« 天の川、立つ | トップページ | 赤い物が苦手 »

2010年9月 6日 (月)

とんだ忘れ物

最近撮影に行くと必ずなにか忘れてしまいます。ただ、致命的なものでないだけまだいいのですが。
今回はというと、さて機材も設置し撮影にかかろうとするとき、今日はやけに湿気が多いな、と感じたのでカイロでも付けようかと思ったのですが、カイロがない。いつもは防寒具の袋に一緒に入れています。この暑さなので当然防寒具は持ってきません。すでに車は露が付き始めています。何かないか…車を探しまくってところ、ようやく貼るホッカイロの小さなものを一つ見つけました。しかしこれでは101EDには小さいかもです。必然的に今日のレンズは60EDになってしまいました。ガイド鏡のがない。まあガイド鏡は時々拭けばいいか、と考え撮影を実行しました。

M31100904

miniBORG 60ED+×0.85レデューサー、EOS Kiss X2(SEO-SP2) ISO800、SE2オートガイド10分×4枚+5分×4枚+2分×4枚コンポジットです。フラット補正しました。フラット素材はインクジェットプリンタ用のバックライトフィルム。画像処理を何度もやり直しました。結局あまりマスクでいじりすぎず、シンプルな処理で仕上げました。派手さはありませんが、自分の中ではお気に入りです。デジタル現像時に無理に淡い部分を持ち上げないで星が控えめな程度にとどめたのがよかったようです。空もよかったからでしょう。星雲部をやや持ち上げても耐えてくれます。やはり暗さが一番ですね。

通常は北をなるべく上にするような構図にしますが、M31だけはこの構図です。大きいので対角線に合わせないと不自然だからでしょう。ただ、これだと下から覗いているということになりますね。まあ、広い宇宙で上も下もないのでしょうが。

|

« 天の川、立つ | トップページ | 赤い物が苦手 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいアンドロメダですね。BORG恐るべし。カメラの望遠レンズではこんなにシャープにはどうあがいても写りません。天体望遠鏡だと上下逆さまに見えるのがいやという情けない理由で、カメラ用のレンズにこだわっている私です(^^;)
けんちゃさん、そういえばtantanさんもココログですよ。今までのログは今回移行したところに残しておいて、ココログでは一からスタートするというのもいいかもしれませんよ。心機一転ということで。

投稿: 佐藤俊彦 | 2010年9月 7日 (火) 02時35分

まるひさん、良い写りですね。
暗い空だと星雲周囲の淡い部分までクッキリ出ますね。コントラストも素晴らしいです。

私は庭先だったので光害カット用にLPS-P2を付けて撮影したのがいけなかったのか、とても情けないM31になってしまいました。

投稿: tantan | 2010年9月 7日 (火) 12時06分

まるひさん、良く写っていますね、思わず拡大して四隅を見てみました。綺麗な点像でガイドばっちり、いい仕事をしていますね。

ココログ..そうですね、このご近所の皆さんがココログを使ってらっしゃいますね。
Typepadに画像を貼り付けられたので、ゆっくりとココログに移転することを考えます。Typepadは一年後、有料になるので。
なお、投稿はメールアドレスを登録するだけで良さそうです。スパムを考えると仕方ないです。宜しくお願いします。

投稿: けんちゃ | 2010年9月 7日 (火) 12時38分

佐藤さん
BORGは安いけどとても優秀ですね。このカテゴリーの製品がBORGにしかないのですが、だんだん鳥屋に走っているので星屋としてはちょっと心配です。
私も望遠レンズと標準レンズの中間クラスの焦点距離が欲しいのですが、いいものは高いですし。たまに中古を探しています。

投稿: まるひ | 2010年9月 7日 (火) 20時58分

tantanさん
やっぱり空がいいと写りも違いますね。画像処理をかけ過ぎなくても見られる作品になります。
5回くらい画像処理をやり直して納得がいかず、最後に最もシンプルに仕上げたのがこれです。処理を重ねるにつれ、きれいなトーンカーブがだんだん崩れてきます。簡単な画像処理でいい見栄えにするためにはやっぱり元素材が大事ですね。

投稿: まるひ | 2010年9月 7日 (火) 21時04分

けんちゃさん
こんなに星が点像に写ったことはありません。でも数枚ガイドミスもあるんですよね。目立たないのはデジカメの解像度が上がったからだと思います。前は600万画素でしたからガイドミスがすぐに結果に反映されました。高画素のメリットがこういうところにもあるんだなあ、と感じました。
ココログはスパムきませんよ。最初はきましたが、今はブロックされているようです。それから怪しそうな書き込みするときは文字認証がありますので大丈夫ですよ。

投稿: まるひ | 2010年9月 7日 (火) 21時10分

まるひさん、こんばんは。
きれいなM31です。
とても、シャープで淡いところまで良く写っていて、素晴らしいです。私も、この組み合わせで撮影したことがあるのですが、こんなに隅々まできれいに写りませんでした。どこが悪かったのか、もう一度確かめてみようと思わせる画像です。

投稿: NIKON1957 | 2010年9月 7日 (火) 22時13分

NIKON1957さん、こんばんは
このお手軽な組み合わせも侮れないですね。いつもはせっかくの遠征なので大口径の101EDで撮ることが多いのですが、失敗の確率も大きいです。
これからのシーズンはこれで撮れる対象も多いですね。楽しみになってきました。

投稿: まるひ | 2010年9月 8日 (水) 00時29分

まるひさん
私もM31はこの構図が好きです。また、自然な感じが良いですね。夜空にぽっかり浮かんだ感じが出せていると思います。それにしてもM31は大きいですよね。散光星雲とはわけが違いますからねぇ

投稿: 天狼星 | 2010年9月 8日 (水) 09時59分

天狼星さん、こんにちは
普通に秋の夜空を見上げるとこの構図ですよね。肉眼でも見えるだけにあえて北を上にする必要のない珍しい対象だと思います。
色が乏しいかなとも思いましたが、無理に色を強調すると美しくならないんですよね。モノトーンの美しさとでもいうんでしょうか。
こんな感じで次はM33を狙ってみたいです。

投稿: まるひ | 2010年9月 8日 (水) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天の川、立つ | トップページ | 赤い物が苦手 »