« 樽口峠下見は失敗 | トップページ | ω星団撮影計画 »

2011年5月13日 (金)

黄砂襲来

今日は天気予報では曇りのち晴れ。風が強い。風の強い日は透明度も高いと期待して、南天低いω星団をねらえるかな、と思ったのですが、甘かったです。

ひどい黄砂。自分流透明度指数ではレベル1です。最悪。

Img_4268

向こうにいつもははっきり見える角田山が全く見えません。ほんの10kmも離れていないのに。

夕方になったらフィルターなしで望遠鏡で太陽を写せるくらいです。

Img_4282

miniBORG 45ED+×0.85レデューサーです。トリミングしてあります。今は黒点が見えない時期ですね。せっかくなのにちょっと寂しいです。ただ、猛烈な風で、ヤワな三脚なのでぶれまくりです。高速シャッターでなんとか写っています。

墨絵風のちょっといい感じの写真が撮れました。こういう夕日の写真もいいものですね。

Img_4289

月の周りも白い光芒が広がっています。しかし、ただの霞がかかった空と違って、鮮明なのだけど全体が白いというある意味美しい光景です。写真に撮りたかったですが、月との高度差がありすぎて難しそうなのでやめました。しばらく晴れが続きそうですが、ω星団撮影のチャンスでしょうか。月は明るいですがなんとか撮ってみたいものです。

|

« 樽口峠下見は失敗 | トップページ | ω星団撮影計画 »

一般写真」カテゴリの記事

コメント

まるひさん、こんにちは。

強風とひどい黄砂で、撮影どころでは無かったですね。黄砂の夕日はなぜ赤くならないのでしょう。私も幻想的な夕日を見ながら高速を走ってました。

昨日から新潟の放射線測定値が若干上がったのは、福島の塵が偏西風で一周したのか、黄砂の故郷に何かあるのか。人体に影響のあるレベルの変化ではありませんが、いろいろ考えさせられます。

投稿: tantan | 2011年5月14日 (土) 10時53分

まるひさん
黄砂には舞いりましたね、でもこの太陽の写真はとっても綺麗です。普段はねらってもなかなか撮れないショットですね。フットワークのまるひさんならではですね。

投稿: けんちゃ | 2011年5月14日 (土) 22時19分

tantanさん
この時期の西風は黄砂を運んでくるのですね。何年も経験していながら学習していません。時々黄砂でない、海岸の砂を舞い上げていることもあるのでそれかな、とも思ったのですが。
黄砂の夕日はきれいですね。NDフィルターをかけたようです。何で赤くならないのでしょう。
風が反対向きなのに放射線量が上がっているのでしょうか。何ででしょう。地球一周したとなると大変なことですよね。

投稿: まるひ | 2011年5月14日 (土) 23時37分

けんちゃさん
黄砂も利用すればおもしろい写真が撮れます。実はこういうショット、前から狙っていました。いいチャンスでした。
普段からカメラと三脚は車に積みっぱなしなんですよね。最近はBORG 45EDも載せっぱなしです。機材にとってはよくないんでしょうけど、こういう突発的な現象もものにできるので止められません。

投稿: まるひ | 2011年5月14日 (土) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 樽口峠下見は失敗 | トップページ | ω星団撮影計画 »