« 奇跡のような | トップページ | 梅雨末期 »

2010年7月12日 (月)

眼視用新機材導入

眼視での観望のため最強の機材を導入しました。

Pict1980

実は私は乱視。この間まで老眼が進んだとばかり思っていましたが、ネットで診断してみたらどうも乱視っぽい。ちょっと勇気をふるって眼鏡屋さんに足を運んでみました。やっぱり乱視だそうです。遠視や近視ははいってないそうです。めがねといえば100円ショップの老眼鏡しか買ったことがない私にとって生まれて初めてのめがねです。でも高いですね。miniBORGが1本買えます。ちょっと悩んじゃいましたが、この先どれだけ星見できるかもわかりません。クリアな星を見たいと思い、思い切って注文しました。

天蓋高原が初めてのめがねデビューでした。これはイメージです。

Img_2553 

上が使用前、下が使用後。せ、世界が違う!星が点に見えます。めがねをしないと星が★に見えますが、めがねをすると・に見えます。もの心ついてからこんなにクリアに見えたのは初めてです。乱視は若いときからあったのかもしれません。どうりでニコンの双眼鏡を買っても期待ほどくっきり見えなかったわけです。ずっと光学系のせいにしてきました。

夜の運転はてきめんです。遠くの灯りが2つに見えていたのがちゃんと1つに見えます。信号など予備知識のあるものは脳内補完していたので違和感なかったのですが、なんだかわからないものは本当に2つの灯りがあるように見えていました。たった一日ですが、もう怖くてめがねなしで夜の運転はできません。

大げさでなく、世界が変わりました。星見も楽しくなりそうです。そもそも目的が星をきれいに見るためでしたから。早く満天の天の川が見たい!

|

« 奇跡のような | トップページ | 梅雨末期 »

機材」カテゴリの記事

コメント

遠くの灯りが2つに見えていたって!
まるひさんの運転する車に同乗させていただいたことを思い出します。

怖っ!(≧∇≦)

・・・でも眼鏡の威力って凄いですね。
当方小学生低学年から近視ですが、その時にあてがわれた眼鏡で世界が変わったことを鮮明に覚えています。

投稿: Rich | 2010年7月13日 (火) 11時09分

Richさんはめがねしていないですよね。コンタクトですか?
星はそれこそ星形に放射状に見えるものだと思いこんでいました。違うんですね。
なんか人生の半分を損した気分です。
残り少ない?人生、きれいな星を見て楽しみます。

投稿: まるひ | 2010年7月13日 (火) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奇跡のような | トップページ | 梅雨末期 »