« 新潟からカノープス?その1 | トップページ | 星娘は流行るか? »

2011年1月25日 (火)

雪のオブジェ

連日雪が続いています。今日も予報は雪、でも朝方少し降った後で午前中はほぼ晴れでした。太陽を見たのは何日ぶりでしょう。

通勤途中、道路脇の田んぼを見ると雪玉がたくさん転がっています。こんなところになぜ、と思って先に進みますが、至る所に雪玉です。よく見ると雪を転がして大きくなったもの。

Pict0163

自然が作る不思議な風景ですね。おそらくできるメカニズムはこうです。前日の雪が明け方の低温で凍って堅くなった上に新雪が数センチ積もる。重くもなく軽くもなく、適度に水分を含んで雪玉ができやすい雪質になる。そこに風が吹いて雪を転がしこのような雪玉ができる。ですのでいろいろな条件が重なってできるのだと思います。私もこういうのは始めて見ました。雪国ならではの神秘ですね。

今日は午前中はいい天気でした。しかし、周りは雪だったようで、新潟市だけうまいこと雪雲の間に入ってしまったようです。夜まで持てば星景写真でも撮れるかな、と思いましたが甘かったですね。午後からは再び雪。せっかく新月期に向かっているのにこの先も雪だるま以外のマークは見えません。私のこの冬の予報が外れたようです。

|

« 新潟からカノープス?その1 | トップページ | 星娘は流行るか? »

一般写真」カテゴリの記事

コメント

自然にできる雪玉はスキー場でリフトに乗っている時に山の斜面では見かけますが、こんな平らな所でも出来るのですね。

昨日の黒川は一日雪が降ってました。新潟の知人から、晴れているとメールをもらってビックリしました。ほんの50kmですが違うものです。

投稿: tantan | 2011年1月26日 (水) 17時46分

やはり珍しい現象のようです。今朝の新聞にも出ていました。「雪まくり」というそうです。
昨日は午前中はほぼ快晴でしたね。雲画像を見ると新潟市だけちょうど雪雲と雪雲の間の晴れ間に入っているかのようでした。新潟市内でも雪の降り方が局地的で驚くことがあります。

投稿: まるひ | 2011年1月26日 (水) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟からカノープス?その1 | トップページ | 星娘は流行るか? »