかし、明日(正確にはあさって)皆既月食があります。皆既といっても新潟は皆既になった瞬間沈んでしまいます。同時に日が昇ってきますので、ほぼ青空の中では地球の影の部分を見ることは不可能でしょう。とはいえ、薄明の中を沈み行く欠けた月はなかなかシュールな光景になることは間違いありません。6月の天文現象はまず外れるのですが、今回は何とか見られそうです。GPVの予報では雲が多そうですが、全く見られないということはないでしょう。

日本海側ならではの海に沈む月食を見たいと思い、近所の海岸からの見え具合をシミュレーションしてみました。

1106162

この時期の月はかなり南寄りなので海と陸の中間に沈むんですよね。これはへたすると砂浜に沈む構図です。これはこれでおもしろい風景なのですが、ちょっと悩んでしまいます。

ならばいっそ越後平野の象徴である弥彦山と角田山に沈む構図はどうでしょう。

1106161

構図的にはこちらのほうがおもしろいかもしれないですね。明日ちょっとロケハンしていい場所があるか探してみます。

3時頃に起きなければなりません。明け方は弱いです。でもなぜかこういうとき目覚まし時計をかけていても鳴る数分前に必ず目が覚めるんですよね。不思議な体内時計が備わっているようです。

|

« 妻がiPad2を買った | トップページ | DAWN »

星見」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
月食の撮影計画ですね。私はあの辺の海岸で撮影しようと思っていますが、水平線を入れる場合は低空の透明度が悪ければ面白くありません。確かに角田と弥彦を背景にするのも良いかもしれません。明るくなっているので弥彦のテレビアンテナをかすめるような構図も面白いかもしれませんね。

投稿: tantan | 2011年6月15日 (水) 08時25分

海に沈んでいく赤銅色の月が撮れれば最高なのですが、まず無理でしょうね。水平線上の欠けた月、といった写真なら撮れそうです。
新聞とかではあたかも皆既のまま沈む月が見れそうに書いていますが、不可能だと思います。満月の出ですら太陽が沈んだ直後の薄明時ではなかなか探せないのに、光の当たっていない影の部分が見えるはずはありません。どこまで細くなった月まで見えるかに挑戦してみたいと思います。

投稿: まるひ | 2011年6月15日 (水) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妻がiPad2を買った | トップページ | DAWN »