« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月29日 (水)

今年のベストオブショット

今年も余すところあと2日。昨日仕事納めをして家でのんびり、といきたいところですが、大掃除とか、お正月用品の買い出しとか、年内はゆっくり休めません。でも年賀状も終わりましたし、仕事のバタバタも例年になく少なかったような気がします。それだけ経済も縮小しているというところでしょうか。

相変わらず天体写真に進歩はありませんでした。今年の自分なりのベストオブショットを上げればこれでしょうか。

M31100904a

9月に撮ったものですが、色がちょっと気に入らなかったので再処理してみました。自分的には満足です。この一年間で思いましたが、やっぱり自分でもきれいにできたと思う作品にはコメントをたくさんいただきますが、自己満足で奇をてらったものはあまり反応がありません。写真も見た目が9割なんだと思います。きれいな写真にはたとえそれが普通の星景写真でもコメントをいただきますし、どんなに画像処理をがんばっても美しくなければあまりコメントも頂戴できません。私は今年最も美しいと思った写真は他の方のブログで拝見した、星雲も星団も写っていないただの恒星の写真です。背景の色、星の色、すべてが美しい作品でした。案の定、たくさんの人の心を打ったようです。
このM31は奇跡のようにうまく行った作品でした。空の暗さ、シンチレーション、ピント、ガイドの正確さなどいろいろな条件が重なったものだと思います。逆にいえば未だに偶然に頼らなければならない未熟さがあります。後日、同じ光学系で何度も撮りましたが、これほど決まった写真は撮れていません。

さて、来年はちょっとお休みしていた101EDをまだ引っぱり出し、大好きな銀河を中心に撮影してみたいと思います。Borgの1.4倍テレコンバータの星像が意外と良さそうなので、長焦点に挑戦してみます。ガイドがどれだけ成功するかわかりませんが、1枚でも満足のいくものが撮れればなあ、と思っています。

一年間ありがとうございました。今年の更新はこれでおしまいにします。来年もまたよろしくお願いします。

| | コメント (6)

2010年12月25日 (土)

クリスマスの日に

今日はクリスマス。クリスマスイブは平日でしたのでどんな仕事があるかもわからないのでなにもしません。うちは今日ささやかにパーティーでした。去年まではサンタクロースプロジェクトを組んで、子供に気づかれないように玄関先にプレゼントを置くのがめんどくさいながら楽しい行事でしたが、もうみんな大きくなりさすがに今年は止めました。でもサンタにおねだりをするフリしてちゃっかり欲しいものを入れたアマゾンの買い物かごを見せてきます。

数日前から冬の大嵐が続いています。満月も過ぎ撮影期に近づいていますが、今年いっぱい雪だるまマークです。4年前の今日はクリスマスとは思えない暖かでいい天気だったことを思い出しました。そのときに撮ったM42を再処理してみました。

M4220061225

PENTAX *istDSで撮りました。もちろん無改造。45EDでレデューサーの代わりにクローズアップレンズを付けたものです。画角が広いですね。改めて45EDの良さを認識しました。オークションでチェックしていますが未だに出品されません。45EDⅡは時々出るのですが、やっぱり45EDは手放さないんでしょうかね。出たらどんなことがあっても落札する覚悟なのですが。
当時の画像処理はこれ。素朴ですね。この頃はこういうのが撮れただけでとてもうれしかったものです。今は変に凝りすぎて楽しさから遠ざかっている気もします。ちょっと反省。

新春に撮り始めをしたいところですが、山はもう雪で行けないでしょう。直焦点撮影はお預けです。雪をこざいて(新潟弁)星景写真でも撮りにいきましょうか。

| | コメント (2)

2010年12月20日 (月)

明日は月食

明日は皆既月食の日です。

夕方時点での天気では、18時まで晴れです。

Tenki

でも天気は悪い方に向かっていますので、たぶんこの予報も早晩訂正されるのではないでしょうか。でもこの時間に晴れているなら地平に近い月は観られるかもしれません。しかし、明日はこともあろうか、17時からお客様と打ち合わせの予定が入ってしまいました。普通ならば多少の融通が利くのですが、他社の担当者も交えての打ち合わせですので、私の都合だけで変えられません。う~ん残念。
どうやったら月食を観られるか考えてみました。15分前の16時45分までならぎりぎり間に合います。 客先から近いところで東の地平を見渡せるところ…関屋分水河口の公園の展望台の上、ここなら大丈夫そうです。しかし、皆既の月はとても暗い。薄明残る空ではまず見つからないでしょう。しかし、16時30分頃なら皆既前、三日月のようなものが見えるかも…と淡い期待を抱いてみます。透明度抜群なら可能性はありますが、明日の天候ではたとえ晴れ間があってもまず難しいでしょうね。打ち合わせはたぶん1時間くらいでしょう。18時頃に観れたとしても皆既は終わっています。ああ…なんという不運。

Img_3869

リハーサルのつもりで夕方の月を撮ってみました。せめて今日くらいの晴れ間であれば、まあ打ち合わせ後部分月食でも撮るのですが、天気は怪しそうです。いっそどん曇りで全く可能性がなくなってしまったほうがあきらめもつくのに…などと不謹慎なことを考えてしまいます。晴れを期待している皆さん、ごめんなさい。

皆既月食自体はよく観ているし珍しくないのですが、天文熱が再燃してからはまともに観たことがありません。昔と比べ発達した機材で赤い月を撮りたいとずっと思っているのですが、未だにチャンスがありません。今回こそは、と思ったのですがやっぱり見放されたようです。来年は6月が日出帯ですので条件はよくありません。12月は真夜中なのはいいのですが、やっぱり天気が悪い時期。いつになったら目的が果たせるのでしょうかね。

| | コメント (2)

2010年12月18日 (土)

Google Earthがすごい

グーグルアースがバージョンアップしたので早速ダウンロードしてみました。
なにがすごいかというと、ストリートビューがすごい!今までは移動するときダブルクリックで瞬間移動したように地点が変わっていましたが、今回のは滑るようになめらかに移動します。カーソルキーで移動するとまるで本当に車を運転している気分です。

Googleearth

今ちょっと話題の諫早湾潮受け堤防の上を走ってみました。この上に道路があるというのはニュースで初めて知り、どんなところなのだろうとちょっと興味があったのですが、こんな風にバーチャルで体験できるのは感動です。かなり立派ですね。とても堤防の上とは思えません。

賛否のあるストリートビューですが、こうやって居ながらにして仮想旅行ができるというのは楽しいです。日本中網羅してくれませんかね。

| | コメント (0)

2010年12月14日 (火)

双子座流星群が極大だそうで

2年前にも撮りましたが、2度目の魔女の横顔です。

Img_3836

この日はあらゆる意味で最高の条件でした。残念なのは土曜日でなかったことくらいです。そうならばもっと暗い早出まで行ったのですが。ただシンチレーションのせいか、または若干風があったせいか、星像はいまいちシャープさに欠けるところがありました。おそらくこの日が今年の撮り納めでしょうね。来年早々には撮り忘れの赤物を撮りたいですが、雪に阻まれ難しいかもしれません。

ところで今日は双子座流星群が極大だそうですね。最近流星群の時期になるとマスコミがよくニュースにしますね。毎年起こる現象なのに、以前では考えられなかったことです。なぜなのでしょう。ニュースのネタがないのでこんなのでも話題にしたい、世の中が暗いのでせめて流れ星に願いを掛けたい、などでしょうか。
でも我々星屋さんはあんまり気にとめていませんね。だって撮影していればどんなときでも流れ星の数個は必ず見られますし、火球だって珍しくありません。時々ラジオとかで、流れ星を生まれて一度も見たことがないのですが、どうしたら見られますか?という質問を耳にします。いつでもいいので晴れた日に暗いところで空を見ていれば1時間以内に必ず見られますよ、と言ってあげたいです。海に行かなければ魚を釣ることができないのと同じ。流れ星を見たい人は暗いところに出かけ、空を見上げましょう。

| | コメント (2)

2010年12月13日 (月)

広く淡く

この日は改造デジカメを家に忘れてきてしまいました。取りに戻ることもできたのですが、何か一言いわれそうな気がしてあきらめました。それに星見の時は仕事帰りにいくものと決めているので、一旦帰ってしまうと何となく出にくくなるということもあります。青物のみでいくことにしました。

プレアデス星団です。

M4520101210

miniBORG 60ED+×0.85レデューサー、EOS Kiss X3(無改造) ISO800、SE2オートガイド15分×4枚+5分×4枚+2分×4枚コンポジットです。どうでしょう?普通に処理したらメローペの周りの星雲は白く飛んでしまいますが、これは極力飛ばさないようにし、本来の星団である星々をはっきりだしてみました。かつ、周辺に広がるガスも出来るだけ浮き立たせてみましたが、結構狙い通りにいったと思います。M45も毎年撮っていて代わり映えしないのでちょっと変わった処理にしてみました。自分なりのお気に入りに入れようと思います。

| | コメント (3)

2010年12月11日 (土)

この冬の天気は?

10日はなんと12月にしては奇跡的な快晴。去年はたしか10月の遠征を最後に4月までは全滅だった気がします。それを思うと今月すでに3回の遠征は驚異的ともいえるかもしれません。夕方から全く雲がなく、この時期にしては結露に悩まされることもなく最良の条件でした。明け方まで一晩中その状態が続いたようですが、残念ながら土曜日でないので0時を回った頃引き上げてきました。明け方まで粘って黄道光を撮りたかったです。

だんだん遠ざかっているハートレー彗星を久しぶりに撮ることができました。

Img_3841

miniBORG 60ED+×0.85レデューサー、EOS Kiss X3(無改造) ISO800、SE2オートガイド10分×2枚コンポジットです。ステラナビゲータで一発で導入できました。自動導入の力を借りないとまず導入だけで何十分かかったことか。文明の利器は使いましょう。

毎年冬の天気の傾向を自分なりに占っていますが、今年は荒れた天気と交互ながら、結構晴れ傾向ではないかと思っています。ようするに私の予報は単に冬の入り始めの天候が冬中続くだろうという単純なものです。でも案外あっていると思うのですけどね。

| | コメント (6)

2010年12月 8日 (水)

ゲリラ快晴

天気予報も星空予報もまったく晴れる様子はありませんでしたが、夕方からなんとなく雲の動きが晴れに向かっています。雲画像を見ると佐渡沖の雲がくるまでの数時間は晴れそうです。半分冒険ですが、今年中にどうしても撮っておきたい対象があったので遠征しました。

村松の現地はなんとほとんど雲のない快晴。透明度も抜群。でも今日は直焦点の用意はしていません。星景狙いです。平日でなければ雲がくるまで撮るんですが。

Img_3807

登るオリオン。Zenitar 16mm減速微動で3分です。風景を止めてみました。

こちらは5分×2枚のガイドです。

Img_3809

LPS-P2-FFを入れてみましたが、暗くなるし入れない方が良かったみたいです。

はくちょうが西に傾くと冬がやってきた気分になります。

Img_3816

まるでシベリアから飛んできたはくちょうと入れ替わりに帰って行くようですね。

無理して今日遠征したのは訳があります。今はその理由は明かせません。今度明かします。でも大げさなこといった割にはたいしたことないとバカにされそうですが…

| | コメント (4)

2010年12月 7日 (火)

基本的なこと

今さらなにいってんだ、と思うかもしれませんが、ダーク画像はバカにできないですね。前からどうも汚い暗点ノイズが乗ることが多く、気になっていたにもかかわらず放置していたのですが、何気なくダーク引きをしないでみたところ、その暗点が現れません。なんのことはない、たぶん対象の撮影時とダーク画像の撮影時で気温差があったのだと思います。私はいつも帰りの車の中でダークを撮っています。今度からなるべく撮影時と同じ屋外で撮ろうと思います。でも夜遅いとつい早く帰りたいと思って車内で撮ってしまうんですよね。ちょっと反省します。

先日12月1日に撮影したカリフォルニア星雲です。

Ncg149920101201

miniBORG 60ED+×0.85レデューサー、EOS Kiss X2(SEO-SP2) ISO800、SE2オートガイド10分×4枚コンポジットです。 赤物に苦手意識のある私的にはよく撮れた方だと思います。

それから反省をもう一つ。これは導入に初めてステラナビゲータの自動導入を使ってみました。いつもはハンドコントローラでいちいち対象のNGC番号を入力して導入していましたが、必ず真ん中に来るわけでもなく、何度か撮り直しをしてやっと構図を決めていました。しかし、自動導入だといちいち星図でNGC番号を確認しなくてもいいし、なんと言っても構図の微調整がファインダーを覗かなくても出来るということです。これは目から鱗でしたね。もっと早くやっておけばよかったです。ただ、なんでもかんでもコンピュータ任せになって星空を見なくても写せてしまうというのがちょっと寂しいかもしれません。

| | コメント (4)

2010年12月 3日 (金)

今年のM42

年に一度はM42を撮ります。

M4220101201

miniBORG 60ED+×0.85レデューサー、EOS Kiss X2(SEO-SP2) ISO800、SE2オートガイド15分×2枚+5分×2枚+2分×2枚コンポジットです。本当は各4枚ずつ撮ったのですが、霧でぼやけてしまったので半分は使えませんでした。
ちょっと画像処理した結果は毎年と代わり映えしません。能がないのでいつもと変わった処理にしました。周りのもやもやを強調、赤を控えめにして青を強調。だいぶイメージが変わりました。自分が好きかどうかは別です。
もやもやは全然露光不足ですね。枚数も足りません。CS5のノイズ処理したかったですが、試用期間が終わってしまいました。

チャンスがあればもう一度撮ってみたいです。この季節は霧も多くてなかなかベストな空に恵まれません。でも去年は11月からまる半年全く晴れなかったのに比べれば今年はややいいような気がします。今年中にもう一回チャンスがあるものと信じています。

---------------------------------------------------

tantanさんからCS5のcamera rawでノイズ軽減していただきました。

M42201012011

すごい!こんなに違うとは。CS6まで我慢しようと思っていますが、悩んでしまいますね。

| | コメント (4)

2010年12月 2日 (木)

霧に悩まされる

昨日はよく晴れました。平日ですが、この時期、もうチャンスはないかもしれません。遠征しました。早出は時間的にあきらめ、村松、ぎんなんの里です。雲の心配はありません。しかし、霧。地形的に出やすいようです。たぶん昼間暖まった田んぼからの水蒸気が冷たい空気に冷やされて出来るのだと思います。霧は流れるように被ったり、晴れたりを繰り返します。まあしかし、地平近くでなければなんとか撮影できそうです。とりあえず最後に撮影した大三角形です。

Img_3800

帰る間際で時間がなかったので、10分露光1枚です。X2改+LPS-P2-FFです。赤を強調してみました。フィルターは持っていたのですが、カブリをうまく処理できないのでほとんど使ったことがありませんでした。実は初代EOS Kiss Digital用に買ったのですが、X2には使えないとばかり思っていました。先日Kiss Dをオークションで売却し、フィルターも出品しようと写真まで撮り、いざ説明文を書く段階で対応機種を確認するためにホームページ開いてそこで初めてX2で使えることがわかりました。あぶないあぶない。試したらX3でも使えます。代わりに52mmを買おうと思ったのですが、こっちの方が広角から直焦点まで幅広くつかえます。よかった。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »