« 今日で3年 | トップページ | Zenitarを魔改造 »

2009年10月29日 (木)

どっちがいい?

先日の遠征時のM31です。

M310910241

60ED+0.85レデューサーです。EOS KissD改ノーフィルター、10分2枚をコンポジットしました。実は4枚の予定だったのですが、またもや謎のCFカードに保存されないというトラブルに見舞われ2枚のみです。
しかし、空がいいと2枚でも十分な感じです。私的には過去のどの光学系より一番よく撮れたと思っています。やっぱり天体写真は空ですね。

しかし、一日眺めていたら気に入らず、画像処理し直してみました。

M310910242

さて、どちらがいいでしょう。前者は中心部をダイナミックに表現していると思います。後者は銀河のトーンが自然なグラデーションになっている感じです。恒星も後者のほうがシャープできれいですね。私はやっぱり後者が好きです。見ていて飽きないM31はこれが初めてです。最近周辺を青く表現するのが流行で、それをならってみようとしたのですがうまいきません。フィルターなんでしょうかね。色には乏しい対象ですが、もう少しカラフルに表現したかったです。

何度もいいますが、やっぱり空がいいと違いますね。今まではいかに空が悪いところで撮った露光不足の画像を持ち上げて喜んでいたかがよくわかります。お気楽とはいえどもたまにはこういう試練?を経ないといい作品はできないですね。

|

« 今日で3年 | トップページ | Zenitarを魔改造 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

私も下の方が好きですね。60mmでこんなに写るのは空が良かった証拠ですね。
周辺が青いのは
ttp://apod.nasa.gov/apod/ap061126.html
この影響ですよね。

この画像での広がり方をみるとM32方向よりM110方向に大きく広がっているようでアマチュアの写真と異なります。私も周辺は均等に広がってしまうので、単なるアーティファクトで、本当の広がりが写っているのではないかも知れないと思っています。

投稿: tantan | 2009年10月31日 (土) 07時14分

過去のM31においてもっとも恒星の数が多いように思います。やっぱり空がよかったんですね。謎のトラブルで2枚失敗したのが惜しまれます。

ここの画像を見ると、私がいつも上を北にしている構図はM31を下から眺めていることになりますね。本当にこんなに広がっているのでしょうか。
向こうの人はこういう色遣いが好きですね。そもそも目に見えないものですから何色にしても勝手と言えばそれまでですが、日本人の感性にはあいません。「DOUDAI SUGEE DAROU!」といっている声が聞こえてきそうで、確かにすごいと思いますが、きれいとは思えません。

投稿: まるひ | 2009年11月 1日 (日) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日で3年 | トップページ | Zenitarを魔改造 »