« 今シーズン最高の空 | トップページ | 不思議な日8月13日 »

2010年8月11日 (水)

天蓋高原での成果

遅ればせながら天蓋高原での成果ができました。

網状星雲です。

Img_2583

miniBORG 60ED+×0.85レデューサー、EOS Kiss X2(SEO-SP2) ISO1600、SE2オートガイド10分×2枚です。構図を失敗したのでトリミングしてあります。東西両方入れた構図もあったのですが、一枚ガイドミスしてしまったのでそっちはボツにしました。昔なら十分許容範囲なのですが、自分にキビしくなりました。
我ながらですが、過去に77EDでも撮ったことがありますが、こちらのほうがなぜかよく撮れています。ガイドやピントが向上したせいかもしれません。しかし、それ以上に空の暗さも影響しているのだと思います。

こちらは北アメリカとペリカン

Img_2591

データは網状と同じです。初めてまともなものが撮れました。生画像を見るとほんの淡くしか写っておらず、失敗かと思いましたが、画像処理するにつれてだんだん浮き出てきました。暗い空で撮った画像にはきつい処理に耐えうる情報を含んでいるといいますが、それが初めて分かった気がします。やっぱり2枚コンポジットでは圧倒的にノイズっぽいですね。4枚、8枚と重ねなければだめのようです。でもそうすると数撮りができないし、悩ましいです。だからみんなカメラを冷やすのですね。

しかしこうして結果を見ると空の暗さというのは本当に重要なのだと思い知らされました。多少明るくても画像処理でなんとかなる、と思っていたのは大きな間違いのようです。こりゃこれからも天蓋高原に足を運ばなければならないですね。

|

« 今シーズン最高の空 | トップページ | 不思議な日8月13日 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

まるひさん、こんにちは。
miniBORG 60EDで綺麗に撮れましたね。εを使った私はいったい何?って感じがします。
ピント、ガイドもばっちりですね。

ノイズはISO1600で、気温25℃では仕方がないですね。IRcutのkissDNを持っていますが、盛大なノイズで夏は使えません。気温が10℃位になると使えますが。
私の冷却DXは外気温-15℃冷えますので丁度10℃位では無かったかな。

それから空の暗さと、それによって可能な長時間露出は後処理が楽になりますね。今回の天蓋高原は素晴らしかったです。脚を運んだ甲斐が有りました。

投稿: けんちゃ | 2010年8月12日 (木) 12時36分

けんちゃさん
いえいえ、εと比べたら比較になりません。けんちゃさんのは微細構造もよく出ていますし、すばらしいです。
でも私の中ではいいできだと思っています。ちなみに3年前77EDで撮ったのがこれ。
http://hoshimi.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2007/08/13/ngc6992.jpg
なんでしょうこの違いは。やっぱり空の暗さは重要ですね。画像処理技術も未熟すぎ。今回は久しぶりなので失敗を避け、あえて短焦点で写しました。それもよかったのかも。
う~ん、また行きたい。

投稿: まるひ | 2010年8月12日 (木) 12時56分

大気の透明度良いともっと青い色が出るのでしょうがね。短い波長が吸収されますから。

こうやって求めていくと少しでも暗い空の元へと移動したくなりますね。

投稿: けんちゃ | 2010年8月12日 (木) 13時30分

網状星雲は夏の定番ですね。確かに青い部分は透明度に左右されます。青い網が写っているのは、天蓋の空が良い証拠だと思います。

後はノイズとの戦いです。私のCCDもそれほど冷えるわけではないので、気温が25度を超えると目に見えてノイズが増えてしまいます。非冷却一眼では10分が限界ですかね。

台風の足が速いので、ひょっとして今日の明け方辺り晴れませんかね。

投稿: tantan | 2010年8月12日 (木) 15時01分

まるひさん、こんにちは。
網状に北アメリカどちらもとても良く写ってますね。
miniBORG 60EDって実はすごいんですね、びっくりしました。

眼視でもこんな風にカラフルに見えたらもっと楽しいでしょうに・・・。

実は一度だけ網状星雲の絹糸が薄~いピンクと薄~い水色のパステルカラーの入り混じった様子に見えた事があります。もちろんノーフィルターでです。この写真をずっと薄くした様な姿でした。ホントそれ一回きりなんですが、また見てみたいなあ~。

投稿: ちーすけ | 2010年8月12日 (木) 15時03分

けんちゃさん
空の暗さが大事だとはわかっていても追い求めるのは大変なものです。
わずかな写真写りのために膨大なエネルギーを賭ける…まあそれが趣味の趣味たる所以なのでしょうね。

投稿: まるひ | 2010年8月12日 (木) 23時10分

tantanさん
これを撮るときはだいたい盛夏と決まっています。夏の風物詩みたいなものです。
なるほど、青が写るのは透明度がいいからなんですね。
台風一過は晴れるものと決まっていますので私は期待しているのですが…なんの根拠もないんですけど。

投稿: まるひ | 2010年8月12日 (木) 23時18分

ちーすけさん
60mmといっても侮れないですね。ほかのかたの作品見てもすごいのがたくさんあります。お気楽に撮れるわりにはよく写るので人気ありますよね。
確かに眼視だとモノクロ写真のようですよね。人間の目が暗いものには色を感じないように出来ているからだと思いますが、色がつくこともあるんですか。見てみたいです。M42くらいだとピンクに見えるのかな?

投稿: まるひ | 2010年8月12日 (木) 23時23分

まるひさん、おはようございます。
こちらでは台風大した事無かったようでまずは良かったですね。台風一過の青空となってくれそうに無いのが玉に瑕ですが・・・。
M42は赤ーく写る写真と違って、中心部の明るい部分は薄い青緑っぽい色に輝いて見えます。そして周囲の暗めの星雲部分はほんのりとピンク系に見えます。これは私の場合です。どうも感じる色調には個人差が結構あるようです。また空の条件にも影響を受けます。まるひさんの目にはどんな色に見えますでしょう。

投稿: ちーすけ | 2010年8月13日 (金) 07時45分

ちーすけさん
せっかくのお盆休みですが、あいにくの土砂降り雨ですね。お盆中星空は拝めそうにありません。
M42を見た最大口径は胎内の60cmでしたが、あまり印象に残っていません。じっくり見れなかったのもあるのかもしれませんし、高倍率で中心しか見えなかったからかもしれません。色は感じなかったなあ。
今度ドブでゆっくり見たいですね。そのときはよろしくお願いします。

投稿: まるひ | 2010年8月14日 (土) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今シーズン最高の空 | トップページ | 不思議な日8月13日 »