« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

春の夜空は

夏の夜空は賑やかで楽しい

秋の夜空は澄んでいて美しい

冬の夜空はきりっとしてすがすがしい

春の夜空はどことなく眠たげ

Img_4066

プレセペ星団は中国では「積屍気(せきしき)」と呼ばれ、亡くなった人の魂が集まる場所だと考えられています…

| | コメント (0)

2011年3月28日 (月)

活動活発に

ISS太陽面通過にそなえて久しぶりに太陽を撮影してみました。

Img_4063

このところ黒点が多いですね。数ヶ月前までののっぺらぼうとはずいぶん変わりました。これでまた地球規模の天候変化とかあるのでしょうか。

45EDに1.4倍テレコンバータをつけました。処理はかなり派手に強調しています。良くある太陽の写真がこんな感じですから、あれもやっぱりきつい処理をかけているのでしょうかね。

ISSの太陽面通過予報は2日前になったら例のサイトで詳細がでるでしょうから再度場所と時間を確認します。天気は微妙ですね。まあ、晴れると信じています。

| | コメント (0)

2011年3月26日 (土)

スキーに行ってきました

スキーに行ってきました。といっても21日ですからもうだいぶたっています。最近更新していない理由は、年度末で遅くまで仕事をしていて帰ってきてご飯を食べると11時、新聞の地震関係の記事を読んでいるうちに眠くなってこたつで寝込んでしまい、目が覚めると1時を回っていて布団に潜り込む、という生活を送っているからです。

P1000014

ここは苗場スキー場。学生のとき毎年友人ときました。思い出深いところですが、今回はそれ以来ですから 32年ぶりです。当時は女の子もいましたし青春映画を絵に描いたようでしたね。楽しかったなあ。残念ながら私は手術あとのためドクターストップがかかっていてまだスキーはできません。子供だけで滑っていました。ぶらぶらと当時の面影を探しながらゲレンデ前を歩いていました。だいぶ変わっていますが、昔の名残を思わせるところも残っていて懐かしかったです。しかし、天候のせいか、自粛のせいか、ゲレンデに人は少なく動いているリフト本数もわずかでそれもほとんどが空運転です。当時のリフト待ち数十分というのが信じられません。

自粛といえば、今全国に広がる自粛ムードはなんとかならないものでしょうか。震災の影響がまったくない西日本まで広がっているようです。自粛されている産業で食べている人もたくさんいます。苗場も今回営業を続けるかどうかを検討したそうですが、やはり雇用を確保するために反対の声を押し切り継続したそうです。偉いと思います。私もちょっとはスキーにくることに気が引けたのですが、こうやってお金をつかうことで地元も助かる、お金も回っていくらかでも復興につながると思えば決して悪いことではないと思います。

私はできるだけ普段通りの生活をします。そろそろ月もなくなってきましたし、来週は天気も回復しそうです。節電でちょっときれいになった星空を楽しもうと思います。

| | コメント (4)

2011年3月19日 (土)

新プラネタリウム

新潟市に待望の新プラネタリウムが今日からオープンしました。

リンクを張って紹介したいけどなんだか面倒そうなので止めます。リンクフリーにしてくれればいいのに。「新潟県立自然科学館」で検索してください。

メガスタークラスのプラネタリウムを是非見たかったのですが、新潟にはなかったのでずっと見る機会がありませんでした。どこのメーカーでしょう。GOTOかな、KONICA MINOLTAかな?大平さんのではないみたいですが。

我々には「星空さんぽ」というプログラムが良さそうです。解説員の生解説だそうです。つい飛び入りで解説しちゃいそうですね。双眼鏡があるとおもしろいそうです。昔プラネタリウムに双眼鏡を持ち込むというのは、ジョークでしかなかった時代を思うと隔世の感がありますね。

う~ん、わくわくします。早く観たい。でも一人で行くものではないですね。子供は着いてきてくれそうにないし、女房さそうしかないみたいです。でもタダでは来そうにありません。コーヒーと飯くらいはおごらなければだめかも。

| | コメント (2)

2011年3月18日 (金)

これが役立つ日が来ようとは

今、私の職場でこんなものが動いています。

Pict0181

これは放射線検出装置。一応私のところで開発、販売しているものです。
自然界にも通常微量の放射線が存在します。今回のような事故が起こって放射線が漏れた場合、その量がわずかですと自然界ものか漏れたものかの区別がつきません。通常の放射線検出器はぜんぶ一緒くたにカウントします。これは統計的手法によって自然界のものか人工的なものかをより分けることができます。そのためごく微量の放射線漏れでも検知することができます。ちなみに左の緑色のものは集塵機代わりに使っている黒板消しクリーナー。こういうところはローテクですね。

これは開発以来まだ一度も本当の放射能漏れを感知したことはないそうで、もしかしたら今回初めて実証されるかもしれません。今までは本当に安全だったんですね。

窓を開けて外気の放射線量を測っていますが、今のところ検出は見られません。新潟は距離があるのと風向きで心配はないといえます。落ち着きましょう。

何人かの、放射線専門のかたにお話を伺うことができました。新潟で通常の何倍の値が出た、と報道されていますが、そもそも通常の値というのが0に近いので、0を何倍しても0であるようにまったく心配ないそうです。数字に惑わされないように、とおっしゃっていました。また、仮に多少飛んでくることがあったとしても埃のようなものなのですぐに払えば大丈夫だそうです。

まあ、それしても今後のなりゆきによっては、日常的にこんなことに注意しなければならない日がくるのかもしれません。でもそのときはそのときです。我々は通常通りの生活を送るだけです。でもやっぱり不安ですね。早く沈静化することを願わずにいられません。

| | コメント (4)

2011年3月15日 (火)

計画停電にそなえ

ここ新潟でも計画停電が実施されることになりました。幸いに初日は午前中です。夜だと困るので乾電池を買いに行きましたが、どこも品切れ。でも、われわれ星屋は常日頃屋外での電源確保を考えているので、こういうときは役立つ物があります。
乾電池はエネループが大量にあります。でもせいぜい懐中電灯くらいしか使えません。でも、バッテリーがありました。うちには3個あります。これで3時間くらいはまかなえそうです。

さっそくDC-ACコンバータを買いに行きました。しかし、同じことを考える人はいるんですね。ホームセンターは売り切れ。しかしカーショップは穴場でした。

Pict0180

これなら電灯はつけられる。石油ファンヒーターにも使えるかも知れない。ちょっと値がはりましたが、数ヶ月続くかもしれないし、家族に寒い目をさせたくないので買っちゃいました。でも星見にはあまり役にたたないかもしれません。

さすがに今はこのブログもあまり更新する気になれません。アクセス数も激減しています。まあ、趣味どころではないですね。しかし、夜に計画停電になったら都市部でも星がきれいに見えるのでしょうか。不謹慎を承知でそんなこと考えています。

| | コメント (7)

2011年3月 6日 (日)

ISS太陽面通過予言

なかなか見れないもの好きの私のためにか?埼玉の友人が燃料投下してくれました。

それは国際宇宙ステーション(ISS)の太陽面通過。3日には動画撮影に成功したとの記事が。
http://www.asahi.com/science/update/0303/TKY201103030558.html
いいタイミングで今日の新潟の地方紙にも昨日香川県で撮影されたとの記事がでていましたね。

毎日日本上空を飛んでいるのでそれほど珍しい現象ではないようですが、問題はその場所と時間。見える幅は5km程度らしく、通過時間は1秒以下!まさにピンポイントで場所と時間を探さねばなりません。しかし、あるものですね、それを予報しているサイトが。これも友人ブログからの紹介です。ありがとうございます。しかしわかるのは向こう2日間までの情報。いつ新潟で見れるのか、毎日チェックするのも大変です。しかし灯台もと暗しです。ステラナビゲータ9でもシミュレーションできることがわかりました。でもいつ新潟で見られるかを計算する機能はありませんのでひたすらアニメーションで動かしっぱなしにして画面とにらめっこしていました。2時間くらい探しまくった結果、見つけました。それは4月2日です。

Iisniigata

4月2日9時18分11秒。おそらく時間は正確だと思います。場所は新潟大学構内です。新潟大学と海の間あたりが好ポイントになりそうです。このあたりは望遠鏡を設置する場所にも困らないでしょう。我が家からはというと残念ながらぎりぎり接食ですね。あぶないので確実に見えるところまで行きます。

月から見た様子を動画にしてみました。

新月近いので太陽から見た光景ととだいたい同じだと思います。確かに新潟上空を通過しますね。

撮影は動画でないと無理ですね。予報時間の1分前くらいから撮影すれば十分だと思います。写らなかったら計算が外れたということでしょう。ステラナビゲータのデータだけだと心配なので、2日前に例のサイトで場所と時間を再確認します。

実はISSは夜空を飛んでいるのも見たことがありません。見ているのかもしれませんがそれだという認識がないのでこれを機会に注意して見てみたいと思います。

楽しみですね。土曜日だし晴れれば見られるチャンスは高いでしょう。う~ん、ちょっとわくわくします。

| | コメント (4)

2011年3月 2日 (水)

迫り来る雲

28日は一時的に良く晴れました。とても美しい夕焼けで、これならいい写真が撮れるかな、と思ったのですが、20時頃新潟を出ようと思ったときは一面の雲。一旦はあきらめたのですが東の方は雲がありません。GPV気象予報を信じ行ってみることにしました。

う~ん、西からどんどん雲が押し寄せてきます。

Img_4046

都市部の方は明るいですね。光の波が押し寄せてくるようです。

それに比べ、光害のない東側は雲に光は当たっていません。

Img_4049

夜空の雲は白いものだとずっと思っていましたが、光害のないところでは黒いんですね。以前ここでの撮影のとき、星が見えないエリアがあるので不思議だと思ったら雲だった、というくらいです。

ここは人家があって山をライトアップしているように見えますが、実際はこんなに明るく感じません。まだ雪でいつもの撮影地までたどり着けませんが、今年の雪解けは早いかもしれません。次の新月期、熊が冬眠から目覚める前にまたきてみたいものです。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »