« 新たな露よけグッズ | トップページ | 三日月の夕べ »

2011年4月 4日 (月)

海辺の丘から

新月の日、ようやく晴れました。新年度の慌ただしさも一段落し、撮影でも出かけようかと思いました。でも寒い。根性がないので機材が必要な直焦点撮影に出かける気分でありません。お気軽にとれる黄道光をねらうことにしました。でもいつもの海抜0m地点は飽きたので、ちょっと小高い場所から撮りたくなりました。googleマップで目星をつけたのですが、なかなかいいところがありません。当てもなくさまよっていたらちょうどいいところを見つけました。そこからの黄道光です。

20110404

Canon EOS Kiss X3(無改造)+Tokina AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm(17mm) F3.5-4.5(F5.0)、ISO800、5分×2枚です。画像処理はちょっと控えめにしてみました。2月と比べるとだいぶ寝ています。薄明終了からも少したっていたので、あまり伸びていません。新潟市街からやや離れているので、北の光害もほとんど感じません。節電効果もあるのでしょうか。

Img_4084

ここの場所はこんなところです。漁村っぽい集落の狭い道を上っていくといきなり開け、別荘らしき家が何軒もあります。でもほとんど人がいる気配はありません。都会の人が夏限定でくるのでしょうか。誰もいなければいい撮影地です。電線があるので広角だとちょっと厳しいかもしれません。

Img_4091

お遊びで45EDのファーストショットを撮りました。CD-1でノータッチガイドです。1分×2枚ですが、1分でも流れますね。仮にも直焦点撮影でCD-1は無謀ですね。

明日からはやっと暖かくなりそうです。そろそろ活動を始めたいと思っています。

|

« 新たな露よけグッズ | トップページ | 三日月の夕べ »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新たな露よけグッズ | トップページ | 三日月の夕べ »