« たまには読書 | トップページ | クラネタリウム »

2009年9月 5日 (土)

とてもラッキーなこと

とてもラッキーなことがありました。

商売柄、不要になったり壊れて使えなくなったパソコンを引き取ることがあります。たいていは年代物でWindows XPもまともに動かないものとか、本当に壊れて使い物にならないものが多いのですが、先日引き取ったものは、ちょっとこれは!というものでした。

Pict0030

Panasonicのレッツノートです。モバイルパソコンの定番ですが、価格が高いので私の小遣いではとても買えないものです。壊れたパソコンがあるので引き取って欲しい、と言われて伺ったのですが、まず、きれいなレッツノートであることに驚きました。お客様にしてみればパソコンの処分にお金がかかる世の中ですから、タダで引き取ってもらえればラッキーと思ったのだと思います。持ち帰り電源を入れてみました。起動します。しかし、Windowsが立ち上がりません。ハードディスクが壊れていますが、私から見れば壊れているうちに入りません。ハードディスクを交換すればすむことなのですが、確かメーカーに修理に出すと5~6万円くらいかかったかと思います。パソコンによっては簡単に交換できるものもありますが、レッツノートはC難度的に難しく、ハードディスク自身にも手を加えなければだめという代物です。しかし、商売柄、何度かやったことがあります。ちょうど余っているハードディスクもありますし、1時間ほどかけて修理完了です。

さて、OSですが、リカバリCDが付いていなかったのですが、親切にもお客様がWindows XPのパッケージを一緒にくれました。紛失したときに自分で購入したようです。あとはドライバーですが、型番で検索してみるとすべてのドライバーがPanasonicのホームページにありました。すべての機能が順調に動いています。去年買ったネットブックよりもずっと快適です。これは星用にはしません。家でセカンドマシンとして使います。

これは新品で買えば20万円以上するんですよね。パソコンが20万円というのと、星用の機材が20万円というのでは感覚的になにか違います。パソコンならそんなものかと思いますが、星用だと高いなーと感じます。やっぱり趣味性が高いものだとそうなんでしょうかね。

ちょっと自慢げになりましたが、昔からのどから手が出るほど欲しかったのでうれしくて報告します。どうぞ、お許しを。

|

« たまには読書 | トップページ | クラネタリウム »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

まるひさん
これはこれはラッキーですね。羨ましいです。私はY2(古い!!)の中古を7万円で買って使っています。ハードディスクも下の娘のW2と家族共用のY4の2台を交換した経験がありますが結構螺子をはずすんですよね。でも楽勝の部類でしょう。古いVaioもHDDはよく交換しました。それにしてもラッキーでしたね。

投稿: 天狼星 | 2009年9月 7日 (月) 00時18分

天狼星さん
レッツノートは手引きがなければ分解できないです。今はネットで公開されていますのでなんとかなりますが、自分であの分解手順はとても発見できません。それにハードディスクのピンを折るなんてこともよく調べたと思います。先人の方の努力に脱帽します。
天狼星さんはそういうの得意のようですね。Vaioも確か505あたりはかなり難しかったと思います。
デジカメのローパスフィルター除去を自分でやる方もいるようですが、私にはとてもできません。そういう人は尊敬しちゃいます。

投稿: まるひ | 2009年9月 7日 (月) 22時59分

まるひさん
私もネットで調べて交換しました。ネジはガムテープに番号を書いて貼り付けていました。Vaioの505はすごく大変でした。今でも動態保存版が数台ありますが、、、仕事で使うのは、昔はVaioだったのですが今はレッツノートになってしまいましたね。バッテリーの持ちやRGB標準装備等がアドバンテージだった気がします。

投稿: 天狼星 | 2009年9月10日 (木) 00時31分

天狼星さん
505のハードディスク交換をされたとはかなりそちら方面に強いのですね。
A難度がネジ一本で交換できるタイプ
B難度が上ケースを開くだけで交換できるタイプ
C難度が複雑な分解を要するタイプ
と私は勝手に分類しています。
では、ウルトラC難度は何かというとiBookだと私は思っています。一度やりましたが本当に難しいです。2度としたくありません。

投稿: まるひ | 2009年9月10日 (木) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまには読書 | トップページ | クラネタリウム »