« ブランコ法実践 | トップページ | 恐ろしき地吹雪 »

2010年2月 5日 (金)

雪かきと雪堀り

今朝は驚きました。なんじゃこれは!という感じです。26年ぶりの80cmの積雪だそうです。
車を乗らなければどうってことない雪ですが、現代は車に乗らないと社会が動きません。仕事を休むわけにもいかないので雪いじり仕様に身を固め出かけました。

これは家の前です。これでは車は通れません。十日町にいた頃の道つけを思い出しました。

Pict0061

大通りに出たら大渋滞です。びっしりと車で埋まり、寸分たりとも動きません。

Pict0065

私は車の周りの雪をのけ、なんとか出ることができました。でもこの道は通りたくありません。幸いにして私の職場は市街地と反対方向にあります。でも渋滞には巻き込まれたくないと思い、海外沿いの道を行きました。距離は遠くなりますが、渋滞とは無縁で少し時間がかかったくらいで職場に着きました。

上司がスコップで除雪をしています。私も始めましたが、上司のを見ているといかにも効率が悪そうな除雪をしています。手当たり次第雪をすくっては投げています。ここではたと気づきましたが、まさに雪をかいています。雪かきです、そういえば雪国では雪かきと言う言葉は使いません。雪掘りです。上司は関東の暖かい地方の生まれです。雪かきで除雪ができるのはせいぜい10cmくらいまででしょう。ちょっとしかすくえない上、腕で投げています。これでは疲れます。
雪国ではまず、スコップで持てる重さで大きめに四角に切り、よいしょと持ち上げ腰を使い遠心力で遠くへ飛ばします。さほど疲れず効率よく除雪ができます。まさに掘るという感覚です。あたりまえの除雪方法だと思っていましたが、先日の新聞で同じことが書いてありました。暖冬に慣れきって除雪なんてしたことがない人が増えているんでしょうか。そういえば、道路の除雪が悪いとクレームを入れる市民が多いそうです。自分の家の前くらい自分でやれよ、といいたくなります。
自分が根っからの雪国人間だと思い知らされた一日でした。

|

« ブランコ法実践 | トップページ | 恐ろしき地吹雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まるひさん
大変な大雪ですね。私も雪国育ちですから、まるひさんの一言一言が目に浮かびます。「左、奥、右そして持ち上げて遠心力で飛ばす」リズムが大事で腰で飛ばす。記憶がよみがえってきました。雪からの脱出運転法も懐かしいです。くれぐれも健康にお気をつけください。

投稿: 天狼星 | 2010年2月 6日 (土) 08時27分

2枚目の写真は116号ですね。家内の実家が真砂町ですのでなじみのある風景なのですが、凄い雪ですね。あらためて驚いています。

投稿: 天狼星 | 2010年2月 6日 (土) 09時02分

天狼星さん
雪国の経験が大雪で多少は役に立っているようです。
面倒くさくはあるんですが、ついわくわくしてしまう自分がいます。

116号線、今は西大通りという名前になってしまいました。

投稿: まるひ | 2010年2月 7日 (日) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブランコ法実践 | トップページ | 恐ろしき地吹雪 »