« これはたぶん安い! | トップページ | X2用外部電源作りました。 »

2009年11月13日 (金)

対日照かなあ?

ここ数日晴れる日がなく、この先も雨マークばかりのなか、今日は午後からやや晴れ。夕方にはほぼ快晴。今日は行けるかな、と思いわくわくして午後7時頃出かけようと思ったらなんと曇天。あきらめようかと思ったのですが、目的地の方角はなんとなく雲が切れている様子。どうせこの先は絶望的なのだからだめもととばかり無謀にも遠征地に出かけました。
まずは手前側の村松の撮影地に行ってみましたが、ほぼ曇天。オリオンあたりがわずかに雲が切れています。もしかしたら東に行けば晴れているのかと、さらに早出のほうに向かいました。予想はあたり、だいたい晴れています。うまいことに今日の目的、対日照のあたりだけ雲がありません。

で、撮ったのがこれです。

Img_1384

EOS Kiss X2 ISO1600 Zenitar 16mm F2.8(F4)で10分1枚です。M45の右側がそれっぽいです。透明度はいいのですが、なにせ雲間です。雲が飛んできたのかなあ、との疑いも消えません。ちなみに下のは雲です。

で、検証のためにもう一枚

Img_1385

こちらは6分2枚のコンポジットです。雲は少ないです。でも同じ光がありますね。

位置的には正しいのか。ステラナビゲータで調べた太陽の位置と正反対の位置はここです。

Photo

ここまで証拠がそろえば対日照だろうと思っていいのでしょうね。でもあれだけ難物と思いこんでいた対象がこんなにも簡単に写ってしまうというのが信じられません。ホントなんですかね。ほっぺをつねりたくなりました。

雲も多く風も強く、こんな日に撮影に出かけたのなんて新潟県内で私だけではないでしょうか。で、写したものがなんだかわからないただの光のシミだなんて、こんな趣味、とうてい一般人には理解できないでしょうね。

|

« これはたぶん安い! | トップページ | X2用外部電源作りました。 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私も昨日久しぶりの晴れマークだったので胎内へ撮影に出ました。私は亀田ですが、新発田以北は快晴でした。
胎内では透明度もよく、対日照が肉眼であっけなく見えていました。星景ねらいなので、赤道儀をもって行かなかったのが残念です。対日照は私の見たところ、おひつじ座のδ星を中心に南北10度東西20度くらいの広がりの楕円形でぼんやりと見えました。明るさはペルセウス座の銀河と同じ位です。
まるひさんの撮られた写真とほぼ一致すると思います。これで私も確信が持てました。写真はさらに西へ細長く伸びているようにも見えますが。(昔の対日照の観測図のように)

投稿: skame | 2009年11月13日 (金) 11時06分

良く写ってますね。先日の早出遠征の際に撮影されたものよりはっきりしていると思います。
空が良かったのでしょうか?X2の性能でしょうか?冬の晴れ間が楽しみですね。

投稿: tantan | 2009年11月13日 (金) 12時21分

skameさん、初めまして。
コメントありがとうございます。
胎内に行かれたんですね。対日照が肉眼で見えたとのこと、すごいですね。私も目をこらしてみたのですが、見えるといえば見えるし、見えないといえば見えないしという感じで確信は持てませんでした。でも写真にはよく写るので驚きました。
確かに黄道に沿って光の帯が伸びているのでこれもそうかな、と思っていたのですがこれも対日照の一部のようですね。
機会がありましたらまた天気のいい日に撮ってみたいです。でも天の川と重なりそうでそろそろだめですかね。
今度ともよろしくお願いします。

投稿: まるひ | 2009年11月13日 (金) 14時38分

tantanさん
夕べは新潟だったんでしょうか。
風がものすごかったですね。カメラが倒れないかと心配になるほどでした。とてもっ直焦点撮影できる日ではありませんでした。
X2のノイズは少ないようです。ISO1600でも使い物になりそうです。
12月いっぱいくらいは遠征地も雪は大丈夫かもしれないですね。しかし、冬は赤物が多くて無改造デジカメでは写す対象がないかもしれません。M45と魔女の横顔、M42意外ときれいに写るかもしれないですね。

投稿: まるひ | 2009年11月13日 (金) 15時17分

写真を見ると、対日照から黄道に沿ってなんとなく淡い明りが連なっているように見えるのですが、気のせいですかね?
プレアデスとヒアデスのラインを目安にすると、ステラナビで引いた直線と写真の光の連なりの方向が全く合致しているように見えるのですが・・・

それにしてもいつもながら黄道、いや行動力抜群ですね~(≧∇≦)

投稿: Rich | 2009年11月13日 (金) 22時15分

Richさん
気のせいではないと思います。
実際黄道に沿って楕円に写るそうですね。私もここまで淡い光が写るとは思ってもいませんでした。
なかなか写らないものを写すという、こういうチャレンジャーな試みが好きです。

投稿: まるひ | 2009年11月13日 (金) 23時52分

まるひさん、こんにちは。
対日照は、条件のよい空の証明書みたいなものですね。
今のデジカメであれば、けっこう写りますが、肉眼でどうかと言われたら、あると思うと、そうかなという感じくらいですかね。
写真では楕円形のしみと黄道にそって、結構細長い光の帯となるように思います。

投稿: NIKON1957 | 2009年11月14日 (土) 09時43分

まるひさん
実は私も今朝(14日夜->15日朝)以前めぼしをつけていた観測地へ行きました。Zenitarで20分露出したのですが、光害や銀河とは別に黄道に沿って結構明るい光が写っています。私の場合、対日照と少し場所が違う気がするのですが、、、それにしても胎内は空が良いんですね

投稿: 天狼星 | 2009年11月15日 (日) 20時11分

NIKON1957さん
やっぱり肉眼で見てみたいものですね。そのためには標高の高いところに行かなければならないんでしょうね。
黄道に沿って伸びているのもそうなんですね。ものすごくいい空ですと黄道光と対日照がつながって見えるそうですが、そんなのを写してみたいものです。

投稿: まるひ | 2009年11月15日 (日) 21時58分

天狼星さん
それほど遠くないところにいい撮影地があるので恵まれていると感じます。この日も出かけたのは夜の8時でした。対日照だけ撮ってそそくさと帰ってきましたが、日が変わる前に帰宅できました。平日は夜更かしできません。CD-1の機動性も役に立っています。設置1分、撤収30秒です。
私はその日、群馬県の榛名湖にいました。すばらしい快晴でしたが、宴会あとですので撮影はさすがにできません。星屋の血が騒ぎ、酔っ払っていましたが外にでてしばらく空を眺めていました。写真を撮ればきっといい対日照が写ったと思います。
天狼星さんの対日照も拝見させてください。

投稿: まるひ | 2009年11月15日 (日) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これはたぶん安い! | トップページ | X2用外部電源作りました。 »