« 写真の粒状感とは | トップページ | 近所の異空間 »

2010年9月25日 (土)

境目

雲と青空の境目がくっきりと

Pict0121

気象衛星で見るとこんな感じ

20100925100000

台風の縁の雲ですね。

夕方は台風一過にふさわしくすばらしい透明度でした。遠く粟ヶ岳の山肌まで見えます。自分流透明度指数では最高値のレベル5です。でも月はあるし、快晴でもありません。透明度だけよくてもどうしようもないですね。

|

« 写真の粒状感とは | トップページ | 近所の異空間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 面白い対象比較ですね。表現があってるかな?

今回の台風は、風雨が少々ありましたが交通機関への影響はなく去って行きました。

投稿: mexicali | 2010年9月26日 (日) 07時29分

昨日は天文館の観望会がありました。
台風通過後、クッキリ晴れたましたが胎内では夕方から雲が広がってしまいました。

昼間の好天に誘われて大勢の方が来館されましたが、月と木星をちょっとだけしか見ることが出来なくて申し訳なかったです。

投稿: tantan | 2010年9月26日 (日) 13時47分

mexicaliさん
地球レベルの事象が地上から見られるというのはあまり機会がないのでちょっと新鮮ですね。台風の目も一度見てみたいです。怖いですが。
mexicaliさんのところは最も台風が近づいたようですね。被害がなくてなによりです。大型の割には静かに去って行きました。

投稿: まるひ | 2010年9月26日 (日) 18時19分

tantanさん
あの透明度の元で観望、撮影ができればよかったですね。
そろそろ撮影期ですが、どうも天候は芳しくないようです。夏は暑かったので冬も寒気が下がってこなければいいのですが、そうも行かないようです。珍しく暖冬予報でないですね。

投稿: まるひ | 2010年9月26日 (日) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真の粒状感とは | トップページ | 近所の異空間 »