« 本当はボツにしたい | トップページ | 曼珠沙華 »

2009年9月21日 (月)

小物ねらい

19日の土曜日はだめでした。20日の日曜日は天気予報では夜曇りだったのですが、まあ何とかなるだろうと楽観的な気分で遠征をしました。時折雲に覆われたりもしましたが、比較的いい天気でいくつかの成果をあげることができました。

Ngc8911

Ngc8912

アンドロメダ座のエッジオン銀河NGC891です。101ED+×0.78レデューサー+EOS Kiss D改、ノーフィルターです。10分×4枚コンポジットしました。ピントは合わせたつもりです。でも少しずれているでしょうか。青滲みも目立ちます。春物を同じ光学系で撮ったときはほとんどにじまなかったのですが、なぜなのでしょう。不思議です。

NGC891は今でこそよく写真で見ますが、昔はまず見ることがありませんでした。撮ってみれば結構よく写ります。エッジオン銀河はNGC4565が有名ですが、これももっとメジャーになっていいと思います。

今後はこういう小さな銀河を撮りたいですね。釣りで言えば小物ですが、釣りと違うのは小物の方が機材が大がかりになるというところですかね。よく見ると数え切れないほどの小さな銀河があふれています。こういう写真を見て宇宙空間の広さに思いをはせるのが好きです。

|

« 本当はボツにしたい | トップページ | 曼珠沙華 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

こちらでは初めまして。
昔雑誌か何かの写真で見たような気がしていたのですが、まるひさんが言うように、やっぱり見てなかったのかもしれません。
確かにこういう小宇宙には興味が尽きませんね。人の撮った写真でもそうなのに、自分で撮ったとしたらなおさらでしょう。
そのうち私もこういうのに挑戦してみたいと思っています。もっとも私は初心者コース(大物?)からの手習いが先ですが・・・(≧∇≦)

投稿: Rich | 2009年9月22日 (火) 05時44分

Richさん、コメントありがとうございます。
たぶんRichさんが見たのはNGC4565ではないでしょうか。昔はエッジオン銀河といえばそれが代表でしたから。
天体写真と一口にいっても赤いものが好きな人もいれば銀河専門の人もいますし、いろいろですね。
でも大物も結構難しいです。撮るのは簡単ですが、満足のいく画像に仕上げるのは小物の比ではありません。人によっては画像処理に何日もかけるそうです。小物のほうが画像処理は簡単…というか手を加えようがない、といったところでしょうか。

投稿: まるひ | 2009年9月22日 (火) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本当はボツにしたい | トップページ | 曼珠沙華 »