« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月28日 (水)

陰陽師って?

ついさっきNHKの「歴史秘話ヒストリア」で陰陽師についてやっていました。そのなかで西暦972年の11月に、歳星(木星)が「異常な」動きをしているので天変地異の前触れだ、ということを予言した、というエピソードを紹介していました。何かの天文シミュレーションソフトで再現していましたが、乙女座γ星に異常接近したらしいとのことです。もしや蝕かと思ってステラナビゲータで再現してみました。

Photo

なんてことはない、接近といっても1.5度も離れています。月の3倍です。こんなに離れて、それも2等級の星です。これが異常な動きなら毎週天変地異でしょうね。

まあ、現代だからこそいえるのかもしれませんが、当時科学的に物事の予測ができなかった時代はそんなのに頼らざるを得なかったのも仕方がなかったのかもしれません。でもどうせなら空のスマイルマークとかで占ってほしかったですね。

| | コメント (0)

2010年4月26日 (月)

3D桜

今や3D時代。映画もテレビも3Dを売り込もうと必死です。ってなことでこのブログもついに3D化…な~んて大げさですが、ちょっといたずらしてみました。

3d

交差法で見てください。飛び出して見えますね。ちょっと立体感は強調しました。少し写真をかじったかたはわかると思いますが、10cmほどずらして撮った写真を並べただけです。中学校の頃これにはまり、虫眼鏡のレンズでビュワーを作って立体写真を撮りまくったものでした。自分ながら傑作でしたが、あのビュワーと作品はどこかに行ってしまいました。

場所は福島潟です。多くの星景写真がここで撮られていますね。私はへそ曲がりなので見学者のあまり来ない右岸に行ってみましたが、なかなかいいところです。今度私もここで星景を撮ってみたいです。新潟の星景写真諸先輩に会えるかもしれないですね。

| | コメント (2)

2010年4月24日 (土)

オリオン桜

ようやく晴れたので、例の一本桜のところにいってみました。空の色の残る光景をと思い、少し早めの時間に対岸のポイントに着きました。ちょっと土手沿いを歩いて向こうを見たら、先日の場所に車が止まっています。やばい、あとであっちからも撮りたいと思っていたのに先を越されたか、とがっかり。同業者かと思いきや、なんと発電機を回し始めました。なにをするのかと見ていたらライトアップを始めました。赤、白など色とりどりの光をあちこちの方向から当てています。マイ夜桜を撮るつもりなのか、沿道を走る車へのサービスなのか真意はわかりませんが、それに便乗して一枚。

Orionsakura

ISO800、15秒16枚の比較明合成です。うまい具合に2コマだけライトアップが入りました。深紅の桜もなかなかシュールですね。後ろの明るい光源は野球場です。これはちょっと誤算でした。

一旦家に帰り、ライトアップおじさんが帰った頃またこようかと思ったのですが、明日女房と桜見ドライブにゆく予定で、寝不足になるからだめ、と言われました。12時前には帰ってこれるんですけどね。もう2~3日は満開状態だと思うのですが、晴れないでしょうか。今年はこれで終わりかも。

| | コメント (4)

2010年4月20日 (火)

一本桜

夕べの一本桜を昼間見るとこんな感じです。

Img_1966

これでも結構絵になりますが、周りにできた余計なものがじゃまですね。これがないときは本当にすばらしい風景だったのですが。ここからの風景を春夏秋冬定点撮影しようと思った矢先、できてしまいました。いつだったかの地元新聞で写真家の人がやっぱり残念がっていたという記事を読みました。

ちなみに場所はここ

これは新川の対岸から見た様子です。

Img_1967

今日初めて来てみましたが、なかなかいい感じです。満月の日に川面に映る星とともに写真に撮れたらすばらしいでしょうね。あと一週間桜に頑張ってもらいたいです。

| | コメント (2)

2010年4月19日 (月)

桜星景

天気も悪いし、桜もなかなか咲かないし、ということで今年の桜撮影は昼夜ともすっかりあきらめていました。そんなとき、tantanさんから、今桜の星景撮っています、のメール。見上げれば朧月ですがなんとか星が見えています。たぶんチャンスは今晩だけでしょう。どこにしようかと迷いましたがあそこに決めました。

Sakura

ここは新潟市に住んでいてちょっと風景に感性のある人ならわかると思う、新川沿いの一本桜です。昔は象徴的に咲いている姿が道路からよく見えたものですが、10年くらい前から回りに無粋な物置などを置かれてしまい、すっかり景観が台無しです。地主さんにもう少し感性が備わっていればと残念です。撮影場所は邪魔者が写らないアングルからです。15秒露光を15枚比較明コンポジットしました。桜は少し色を強調してあります。妖しい感じに仕上げるのが好きです。時々通る車で適度に照明されるのでちょうどいい具合に写りました。根元の木がじゃまですね。こんなの植えなければいいのに。

今頃はこんな朧月夜は普通ですが、まさか火山灰が飛んできたのではないでしょうね。これで冷夏になったら星見どころではありません。食べること心配しなければなりません。そんなことがないように祈るばかりです。

| | コメント (4)

2010年4月13日 (火)

オークション惨敗

「BORG」という商品が出品されるとメールがくるように設定しています。最近いくつか落札意欲を刺激するものが出品されたので、あわよくば…とねらっていました。

Auction

Borgの0.85倍レデューサー、生産完了になっていたもので是非とも欲しく、多少高くなってもと挑んだのですが、結果定価より高くなってしまい、あきらめました。

60mmアクロマート鏡筒、ガイド用にしたいので安く手に入れたかったのですが、2万円超えてあきらめました。

鏡筒バンド、もうちょい出せば新品買えるじゃん、という値段になったのであきらめました。

改造デジカメ、3万円くらいなら、と虫のいいことを考えていたら甘くありませんでした。4万円近くになってしまい、あきらめました。

まあ、どれも不要不急なもので、安ければ落札しようと思っていたものばかりなのでそれほど残念でもないのですが、それにしてもこのジャンルは高値がつきますね。でも、デジカメ39,000円ならもう1,000円高くして落札すればいいじゃん、と思うでしょうが、どっこい、ライバルはいくらでも出す構えなのが見えていますので、さらに高くなるだけです。ほんとに欲しいものならいくらでも出しちゃる、という覚悟がなければ落札できません。去年はこの覚悟で101EDを落としました。結果は思ったより安かったのですが、そういう気迫がライバルに伝わったのだと思います。

例年なら桜の花を見て回る季節ですが、この天気はどうでしょう。春という感じがしません。1ヶ月くらい季節がずれている感じがします。週末晴れなければまたしばらく撮影はお預けですね。

| | コメント (0)

2010年4月11日 (日)

大柄杓・小柄杓

新潟市の角田山の陰から見た北の空です。

Img_1898

30秒露光で初めてCD-1の減速微動モードを使ってみました。星も風景も止まって写りいい感じですね。スターエンハンスをかけています。

新潟市街方面が明るいですが、山が陰になりだいぶ軽減されています。脇にシーサイドラインが走ってるので時折山肌が照られてますが、あまり影響ありません。とはいえここで直焦点撮影はできないですね。落ち着きません。でも海側の星景写真にはいいところです。仕事帰りのお気楽撮影スポットにちょうどいいところです。

| | コメント (4)

2010年4月 8日 (木)

荒海や佐渡に立ってる黄道光

待ちに待ったチャンスです。雲がない、月がない、透明度がいい。こんな日は年に何度もありません。普通なら望遠鏡担いで遠征するところですが、そうではありません。CD-1を担いで海岸へ。本当は一週間前に開通になった弥彦山に登ろうと思ったのですが、ゲートが閉まっており夜間通行止めでした。残念ですがしかたがないのでいつもの海岸に出てみました。
狙っていたのはそう、西の黄道光です。黄道光は普通秋の夜明け前と決まっていますが、春の夕方も観望期です。しかし春の黄道光の写真は見たことがありません。まだ生活時間なので空が明るくて見えないといイメージがあるのかもしれません。でもここ新潟は西は日本海です。光はなにもありません。見えるはずと思い、先月からずっとチャンスをうかがっていました。今日がそのチャンス!

Img_1891

Canon EOS Kiss X2+Tokina AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5、F4.5に絞り、10mmのワイド端での撮影です。ISO1600、CD-1でガイド、5分露光です。コンポジットなしの1枚です。

見えてます。かなり明るく。肉眼でもはっきり見えました。撮影中、車の中から一人、心の中ですごいすごいと興奮してずっと眺めていました。地平の明るい星は金星です。金星が中心ということは黄道だという証拠ですね。肉眼ではプレアデスのあたりまでしか見えていませんでしたが、天の川まで届いています。

こういう対象を追うのは楽しいですね。本当は3月くらいがもっと立っていて、天の川にもかからないので時期としてはいいのでしょうが、天気が悪すぎました。黄道光は対日照とならんで空の絶滅危惧種だそうですが、新潟にいる限りはそう感じません。晴天率は悪いですが捨てたものではありません。 

| | コメント (8)

2010年4月 5日 (月)

ここが避難所

土曜日の撮影地からの星空です。南側はこんな感じです。

Img_1867

遠征できないときは新潟市郊外のここにきます。旧巻町方面は光の海のようです。からす座あたりは全く写真にならないですね。M104はここからは無理です。獅子座あたりはなんとかいけるでしょうか。

Img_1869

西側は海なので結構暗いです。ずいぶんと違いますね。かすかですが天の川も写っています。向こうは佐渡です。もしかしたら芭蕉はこの風景を詠んだのでしょうか。でも違いますよね。天の川は夏の季語ですから。不思議に海側は山の稜線に見られるような赤い光が見えません。やっぱりあれは地面からの放射熱かなにかなんでしょうかね。

ここからだと旬の終わりの対象がねらい目です。遠征できないときの避難所的な場所ですが、もうちょっと南も暗いといいのですけどね。ちょっと高原風の場所なので、夏にのんびりとノンアルコールビールとおつまみで星見するのが今から楽しみです。

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

水芭蕉見てきました

久しぶりの晴天、日曜日とあって、五泉市の水芭蕉公園に行ってきました。

Img_1889

何年か前に一度立ち寄ったことがありますが、そのときはGW中だったのでもう咲き終わった後で、巨大な里芋様の葉っぱがただ林立しているだけでした。一度開花時に来てみたかったのですが、仕事の関係や、天気の具合で今までチャンスがありませんでしたが、今日は絶好の日和、家の用事を振り切って出てきました。

Img_1876

すごい人出ですね。交通整理まで出て有名観光地です。でもまさに群生で、人々が殺到するのもわかります。

Img_1881

水芭蕉は昔、あこがれの花で、尾瀬でしか見られないと思いわざわざそこまで行って見たときは感動しました。 でも意外に身近にも咲いている場所が多いことがわかり、それもまた別の意味で感動したものです。

Img_1878

以前ここで撮った星景写真が天文雑誌のコンテストに載っているのを見たことがあります。思えば星景写真は新潟県で撮られたものが大変多いようですが、なぜなのでしょうね。晴天率は悪いのに不思議です。逆に多少の雲や月夜でも撮れるからということなんでしょうかね。私もここで撮ってみたいですが、熊注意の看板がこわく、ちょっと勇気が出ません。私は星景写真もお気楽で行きます。

| | コメント (2)

2010年4月 3日 (土)

半年ぶり

土曜日、快晴、月も一応なし、という条件がやっとそろいました。本当にまる半年ぶりに望遠鏡を持ち出しました。昼は雨まで降ってとてもだめそうでしたが、天気予報を信じ機材を用意して出勤しました。遠征しようか、近くの郊外にしようか悩みました。結局決断したのが遅かったこともあり、近間にしました。しかしあらためて来てみると光害がひどいですね。目が肥えてきたのか、妥協したくなくなったのか、以前より空が明るく感じます。やっぱり遠征すればよかったかなあ、と後悔しつつ設営を始めました。

しかし、思わぬトラブルが。Webカメラがどうしてもガイド星をつかめない。どうも感度が上がらない感じ。いくら調整しても画面に星が現れません。久しぶりなのでピントが合っていないのかなとかいろいろ試すけどだめです。なんとかオリオンの三つ星の一つをとらえることができました。

これが旬をとうに過ぎたまさに沈む寸前のM42です。

Img_1860

101ED+×0.78レデューサー+EOS Kiss X2無改造、ノーフィルター、5分×2枚+2分×2枚のコンポジットです。少しトリミングしました。あまりにも平凡なM42ですね。5年前くらいの作品のようです。でもKiss X2のノイズの少なさは感じられます。高度が低すぎました。10度くらいでしょうか。オメガ星団よりちょっと高いくらいです。海側なので光害がないのが幸いでした。

これを撮ってしし座の三星雲を狙おうと思ったのですが、どうしてもガイド星が入ってきません。LogicoolのWebカメラは調整がシビアなので前に使っていたELECOMのものに替えてみましたがそれでもだめです。どっちもだめだとなるとOSか何かの不具合でしょうか。なかなか使いづらいのは確かなのですが、全く映らないの初めてです。…あきらめました。

こんなので時間だけ取ってはたまりません。土星ですら入ってきません。なんかおかしいです。原因はつまらないことかもしれませんが、やっぱり安物Webカメラは使い物にならないことがよくわかりました。次の晴天の時までなんとかしなければ。

| | コメント (2)

2010年4月 1日 (木)

鳥屋に転向?

天気は悪い、Borgは鳥に夢中。このところ星へのモチベーションは下がる一方。そんなことで私も鳥屋に転向することにしました。(エイプリルフール用のネタでした。そんなことはありませんよ)

職場の近くにラムサール条約に登録されている佐潟という湖があります。ここは野鳥の宝庫です。

昨日野鳥デビューということで、60ED+1.4倍テレコンバータで行ってみました。

Img_1834

このでかい黒いのはなんでしょう。やたら羽を広げ威嚇しているようですが、悠然と鴨が脇を通って行くのがおもしろいですね。

実はここ、カワセミもいるそうです。それを狙って晴れた日は通勤前に寄るのですが未だにお目にかかれていません。知る人ぞ知る場所のようで、結構狙っている人がいます。

カワセミかっ、と思いカメラを向けましたがどうも違うようです。

Img_1844

何か虫のようなものをくわえています。カワセミは虫食べないですよね。帰ってネットで調べたらモズらしいです。でもモズもきれいですね。

Img_1852

モズの背中の拡大。Borgの描写力がうかがえます。他のかたはだいたい超望遠付けています。まだ新潟にはBorgは普及していないようですね。

やっぱり一度はカワセミに出会いたいですね。聞いたところ、やっぱり「待つ」しかないようです。これからは晴れたら出勤前の鳥見が習慣になりそうです。早起きせねば。

| | コメント (4)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »