« 晴れないけれど新機材 | トップページ | AT-X 107ファーストライト »

2010年1月17日 (日)

雪をのせ 雲のむこうに しずむ月

久しぶりの晴れ、ともいえないくらいのほんのちょっとの晴れ間です。寒くてあんまり外に出たくないのですが、ちょうど具合良く2階の窓から1.8の月がいい位置に見えていました。
普段車に積みっぱなしのCD-1をたまたま家に持ってきていたので、月では珍しくガイド撮影しました。

Img_1500

mini BORG 60ED+1.6倍テレコンバータ+EOS Kiss X2です。ISO800で8秒露光です。ホワイトバランスをAUTOにしたら、低空で結構赤かったのに白くなっちゃいました。
まじめに細い月を撮ることはあまりないのですが、手軽なポータブル赤道儀のおかげで初めて地球照を明るく撮ることができました。ちょっと露光を試行錯誤しているうちに雲が迫ってきてしまいました。まあ、雲に隠れそうな月もいいものです。
光っている部分をお椀に、地球照を雪に見立ててヘボ俳句です。実際春の三日月はくぼみが上になるので、そこに水がたまるから雨が多いとかいう言い伝えがあります。でも日本の天候と違うので中国だったかもしれませんが。

|

« 晴れないけれど新機材 | トップページ | AT-X 107ファーストライト »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晴れないけれど新機材 | トップページ | AT-X 107ファーストライト »