« 雪かきと雪堀り | トップページ | 昔撮ったバーナードループ »

2010年2月 6日 (土)

恐ろしき地吹雪

今日は雪はあまり降らない代わりに強風。こんな乾いた雪の積もった後に風が吹くと地吹雪という現象が起こります。たかが風で雪が飛ばされるだけと侮っちゃいけません。私は雪道はそれほど怖くはないのですが、地吹雪だけは恐ろしいです。近年地吹雪に遭遇したことはなかったので、ちょっと通勤途中で起こりそうなところに行ってみました。

Pict0074

見た目にはそんなに怖いように見えませんね。でも怖いんです。この先につっこむと視界は1m先すら見えなくなります。さらに雪が猛烈な勢いで積もっており吹きだまりができていることがあります。これにつっこんだらおしまい。出るに出られません。まごまごしていると車すら埋もれてしまうほどどんどんあとから積もって脱出は不可能になります。昔、こういう状況で何十台の車が一晩中動けなくなってしまったという話も聞いたことがあります。
この先を突っ切ろうとしましたが、怖くなってバックで引き返しました。後ろにいた宅配便の車もそれを見てか帰って行きました。ちなみに左右に立っているポールはこういう時のための道路境界を示すものです。これを頼りにすれば道から外れることはありません。

回り道して国道に出てみましたらそこも地吹雪。吹きだまりにつっこんでいる車もあります。大渋滞しています。運良く私の車が止まっていたところに迂回できる道があったのでそっちにそれました。人家の脇を通って行くのですが、地吹雪は少しでも障害物があると発生しません。なんとか渋滞を回避して職場に着くことができました。
この国道、地吹雪防止用フェンスがあるのですが、たぶん時々とぎれているところから吹き込む雪で吹きだまりができていたんでしょうね。今回のが相当すごかったのが伺えます。これができて10年くらいですが、初めて役立っているのを見ました。

あと、地吹雪って地面を這うようにして吹き荒れているので、ちょっと背の高いトラックやバスからは全然影響ないんですよね。吹きだまりだけ気をつけていれば普通に走れるんです。たった1mの視界の高さが天国と地獄をわける、不思議な現象です。

---------------------------------------------------

ニュースでやっていましたが、一晩動けない車が続出したのが現実になりました。あの場所はこの写真の少し先です。やっぱり突撃しなくて正解でした。ミイラ取りがミイラになるところでした。職場からの帰りも猛烈でした。できるだけ開けた道を避けてきたのですが、それでも舞い上がる雪で直前を走っている車のテールランプを見失うほどでした。これだけのすさまじさはちょっと経験がありません。粉雪、低温、強風と地吹雪を起こす条件すべてがそろった日でした。

少し地吹雪に対する心構えを
巻き込まれたらどうしようもありませんので、起こりそうなところは通らないことが原則です。広い農道は避け、できるだけ人家などがある集落内の道を選びます。遠回りになっても。前方に吹いていたらつっこまず止まって様子をみます。無理せず引き返すことも大事です。もし先に行く車がいて、通れそうならついて行きましょう。斥候を出すようでちょっとずるいかもしれませんが…そしてとにかくゆっくり。歩くくらいの速度で。ひどい箇所はそんなに長くありませんので落ち着いて進みましょう。吹きだまりがあったら絶対につっこまないように。
これくらいでしょうか。とにかく巻き込まれないようにすることが一番肝心です。

2/7追加

|

« 雪かきと雪堀り | トップページ | 昔撮ったバーナードループ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今回の大雪は大変でしたね。土曜日の帰りに中条で地吹雪にあいましたが、怖かったです。対向車が道路の真ん中を走っていてどうなるかと思いました。
久々に除雪も大変でしたね。日曜は午前新潟の除雪、夜は胎内の除雪でした。

今朝は良く晴れましたが、夜までは続かない見たいですね。でも今週はチャンスがありそうな気がします。冬物を狙えるものあとわずかですから晴れて欲しいですね。

投稿: tantan | 2010年2月 8日 (月) 09時43分

地吹雪も写真で見ると美しいですが、取り込まれたら地獄ですね。なにやら魔性の女のような…こういうのが雪女伝説につながっているのでしょうか。

今日は雨でしたが、むしろこういう雪が最悪です。タイヤを取られて進みません。まあでも気温が高いのでもう少しで溶けるでしょう。それまでの辛抱です。

もう下弦の月も過ぎました。焦ってもしょうがありませんがもったいないですね。今回は本当に冬物は全滅かもしれません。

投稿: まるひ | 2010年2月 8日 (月) 23時37分

ニュースで見ました。大変だったようですね。現場は。
こちらではなかなか遭遇できないので、体験したい気もしますが怖そうですね。

投稿: mexicali | 2010年2月 9日 (火) 07時37分

mexicaliさん
こちらに住んでいてもこれだけすごいのはめったに経験できません。
東北には地吹雪体験ツアーというのがあるそうですね。安全が確保できるのなら一度体験するのもおもしろいかもしれません。

投稿: まるひ | 2010年2月 9日 (火) 18時18分

こんにちは~。
土曜日の晩は私も酷い目に遭いました。帰宅途中に不覚にも吹き溜まりに突っ込んでしまいました。場所は西新潟のゴミ焼却場と新幹線の間の農道です。この写真の近くかもしれません。夜間地吹雪の中での雪堀りは想像以上に大変でした。生命の恐怖を感じるくらいです。掘っても直に埋まってきて一時は自力脱出を諦めかけましたが、雪国新潟生まれの意地で脱出してきました~。危うく新聞記事の一員になるところでした。
今年の雪はもうこれくらいで勘弁して欲しいですね。

投稿: ちーすけ | 2010年2月10日 (水) 18時30分

ちーすけさん、こんばんは
そうだったんですか。それは大変な目にあいましたね。
恐ろしさは実感できます。特に夜なら生命の危機というのも大げさでないですね。
場所もだいたい想像できます。あの写真の先ですね。前日の夜にその辺を通りました。ナビに近道させたらとんでもない農道を案内され、前方に吹きだまりが…危うく帰れなくなるところでした。

投稿: まるひ | 2010年2月11日 (木) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪かきと雪堀り | トップページ | 昔撮ったバーナードループ »