« 星祭り大盛況 | トップページ | ステラナビきました »

2010年8月23日 (月)

夏休み自由工作

夏休みももう終わりという日曜日、中学生の娘が自由工作を考えてくれ、と泣きついてきました。ここで突き放すのが親としていいことなのかもしれませんが、娘に甘い父親としてつい引き受けてしまいました。天文ネタでいい、ということですが、なにがいいのでしょう。プラネタリウム、太陽系の模型など思いつきましたが、工作の手間を考えるとめんどくさい。できれば1時間くらいでさくっと仕上げてしまいたい。材料費も掛けたくない、でも受けるものにしたい…
結構こういうの凝るほうです。私が中学生のとき、自由研究で太陽黒点の研究をしました。しかし、やり始めたのが夏休み終わりの1週間前。たった5日くらいの観察で、黒点の動きから太陽の自転周期を計算して提出したのですが、なぜか中学代表で郡市の発表会に出されてしまいました。私の研究が優れていたのではなく、ほかと比べてまし、程度だったのだと思います。なにせ田舎の学校でしたから。

さて、小一時間考えた末、日食シミュレータを作ることにしました。これならボール紙だけで作れる。再来年日本で金環日食があるので受けもいいでしょう。で、できたものがこんなものです。

Pict0105

太陽に見立てた穴のあいた黒い紙をスライドさせ、月に見立てた黒い丸に重ねると食が始まります。2012年5月21日の日食です。左から沖縄、新潟、東京で見える様子をシミュレートします。 東京では金環食になります。

新潟はこんな感じ。

Pict0104

かなり欠けますが、リングにはならないですね。

リバーシブルになっており、おまけに2035年9月2日の皆既日食もシミュレートします。でも中学生にとって25年後は遙か将来ですよね。現実味がわかないでしょう。

ほとんどオヤジ制作。娘はあまり理解していないようですが、でも興味は持ったようです。学校で受けてほかにも天文に興味を持ってくれる子供が増えればいいのですけどね。先生はこのブログ見ていないだろうなあ。

|

« 星祭り大盛況 | トップページ | ステラナビきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 星祭り大盛況 | トップページ | ステラナビきました »