« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

夢のトリプルモニタ

職場のパソコンをトリプルモニタ化しました。

Pict1948

これは便利!メール見ながらホームページを参照して見積もりを書く、という作業などするとすごくはかどります。まだ一日目ですがもう戻れません。中古モニタとビデオカードを2枚差しできるマザーボードがタダで手に入ったのでやってみました。マザーボードとCPUは今より一世代古いのになってしまいましたが、トリプルモニタの恩恵の方が余りあります。
モニタも左からナナオL767、同じくL565、右はサムスンです。家のもナナオだし、ナナオ長者です。L767はVA方式、L565はIPS方式です。L565は調べてみたら17インチではトップクラスの高品質だそうで、どうりでL767と比較してもすばらしくきれいなはずです。まるで紙のようになめらかでぎらつきがなく、文字も鮮明。10年前くらいの古い製品ですが未だファンが多いのもうなづけます。

このL565は職場の廃棄予定の棚にあったものですが、いったい何が不具合だったのだろう、と謎でした。左上が黒ずんでいます。このせいかもしれません。しかし、調べてゆくと、この不具合はほぼ100%の確率でおこるものらしいです。つまり最初から不良品。

Pict1947

まさにそのままですね。しかし無償保証というアナウンスはされていません。でも申し出た人にはだいたい無償で液晶を交換しているみたいです。つまり、これももしかしたら交換してもらえるかも…という考えが頭をよぎりましたが、公式にアナウンスしていなければ送ってみて有償となると、やめたところで送料や診断料がかかります。タダのものにそこまでしなくてもいいや、と思っていた矢先、調整ボタンに不良が発生するものがあり、これは正式に無償修理の対象になっている、というのを発見しました。確かにこれも調整ボタンが効きません。おかしいと思っていたところでした。早速サポートに電話し、修理の手続きを行いましたが、ついでに黒ずみのことも話したら、診てみます、とのこと。もしかしたら新品になってくるかな、と思ってわくわくしていましたが、返却されてきたものは残念ながらもとのままでした。強くいえば替えてくれたかもしれませんが、タダで手に入った物にそこまでずうずうしくしたくありません。クレーマーになりたくないのであきらめました。まあ、ほとんど気にならないのですけどね。

なにはともあれ、トリプルモニタは便利。実は4台まで付けられます。モニタもまだ余っていますが、置き場所がありません。あれば4台付けるのですが、モニタに囲まれて仕事するのも落ち着きませんかね。

| | コメント (2)

2010年5月26日 (水)

モチベーション上がらず

最近ブログ更新のモチベーションが上がりません。ネタは頭にあるのですが、パソコンに向かうのがおっくうです。右腕が痛い。五十肩とマウス症候群?が一緒に襲いキーボード打つのがつらいです。加えて寝ていても痛いので熟睡できず、いつもならパソコンに向かっている時間、つい「うとうと」としてしまいます。でも仕事ではパソコン打てなければ死活問題です。そんなことでこんな工夫をしています。

Pict1941

右は親指で回すトラックボールです。これでずいぶん腕への負担がなくなりました。右手を極力移動させないためにテンキーなしのキーボードに替え、テンキーは別に左に付けました。これでトラックボールに持ち替えるまでの移動距離が短くなります。EnterキーとBSキーは左の小指で打てますので、さらに右手を動かす頻度が少なくなりました。そして今回、左手用のトラックボールを加えました。これもできるだけ右手を休ませる工夫です。しかし、まだ慣れないので十分休ませることができないのですが、徐々に慣らしてゆくつもりです。

究極にはこんなものも買ってみました。

Pict1925

なんと片手で漢字入力まですべてできてしまうというキーボードです。2~3日使ってみましたが、さすがに使いこなせません。お蔵入りです。高かったのですが。

今は家からこれを書いていますが、家ではなんの対策もしていません。こんなの書かずにさっさと手を休めればいいのですが、つい酷使してしまいます。五十肩は自然に治るといいますが、マウス症候群(かどうかはわかりませんが)は職業病みたいなものなので治るかどうか心配です。結構聞いていると同じ症状で悩んでいる方は多いようです。皆さんも気をつけましょうね。

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

怪しいアイテム

怪しいと思われる、かもしれないアイテムをゲットしました。

Pict1934

超小型ビデオカメラ。SDカードに最大2時間の録画ができます。6千円でしたが、もうちょっと出せば液晶モニタ付きのも買えますが、なぜこんなもの買ったかというと、車で走行中の車窓を録画するためです。取り付けグッズに、クリップ、壁面取り付け、マグネット付きスタンド、ベルトがついており、どんな取り付け方もできます。車にはこんな感じで付けました。

Pict1937

日曜日に気になっていた星見候補スポット、村上市の奥、大栗田にいってきました。位置的にはポーラースター天文台よりさらに5kmほど奥になります。結論からいえばだめです。谷間に沿った道のため、開けたところがありません。集落の少し手前がやや視界がよくなっていますが、観望スポットになりそうなところがありません。おまけにアクセスが悪い。狭くて急カーブ続きです。特に7号線から入る道がすごい。このビデオでは290号線から入っていますが、集落を出てから少し映像を見るとわかると思います。こんな道が5~6km続きます。
集落に入るまでと出たあとは5倍速で再生しています。集落の中で唯一星見候補になりそうだった、廃校グラウンドに行ってみましたが、荒れ方がひどい。とてもこんなところで機材の設営はできません。数年前、ここの中学校が廃校になったたために町中の本校まで通っているという女子中学生のことが新聞に載っていましたが、改めて大変さを実感できました。では映像をご覧ください。

これがようやく難所を抜けたところです。あのずっと向こうが大栗田です。

Pict1936

ちょっと懐かしいものを見つけました。

Pict1939

ヤマハのチャピイというバイクです。私が高校生の頃に売っていたものですのでもう35年前ですね。まだ現役で走っているのにすごく驚きました。当時私はホンダのダックスに乗っていましたが、このデザインになぜか惹かれ、欲しいと思っていましたが一度も乗る機会はありませんでした。こんなところで出会えるとは。今回のドライブ最大の成果かもしれません。

実は家の車を車検に出して、代車に借りたのがマニュアルミッションだったので、久しぶりに山道でも飛ばしてみたくなったというのが今回のドライブです。それでついでの大栗田の下見を兼ねたということです。峠を走るのは好きですが、走り屋ではないので誤解のなきように。ドラフトなど当然できませんよ。

| | コメント (4)

2010年5月20日 (木)

昔撮ったしし座トリオ

新月期も過ぎ、みなさん成果をぞくぞくと発表されていますね。私といえばトホホな結果でした。これから半月は撮影ネタもでないでしょうから、なにでつなごうかと考えています。とりあえず昔の写真をお見せします。

M65m66

1976/3/25 21h48m~21h53m(5m)
ASAHI PENTAX KX Takumar 135mm F2.5(F2.5)+2Xテレプラス
トライX パンドール20℃14m 月光V4

というデータです。当時としては無理矢理の拡大です。でもNGC3628が楕円に写ってうれしかったものです。この頃の銀河は楕円に写ればうれしい、渦巻きが写れば大喜びでしたね。写真集見てたら福島のOさん(誰だかわかりますね)がM81の渦巻きが写ったとみんなに言いふらしていた、との記事がありました。

この頃の写真集見ると、いわゆる銀河が天の川で、今でいう銀河を系外星雲と呼んでいました。私は古い人間なのでどうもこっちの呼び方がしっくりきます。

古い写真見ているとまた違った楽しさがあります。銀河(系外星雲)好きは今も昔も変わっていませんね。

| | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

昇る天の川

村松の遠征地からの天の川を撮りたかったのですが、去年CD-1と魚眼購入以来初めて撮ることができました。

Img_2223

しかし、空の状態は悪いです。5段階でいえば2~3くらいでしょうか。肉眼ではうっすら見える程度です。これからチャンスはたくさんあると思うので今日は小手調べです。

しかし、メインで撮るつもりだったアンタレス付近は大失敗。完全にピンぼけ。サムネイルでもわかるくらいです。今回はヘリコイドの目盛りを見ながら試写しました。目盛りを少しずつずらしながら5秒くらいで撮り、一番いいところに目盛りをあわせたつもりだったのですが、戻すとき値を間違えたのかもしれません。そんなことを繰り返し30分くらい時間をつぶしましたが、そんな結果です。全く初心者のような失敗でいやになります。いつもはファインダーで覗き、ピントが合ったと思うときの目盛りを覚えておき、再度ずらしてから同じことを繰り返し、もっとも多かった値に合わせていました。平均ではなく、多数決を取るというところがミソです。これでいつも合っていたのでまたこの方法に戻そうかと思っています。でもやっぱりライブビューのできるカメラが欲しいですね。X2を改造しようかと考えていますが、普段取りもしたいし…悩ましいです。

Img_2225

さそり座をちょっと拡大。少し雲が広がってきています。まあ、空の状態は良くなかったし、次があるさと、すっぱい葡萄理論で自分を慰めています。

| | コメント (0)

2010年5月18日 (火)

田毎の月

夕べは月曜日でしたが、この新月期最後のチャンスでしたのでちょっと遠征しました。

7時過ぎまでお客さんのところにいて、帰りにMac SE/30、Ⅱsi、PowerMac G3(ベージュ)、iMac DV、スキャナ、プリンタ、液晶モニタをおみやげにもらってきました(廃棄依頼ともいう)。全部いまさら価値がないものですが、液晶モニタだけは当たりでした。NANAOの19インチです。今職場の机の上でこの画面を表示しています。車に機材を積んであった上にこれらを積んだので満杯。このまま出かけられないのでいったん職場に戻りこれらをおろして出かけたら8時を回っていました。

9時過ぎに村松に着きました。もしかして失敗してなにもブログネタがなかったら困るので、とりあえず田んぼに映る月を一枚。

Img_2217

田毎の月というのがあって、信州姨捨の棚田には一枚一枚に月が映るそうですが、科学的にはありえません。 と思っていましたが、たった今ググってみましたら、まれにある条件で映ることがあるそうですね。これは興味深い。次なる挑戦ネタができました。

さて、肝心の成果ですが、ちょっと情けない。まだ画像処理していませんが、たぶん失敗です。毎回同じことの繰り返しで本当になんとかせねばならないと思うのですが…

| | コメント (2)

2010年5月15日 (土)

100000アクセス突破!

本日めでたくこのブログも100000アクセスを突破しました。これもいつも訪れていただく皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。

100002_2

私が確認したのが100002ですからもう2アクセス早ければ自分が踏んだことになります。これじゃしゃれになりませんね。よかった。しかし、100000突破にかかったのは3年半です。ほかに持っているホームページは12~13年でやっと10000ですから、ブログのSEO効果は大きいですね。1000000アクセスは30年後でしょうか。国内皆既日食の頃かもしれませんが、それまでがんばって生きねば。

検索フレーズを見るのが楽しみです。意外な言葉で検索してくるんですね。がっかり度も大きいだろうと思います。結構名前で探してくる人がいるのですが、誰なんだろうとちょっと気になります。知り合いかな?でも「もう一人の私」を検索してくるほうが多いような気がします。私はそんなに友達多くないので。

このXデーがいつになるか、しばらく前から気になっていましたが、これでようやく落ち着けます。気になるならアクセスカウンター設置しなければいいんですけどね。

| | コメント (10)

2010年5月14日 (金)

失敗作も公開

思い切って失敗作も公開しちゃいます。M51です。

M51

コンポジットなしの1枚です。2枚目はガイドミスでした。Kiss X2が低ノイズとはいえ、真剣に撮るときはコンポジット枚数必用ですね。だいぶ画像処理でごまかしていますが、トリミングには耐えません。

こちらはM83です。

M83

こちらも1枚。2枚目はやっぱりガイドミスです。ピンボケも入っています。実はこの日までこんなに美しい対象だとは知りませんでした。低空なので難しいですが、再挑戦する価値はありそうです。

前回の遠征の成果はこれでおしまい。明日はもしかしたら晴れるかもしれません。そうしたらメインはアンタレス付近に絞ります。しかし寒いですね。5月だというのに暖房つけています。明日は冬並みの装備がいるしょうか。

おかげさまで明日あたりアクセス数が10万に達しそうです。10万を踏んだかたは名乗りあげください。なにも出ないですけど… 

| | コメント (6)

2010年5月13日 (木)

しし座トリオ

しし座のトリオ銀河です。

Torio1_2 

101ED+×0.78レデューサー+EOS Kiss X2無改造、ISO800で15分2枚です。トリミングしています。構造が見えていますね。ちょっとうれしいです。少し前まではこんな小物銀河で構造まで写るとは思いもよりませんでした。技術の進歩はすごいですね。

この領域はずっと昔から撮っています。100mm望遠レンズでNGC3628が何となく楕円に写っただけでもうれしかったものです。いつも撮っているものでも毎回良くなってゆくのは楽しいですね。

こちらはノートリミング

Torio2

ぽっかりと浮かんだ3つの銀河に宇宙の広さが感じられます。春は好きな対象がたくさんあっていい季節です。

| | コメント (2)

2010年5月11日 (火)

ここはどこ?

おとめ座銀河団のあたりを撮ってみました。

M88

101ED+×0.78レデューサー+EOS Kiss X2無改造、ISO800で10分2枚、ノートリミングです。X2はKiss Dよりノイズが少ないので2枚コンポジットでもきれいに写ります。数撮りするときは効率いいですね。

マルカリアンの鎖あたりを撮りたかったのですが、どうもうまく入りません。どのM天体で導入したのかも忘れましたが、調べてみたら中央の大きいのはM88でした。で、左がM91。他にもたくさん写っていますが、持っているガイドブックではそれ以外書いてありません。マルカリアンの鎖は全然視野から外れていますね。M86で導入すべきでした。でもこのあたりはどこ向けても小物銀河がたくさん写るので楽しいです。釣りで言うなら豆アジ釣りといったところでしょうか。

今回の遠征ではこれが一番よく撮れたようです。あとはガイドミス、ピンぼけで失敗。公開するかどうするか、悩んでいます。前はなんでもかんでも公開しましたが、最近は恥ずかしさを知るようになりました。

| | コメント (2)

2010年5月10日 (月)

ソンブレロ星雲

M104、ソンブレロ星雲です。

M1042

101ED+×0.78レデューサー+EOS Kiss X2無改造で10分2枚+2分2枚露光です。トリミングしてあります。M104は小さいですね。10cmの対象ではないとわかっていながらやっぱり撮らずにはいられません。形は渦巻き状が美しいわけではないのですが、非常に特異ですね。ハッブルで撮った画像を見ると後ろが「すけて」見えるようですが、なかなか小口径ではそんな姿をとらえるのは難しいようです。

10cmシリーズでは大きさの比較のためにノートリミングにしていますが、それも載せます。

M1041

やっぱり小さいです。今度はR200SSで少し拡大して撮りたいと思います。来年の課題でしょうか。

| | コメント (2)

2010年5月 9日 (日)

7ヶ月ぶり

たしか前回遠征したのが去年の10月でしたから、実に7ヶ月ぶりです。やっと天気と月の巡り合わせ、休日前という条件に恵まれ遠征することができました。早出ダム近くのいつもの撮影地です。

100508

設営中に撮影した沈む金星です。30分露光52枚です。解像度変更以外トーンや色調などいじっていません。空がいいと素直な画像になります。五泉村松方面が明るいですが、南と東は暗いです。

設営中、大事なものを忘れたことに気がつきました。マルチプレートを忘れました。抜かりはないかと何度も確認したのにそんなものを忘れるとは。これではガイド鏡を同架できません。しかし、今日に限り眼視しようかと持ってきたBorgの微動雲台があることに気づき、これでなんとか親子亀方式で同架することができました。ラッキーです。

春の銀河中心に何枚か撮影できました。今回新しくガイド用にtantanさんから譲っていただいたDSI-proを使いました。一発勝負でしたがバッチリ。ガイド星を探す苦労から解放されました。

春物を撮り終えて、さそり座が昇ってきたあたりから雲が出始め、アンタレス付近はだめでした。あきらめて撤収して帰ろうと車に乗ったとたんに快晴。最後にちょっと意地悪された気分です。成果は後ほど。

| | コメント (6)

2010年5月 6日 (木)

光害マップ

※リアル光害マップの記事はこちらこちら

ちょっと詳しい光害地図のサイトを見つけました。

Ko03

黒>濃灰色>青>緑>黄>橙>赤>白の順で暗いのですが、緑区域でさえ関東は全滅ですね。私が行く遠征地は緑地域に入っています。そのすぐ南側が青地域ですから南の対象ねらうにはいいところだと実感できます。
天蓋高原はまさに青地域の中ですね。関東からのアクセスがよければ週末には望遠鏡が立ち並ぶ名スポットになることでしょう。行く気になれば割と楽に行ける、新潟の星マニアは結構恵まれているのかも。

もし、私が首都圏に住んでいたとすれば、どこに遠征するだろうと考えてみました。高速から割と近くて南の暗い長野と山梨の県境あたり、と思ったら入笠山ですね。良く聞く星見スポットです。やっぱり皆さん同じことを考えるんですね。

平日の仕事帰りでも緑地域に行ける、恵まれた環境を生かして活動したいところですが相反して天気には恵まれません。天は二物を与えてはくれないようです。

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

宙まにを読んでみました

一般向けコミックにしては天文考証が正確だということで話題の「宙のまにまに」をコミックレンタルで借りて読んでみました。さすがに50過ぎのオヤジが借りるのは恥ずかしいので、中2の娘をだしに使いました。

ストーリーは純粋ラブコメで、期待していたほど天文描写はありませんでしたが、M45だのM33などの用語が注釈なしに出くるのはマニア度の高さを感じさせられます。極めつけは反射鏡研磨のエピソードでしょう。とてもラブコメの題材とは思えません。

Soramani

7巻まで出ていましたが、一応全部見ました。まだ本格的観測エピソードがないですが、本編はどこまで進んでいるのでしょう。次が出たらまた借りてみます。

私は中学、高校と天文部に在籍したことがありません。天文部がなかったからなのですが、理科室にあったニコンの8cm屈赤が使われずにおいてあるのがなんとももったいなかったです。大学では写真部に入ったのですが、サークルとしての天文愛好会があったのでそこに準会員みたいな感じでちょっとだけ参加したことがあります。あんまり記憶にないですが、月食観測をしたり、丹沢に一泊でキャンプしたこともありました。そのときはあいにく雨でしたがほんの一瞬だけ雲間から見えた星空が印象に残っています。若いときにそういう会で活動していたら今の星見スタイルもちょっとは違っているかな、と思ったりもします。

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

GW堪能

昨日に引き続き、今日も日帰りの遠出です。今日は家族全員で出かけました。おいしいものでも食べようと、天狼星さんから教えていただいた会津若松の鶴が岡茶寮へ。風流な離れ座敷で桜吹雪を眺めながら普段味わえないリッチな気分に浸ることができました。女房もとても満足していたようです。天狼星さん、情報ありがとうございました。

帰りは先週来たときまだつぼみだった、奥角神の桜を見ようと思ったのですが、すでに散り始め、角神ダム周辺の桜はおしまい。山の桜は咲くのも遅いけど、散るのも早いですね。

Imgp5678

まだ早い木の芽を少し摘み、帰途へ。鹿瀬あたりではっと、ちょうどばんえつ物語号が通る時間だと気づき、少し戻って待ちかまえて撮りました。周りも鉄オタがいっぱい。今回はBorgを持って来なかったので少し引いたアングルで撮りました。ちょっと遊んでジオラマ風です。

Imgp5702

車は私の愛車、前にいるのが女房と娘です。娘曰く、カッコイイのは先頭の一両目だけじゃん、だそうです。現代っ子ですな。

帰りに見た田んぼに映る夕日が印象的でした。家族も楽しめたようですし、いいGWサービスができました。 もちろん私も楽しかったですよ。

| | コメント (2)

2010年5月 3日 (月)

星見スポット巡り

例年QW中に一日自由にふらりと出かけることにしています。去年は雨でしたが、今年は快晴。新潟の星見スポットを回ってみました。

ここは村上のお幕場大池です。

Imgp5637

特に暗いところではありませんが、沼沢さんが好んで星景写真に使うところです。先々月号あたりの星ナビの表紙がここでしたね。私はデータを見るまでもなく、見た瞬間にここだとわかりました。新潟は福島潟といい、ここといい、水辺での星景が多いです。

次は新潟の星見聖地ともいえる、天蓋高原です。

_1

ちょっと継ぎ目処理が下手ですが、4枚パノラマです。確かにここはすごい。光害地図では一等地の場所です。標高はナビによると約400mですが、高地が少ない新潟では珍しく駐車場も完備されている絶好星見スポットのようです。途中のアクセスも道は非常によく、なんの不安もありません。枝折峠やネズモチ平よりずっと安心して来られます。日東道が無料化されたら来やすくなりますね。

駐車場はこんな感じです。

Imgp5647

広い!どこに設営してもいいです。トイレ、水道完備です。携帯も通じます。日中でさえ車は滅多に通りませんので、夜はまずこないでしょう。来たとしたら同業者に違いありません。

次は神林ポーラースター天文台

Imgp5663

山奥ですが、あまり高原風ではありません。キャンプ場なので夜でも人がいることが予想されます。ファミリー向けです。星見的には落ち着いて見たいというかたにはあまりお勧めではないかもです。

ここは天文ファンなら誰でも知っている、胎内平です。

Imgp5665

一度ここで夜明かしした時の感想は、東はいいのですが、南から西は新発田市の光が明るいです。それと、胎内を星で売り込もうとするのでしたら近くのホテルはライトアップを止めて欲しいですね。

それにしても混雑した星祭り会場を見慣れていると人っ子一人いない胎内平というのは寂しさもひとしおです。

Imgp5668

新潟は関東のように標高の高いスポットがありません。でも村上以北は国内でも有数の暗い夜空に出会える場所です。新潟は天文マニアが少ないからでしょうか、それともどこにでも暗い夜空があるからでしょうか、望遠鏡で埋め尽くされるというスポットがありません。 いいことなのかどうなのか…私も自分だけのマイ星見スポットを持っています。そんなに最高の場所ではありませんが、気軽に行けて誰もこないところです。どこかはひ・み・つです。

| | コメント (6)

2010年5月 2日 (日)

空の串団子

日曜日は晴れていてもどうも撮影に出かけられる雰囲気ではありません。でも玄関先なら大丈夫です。天文マニアならシーズンに一度くらい土星は見ておきたいものです。今日は結構シーイングもいいです。久しぶりに写真を撮ってみました。

2010

101ED+1.4倍テレコンバータ+Or7mmでコリメートです。8枚をコンポジットしています。本当に輪が細いです。串団子とはよくいったものです。これ、かなりねつ造に近い処理しています。30年以上前の安物接眼レンズですので色収差がひどいです。そこでRBG分解して赤のみを取り出してモノクロにした画像に少し色を付けました。インチキっぽいというかインチキですが色収差はきれいに取れて解像度も向上しています。

しかし、惑星は難しいです。導入が難しい。間接撮影だとかなり困難で、コリメートでも視野が非常に狭いので導入に一苦労です。やっとのことで連続撮影で16枚ほど撮りました。惑星は労多くして功少なしですね。同じ労が多いなら直焦点の方がいいです。

| | コメント (0)

2010年5月 1日 (土)

晴れてるけど映画鑑賞

久しぶりの土曜日の晴れです。でも満月過ぎの月が早く昇ってくるので撮影はできません。暇つぶしに映画を見ることにしました。ちょうど千円の日だし。作品はタイタンの戦い。秋の星座オンパレードです。天文ファンならちょっと興味をそそります。

Titan

一応3Dですが、行った映画館が2Dのみ、それも吹き替えです。もともとが2Dの「なんちゃって3D」のため、あまり立体感がないとの評判ですのでまあいいです。でもオープニングは3D用に作ったようで、天文ファンなら、特に赤物好きなかたはぜひ3Dで見たいところです。
ストーリーは単純な冒険活劇です。あまり評論などしないで映像のすごさを楽しめばいいと思います。
30年前のリメークなんですね。そういえば見たかもしれません。30年前と比べてメドゥーサがリアルでかなり怖かったです。

そろそろ映画館の星座物語でなく、本物の星座が見たいですね。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »