« 接近遭遇 | トップページ | 超簡単、月齢計算法 »

2010年10月11日 (月)

裏の彼岸花

我が家の裏のお墓に咲く彼岸花がようやく見頃を迎えました。

今まで気がつかないうちにいきなり咲いていたので、咲く過程を知りたく定点撮影をしてみました。

Higanbana1

9月30日から10月8日までの記録です。わずかに茎が出ていたのを確認したのが9月26日ですから10日から2週間かかるんですね。意外とかかるものです。それにしても最初の伸び始めは早いです。気がついたらいきなり咲いていたのに気づくというのもうなずけます。

Higanbana2

こんなふうに咲いています。初めて彼岸花を見たのは学生の時京都嵯峨野です。真紅の異様な花が田のあぜ道に群生している光景に感動し、新潟にはないものだと思っていましたが、意外と身近に咲いているとわかったときはうれしかったものです。

しかし終わるのも早いですね。もう枯れ始めています。3日と持たないようです。春は桜、夏は蓮、秋は彼岸花と季節を巡る花を楽しむのもいいものですね。

|

« 接近遭遇 | トップページ | 超簡単、月齢計算法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 今年は全国的に遅い開花となったようですね。いつもはお彼岸にはは咲いていたのですが・・・。

投稿: mexicali | 2010年10月12日 (火) 07時42分

今年は遅いですね。
猛暑のせいのようです。

私が嵯峨野で彼岸花を見たときにmexicaliさんは一緒にいたんでしたっけ?

8月の四国旅行に行った帰りに嵐山にちょっと寄ったのですが、嵯峨野に行きたい、と言ったら、時間がない!、と却下されました。

投稿: まるひ | 2010年10月12日 (火) 12時32分

あまり意識したことがなかったのですが、気を付けて道を歩いていると、あちらこちらで見かけますね。

投稿: tantan | 2010年10月12日 (火) 12時45分

みなさん季節の花を題材に星景写真を撮ることが多いですが、さすがに彼岸花は題材になりにくいですね。巾着田なら撮れるかもしれませんが、遠すぎます。

投稿: まるひ | 2010年10月12日 (火) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 接近遭遇 | トップページ | 超簡単、月齢計算法 »