« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

弥彦に沈む

越後一の宮と呼ばれる弥彦神社のある弥彦山に沈むオリオンです。

Yahiko

明るいところは岩室温泉街です。今日は満月でした。普通ならなにも写すものはないですが、逆に風景が明るく照らされるというメリットがありますので、星景写真向けかもしれません。この構図で一度撮ってみたかったので満足です。でももうちょっと前景を工夫したいところです。ほんとは右にある角田山も入れてパノラマ風に撮りたいのですが、少し離れなければならないため、市街地の灯りが入ってしまいます。これはそのうちいい場所を見つけて撮りたいと思います。

今夜は久々の快晴です。Tokinaの魚眼レンズを手に入れてから初めて雲の入らない写真が撮れました。この冬は本当に晴れませんでした。まる半年くらい望遠鏡を空に向けていません。ほんと、新潟の晴天率は悪いですね。せめてこれからの半年はチャンスに恵まれて欲しいものです。

| | コメント (4)

2010年3月29日 (月)

7にしました

XPでも困るっていることはないし、不評だったVistaと見た目それほど変わりないし、ということで自分用パソコンにWindows 7は必要ないと思ってきました。しかし、さすがに仕事用パソコンには勉強しなければならないという必要性もあり入れていたのですが、使うにつれ便利さがわかってきました。そして、モニターを替えたとき、XPはなんとなくワイドモニターで見栄えがしないという感じがしてとうとう7にアップグレードする決心をしました。

Win7

ワイドモニターと7は相性がいいような気がします。特にAeroSnapというワザはワイドでないと意味がありません。でかいアイコンもワイドモニター上ではちょうどいい大きさに思えます。Vistaの時は重さとソフトやハードとの相性の悪さで入れてすぐにXPに戻してしまいましたが、7ではそういうことは感じません。使うほどに便利さが実感できます。アップグレードしようかと悩んでいるかたは是非思い切って入れ替えることをお勧めしますよ。

さて、私はインストールにちょいと小技を使いました。7はOEM版や新規版ではなく、アップグレード版を買いました。しかし、XPからのアップグレードは基本的に新規インストールのみになります。つまり環境やアプリケーションソフトは最初から構築し直さなくてはなりません。普通ならそれでもいいのですが、自宅のパソコンは子供もみんな使っており、iTunesのデータが消えた、とか言われたらどんな非難がくるかわかりません。そこでなんとかXPからのアップグレードができないものかと模索してみました。Vistaからなら環境を保ったままでアップグレードできます。そこでいったんVistaにアップグレードすることにしました。たまたま職場に売れ残りのVista Home Basicがあったのでそれでアップグレードできないかと試みます。OEM版なのですが、XPが動作しているときにディスクをいれたところ、アップグレードしてくれました。OEM版はディスクから立ち上げて、新規インストールしかできないと思っていましたので意外です。一時的にVistaになればいいだけなので、プロダクトキーを入れてもアクティベーションはしません。Vistaのライセンスは無傷ですみます。ドライバーも不要です。ただし、SP1にだけはする必要があるので、それだけは行っておきます。その後7のディスクを入れアップグレードすればXPの環境そのままで7への移行が完了します。あとは7用のドライバやいくつかの未対応アプリを入れ替えればおしまい。たいした手間はかかりません。

今のところ不自由はありません。ちょっと動作が不穏なところもありますが、ゆっくり直していけば安定するでしょう。しかし、今日は寒いです。雪まで積もっています。もう4月なのになんなのでしょうね。明日は満月、これからだんだん天気がよくなって欲しいですね。

| | コメント (2)

2010年3月27日 (土)

物欲再燃

以前はデジカメマニアで毎年1台ずつ買い換えていたものですが、5年くらい前を境にぱったりと止めてしまいました。その辺の推移はこちらを。星用の一眼レフデジカメは買っていますが、あくまでも撮影用機材、性能重視であって、そこにはモノとしての思い入れはありません。思えば止めた頃からカメラマニアとしての物欲をくすぐるような製品がでていなかったと思います。カメラコーナーを覗いても前ほど熱心にさわることはなくなりました。

先日量販店のカメラコーナーで見かけた一台のカメラ、ビビビとくるものがありました。SIGMAのDP2でした。所有欲をそそるデザインもさることながら、スペックを見て仰天。コンパクトでありながら、APS-Cサイズの撮像素子を乗せています。さらにレンズはこの時代に単焦点。これは自称カメラマニアの気を引かないわけはありません。調べると姉妹機に28mm相当のDP1というものもあるんですね。私は広角派なので断然そっちです。近日発売予定のDP1xに照準を合わせました。

Dp1x

しかし、値段はたぶん5万円前後でしょうね。昔は5万6万は平気でデジカメにつぎ込んでいましたが、現在は物欲もデフレでどうもそれだけの金額を出すのに勇気がいります。でも欲しい、欲しいとなるといてもたってもいられなくなる性分です。しかし、最近のデジカメはすごいですね。顔認識は当たり前で顔が笑ったときにシャッターを切るという機能もあるそうで、人間はただ構えるだけですか。なら三脚と同じですね。そこに創造性というものはあるのでしょうか。そういう機能がつき始めた頃からカメラコーナーを覗かなくなったのだと思います。今メインで使っている300万画素のデジカメにこのSIGMAが取って代わる日がくるでしょうか。半年くらい後には手にしている…かもです。

| | コメント (4)

2010年3月25日 (木)

温故知新

天気は悪いし、月は明るいし、このところ星屋としての活動がさっぱりできません。ネタがないときは得意?のPCネタでごまかすしかありません。おもしろいソフトがハードディスクの隅にあったので久しぶりに動かしてみました。

AppleWinというソフトです。Apple //eのエミュレートをしてくれます。こんなマシン見たことも聞いたこともない人がほとんどと思いますが、私には懐かしいマシンです。操作も指が覚えています。

これはビジカルクというエクセルのご先祖さまです。もう30年以上前のソフトですね。

Visicalc

このソフトを使いたいがためにAppleを買う人が殺到したという、パソコン普及に貢献した元祖キラーアプリです。 これがなかったら今日のエクセルもなかったかもしれませんね。当時高かったです。確か10~20万円したと思います。プロテクトがかかっており、簡単にコピーできませんでした。でも私のところでも何本か売れましたね。画面はA列にB列を掛けた答えを下にコピーし、最後に合計したものです。コマンドはだいたいロータス123(これまた懐かしい)に似ているかもしれません。ちなみに、なんとこれはBASICで書かれているんですよね。

これはファイアーオルガンというソフトです。

Fire

スクリーンセイバーの元祖みたいなものでしょうか。キーを押すと違ったパターンが現れます。当時お気に入りで、これをぼーっと眺めているのが好きでした。微妙に色がついているのはビデオメモリの偽色?のようなものを巧みに利用して出しています。ハードがプアーな分、トリッキーな工夫で補ったものでした。

これはお気に入りのゲーム、チョップリフターです。

Chop

敵を倒すというアクションゲームが多い中で、これは敵に捕まった捕虜を救出に行くというゲームです。逃げてくる捕虜の動作がなんともかわいくて感情移入したものです。空の星もまたたくんですよね。よくぞこのローレゾリューションでここまで表現できるのかと関心しました。

AppleWinは10年以上前のソフトですが、まだダウンロードできるみたいです。しかし、ディスクイメージは難しいかもしれないですね。私は昔まだWeb上にあった時代に好きだったものをいくつかダウンロードして取っておいてあります。BASICもあります。AppleでありながらMicrosoft作なんですよね。

Appleについて語り始めるときりがないのでこれくらいでやめます。今やiPhoneなど先進的な技術で世界のトップに立つApple社ですが、こういう昔のものを見るにつけ、やっぱり昔からすごかったなあと思わずにはいられません。

| | コメント (2)

2010年3月21日 (日)

いつかはナナオ

いつかは・・・というキャッチコピーがありました。それが欲しいがために頑張って社会的地位を得たときに手に入れられるもの、みたいな。大げさですが、ナナオのモニターにはそういうイメージを持っていました。なにせ高い。20インチのCRTモニターで30万円くらいしたんでしたっけ。現在でもハイエンドのモニターは20万円くらいします。業務用でとても個人で持つようなものでないと思っていましたが、ここ数年個人向けにちょっと奮発すれば買えるくらいの製品を出し始めました。それでも普通の安いものと比べれば倍以上はします。

パソコンのモニターなんて映ればいい、という人もいます。でも、去年安物モニターを買い、ひどくトーンジャンプを起こすものに当たってしまい、後悔しました。昔からステレオのスピーカーとかヘッドホンとか、出力機器にはこだわってきましたので、モニターもやっぱりどうしてもいいものが欲しくなりました。

先日モニターが壊れたのを機会に買い換えを決心しました。ワイド全盛時代、20インチ程度では小さすぎるので最低でも23インチ以上、色は疑似フルカラーではなく、リアルフルカラーという条件です。ナナオと三菱が候補に挙がりましたが、某価格比較サイトで満足度上位なのと、ブランドイメージを取りナナオに決定。昨日ネットでポチり、今日届きました。

Pict0103

FlexScan EV2334W-Tという商品です。EIZOと呼ぶのは好きでなく、ナナオと呼んでしまいます。ワイドはあまり好きではないのですが、Photoshopで写真とツールが重ならないのはいいですね。23インチですが、あんまり大きいという気がしません。27インチですらこれより1万円安く買える時代ですが、品質のほうを撮りました。心配していたトーンジャンプはありません。グラデーションはなめらかです。カラーマッチングの調整をすると、印刷した色とほぼ同じに表示されます。安物モニターとは一線を画しますね。

思い切って買ったとはいえ、たかが4万円です。しかし同程度のものがこの半額で買える時代、やっぱり思い切らなくては買えません。まあ、昔はMac用にマルチスキャンでない固定解像度の13インチCRTモニターを12万円で買ったことがありますから、それと比べればどうってことないのですが。でも「いつかはナナオ」が実現し、やっぱりうれしいです。

残念なことに処理する写真はまだ当分撮れそうにありません。パソコンも日中は子供に占領されていますので、今のところは子供が喜んでいるだけです。新潟県以外の方はこの新月期の成果があったようですが、新潟県だけ仲間はずれにされているようです。次の新月期こそ晴れて欲しいです。

| | コメント (0)

2010年3月20日 (土)

職場撮り

どうにも晴れ間と相性が悪いみたいで、ここ一週間くらい晴れないことはないみたいなのですが、生活パターンと一致せず撮れない日が続いています。今日も夕方のみ晴れ間がありましたが、薄雲がちですし、月もあります。せめて三日月でもとカメラを向けてみました。

まだ薄明の残る中での撮影です。

Img_1760

ライブビューで見ると結構シンチレーションが悪く、シャープに撮れません。でもISO100で撮れましたのでノイズは少ないですね。60ED+1.4倍テレコンバータ直焦点でノートリミングです。

これは職場の窓から撮りました。階段にCD-1を設置して腰を下ろしながらの撮影です。

Pict0100

CD-1は自宅にあるより職場においてある方が多いです。自宅から撮影に出かけることはほとんどありませんので、仕事帰りに持ち出せるので都合がいいです。しかし、最近楽に星見をすることだけ考えているみたいです。しっかり晴れないとしっかり撮る気にもなれないですね。

| | コメント (0)

2010年3月18日 (木)

ロブスター受難

今、アメリカに滞在している知り合いのかたがロブスターを送ってくださいました。

Pict0090

今度送りますよ~、というメールをもらい、そのうちかと思っていたら2~3日後、送りましたよ~生きているので驚かないでくださいね~、というメールが届きました。ちなみに家内はそういうのダメ。釣ってきた魚がピクリとでも動いたら料理できません。ロブスター君は発砲スチロールのケースの中で元気に動き回っています。家内は恐ろしがってさわろうともしません。う~ん…生きているのだとわかっていたら丁重にお断りしたのに。きっと送ってくれたかたはみんなに送って驚いた反応を楽しんでいるのではないか、と思ってしまいました。

まあしかし、食べないわけにもいきません。家内がやらないなら私がやるしかありません。勇気をふるい料理することにします。メールで送ってもらったレシピによると簡単で、大鍋に7~8cmの深さにお湯を沸騰させ、塩を少々。そこにさっと水で洗ったロブスター君を頭から入れ、ふたをして15~20分ゆでると言うより蒸すといった感じで加熱します。ケースから出したロブスター君は暴れこそしませんが、はさみを広げ威嚇し、その様はザリガニとそっくりです。さて、かわいそうですが、お鍋に入ってもらいます。意外にも中では暴れません。ほぼ瞬時に昇天してしまったのではないかと都合良く解釈します。

20分後の姿です。

Pict0091

味は大変美味。ズワイガニに似ていますが味が濃いです。向こうの人は溶かしバターなどをかけるそうですが、そのままでも十分おいしい。やみつきになりそうです。心が痛むのは鍋に入れる瞬間だけなので、もう平気で料理できそうです。あれだけ怖がっていた家内も、また送ってもらおうか、だそうです。現金なものですね。

| | コメント (0)

2010年3月15日 (月)

スキーに行ってきました

この土曜日、日曜日と泊まりでスキーに行ってきました。グリーンピア津南です。スキー場としてはゲレンデも少ないしまあまあといったところですが、ホテルの前がすぐゲレンデなのと、ホテル内のレジャー施設が充実しているのでうちの家族はよく利用します。天然温泉なのもグッドです。結構うちはスキーの時の天気には恵まれています。それも土曜日は雨か雪なのですが、日曜日は晴れるというパターンが多いです。今回も土曜日はみぞれ風の雪で濃霧の中、罰ゲームかと思われるような苦行のスキーでしたが、翌日は快晴。すばらしい天気でした。

Pict0086

頂上から見た雪原です。こんなところで星を眺めたいですね。実は万が一の晴れを期待して、CD-1とカメラを持ってきましたが、残念ながら明け方まで曇りでした。どこに行こうと星屋であることは忘れません。

Pict0087

子供に合わせ、比較的緩いところだけをのんびりと滑っていました。一度だけ中上級者向けコースに行ったのですが、子供にちょっとかっこいいところを見せようとスピード上げて滑り降りたところ、重い雪に脚を取られ大転倒。後頭部を思い切り打ち付けてしまいました。雪なので頭は大丈夫でしたが、ボキッという音が。どうも首をねんざしたようです。むち打ち症みたいなものでしょうか。ひどい寝違えみたいな感じで未だに首を動かせません。医者に行くべきか、迷っています。しかし、あんなところで前は転ぶことはなかったのですが、老いを確実に感じます。これからはスピード違反しません。

どうもカービングスキーにしてから転びやすくなったような気がします。長いスキーに慣れた世代としては回りやすくなった分どうも安定しなくなったように感じます。でも気のせいなんでしょうね。たぶん私の技量が落ちているのだと思います。寒い時期にはあまりスキーはしない根性なしですが、5月の連休あたり奥只見に行ってみたいですね。 

| | コメント (2)

2010年3月11日 (木)

せっかく…

週間天気予報がはずれ、夕方から晴れの予報です。近場での撮影もさすがに飽きてきたので、暗いところで長めの露光で写してみたいと思い、いつもの村松方面へ出かけました。
出るときもあまり芳しい天気でなかったのですが、着いたところどん曇り。星一つ見えません。しょうがありません。こういう日もあるでしょう。撮影地がもう雪が溶けていることを確認できただけでよしとしてあきらめました。でも「せっかく」時間とガソリン掛けてきたのに…

03112030

さっき空を見上げたら晴れています。満天の星です。いつもはあきらめがつくのですが、今日はなぜか悔しい、とても悔しい。「せっかく行ったのに…」

「せっかく」という言葉がトラウマになっています。小さいとき少ないお小遣いで欲しかったアニメのソノシートを買いました。うれしくてわくわく気分で家に帰ったのですが、どういう訳か途中、自転車の荷台から落っこちてしまいました。戻っていくら探しても見つからず、わんわんと泣きながら帰ってきました。「せっかく買ったのに…」と。

それ以来、楽しみにしていたことがおじゃんになると「せっかく…」という言葉が浮かび、当時の悲しみがよみがえってきます。子供の時に植え付けられた感情って消えないものですね。まあ、星見はこれから春になればまた機会もあるでしょう。空相手ですから仕方がないですね。天気予報は悪い方に外れることもあるし、いい方に外れることもあります。たぶん均等なのでしょうが、悪い方だけがどうしても印象に残ってしまいます。新月期もあと一週間くらいです。やっぱり晴れて欲しいですね。

| | コメント (4)

2010年3月10日 (水)

キリ番記念日

誕生日は普通、特別な日でしょう。でもこの年になると大してめでたくもありません。しかし人間が生きている間、2~3回しか迎えない特別な日があります。生まれてからの日数が万のキリ番を踏んだ日です。こういう日こそ盛大にお祝いしたいですね。ちなみに前回10000日目を迎えたのは27歳の時でした。当時は友達から計算法を聞き、PC-8001のN-BASICでプログラムを組んで調べたと思います。そして、ささやかにお祝いをしたような…気がします。

Birthday

現代はエクセルでしょう。「DATEDIF」関数一発で終わり。瞬時に計算できます。私が20000日のキリ番踏むのは来年の8月1日です。10000日を踏んだ日は次の20000日目なんて想像もできない遙か遠い未来のことでしたが、近づいてくると短いものですね。人生のはかなさを感じます。

ちなみに30000日は2038年12月17日です。私は82歳です。生きているかどうかが微妙ですね。日本で皆既日食が見られた3年後です。夢を果たしてもう旅立っているかもしれません。

| | コメント (0)

2010年3月 9日 (火)

モンスターマシン製作

仕事なんですけど、今すごいパソコンを製作しているところです。パソコンと言うよりワークステーションですね。1個15万円くらいするXeon CPUをデュアルで積み、16スレッドというすごさです。

Task

メモリは24GBです。OSの都合で3GBしか認識しないと思うでしょう。そこで64bit OSかと思いきや、アプリの都合で32bitでないとだめです。しかし、とんでもない技が。Windows Server 2008 Enterpriseというバージョンを使うと32bitであるに関わらず64GBまで認識するんです。ただし、バカ高い。50万円くらいするOSです。

ストレージは極限まで高速化するため32GBのSSD 8台をRAID0で構成し、256GBにしています。

Ssd

私はベンチオタクでないのでどれだけ高速かよくわかりません。そこで自分のいつも使っているパソコンと比較してみました。

Hdd

シーケンシャルリードで20倍、ランダムリードではなんと200倍という結果です。SSDはあまり速くないという認識があったのですが、全く覆されてしまいました。

ただ、このマシン、計算が目的なのでグラフィックス性能はあまり高くありません。5万円くらいのものを使っています。しかし、重い、でかい、うるさい。持つときに腰を悪くしそうです。 OS入れれば1台150万円くらいでしょうか。これを今回2台受注。この不景気にありがたいことです。

ちなみにこのOSをお試しになりたいかたは、マイクロソフトのホームページより無料で体験版がダウンロードできますので、ぜひどうぞ。60日間の期限付きですがリッチな気分に浸れますよ。

| | コメント (2)

2010年3月 8日 (月)

人生は夢?

天気が悪い。満月期では連続晴れ日が続いたのですが、新月期に向かおうとしているこの時期、ずーっと天気は雨や雪マークです。どうもこちら日本海側だけでなく、全国的みたいですね。そんな中、ほぼ瞬間的に晴れ間がありました。

Img_1737

近くの郊外、上堰潟公園(うわせきがたこうえん)というところで撮りました。薄明終了直後の早い時間はまだオリオンも高いですね。雲はたくさん流れていました。東の方が雲は少なかったようですが、まだ雪がありそうで今回はパスしました。

西に傾くオリオンを見ると春を感じます。春と言えば、眠い…。
先月末まで忙しかった仕事もようやく一段落。併せて同じ頃にずーっと頭の中にあったもやもやした気分もなくなったとたん、いきなり眠くなりました。昼間仕事でちょっとソフトのインストールの合間に寝ている。車で出かけても駐車場に着くや寝てしまい、10分くらいほぼ熟睡。休日の朝もはっと気がつくと10時。忙しい頃は何にもしなくても7時前には目が覚めてしまったのですが、なんなのでしょう、この変化は。ちょっと今燃え尽き状態ですが、そういう時って眠くなるものなんですかね。

誰だったかが言っていたと思うのですが、人生そのものが夢なんだと。ほんとかどうかは人生終わってみなければわからないですね。今眠いのは今までが夢だったからだという気もします。覚めたからこそ眠いのかもしれません。

なーんて、つまらないことをふと考えてみましたが、この寒気も過ぎれば春物シーズンですね。熊さんが目覚める前に一度遠征してみたいものです。

| | コメント (2)

2010年3月 5日 (金)

昔のネガを多段階露光

1976年の写真です。

M421976

ふと思いつき、ネガをスキャンするときトーンを変えたものを多段階露光風に処理したらどうなるか試してみました。確かに一定の効果はあるようです。当時のプリントよりも階調が豊かになっています。馬頭星雲もそれなりに写っていますね。

暇があったら昔の写真を撮りだして現代のデジタル処理でどれだけよみがえるか、試すのもおもしろいですね。しかし暇つぶしといってしまえばそれまでです、やっぱり本当に星空を撮りたいですね。 

| | コメント (2)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »