« ときどき花屋に | トップページ | カブリ補正 »

2009年7月12日 (日)

日食の影

日食の日が近づいてきました。日食を月から見た場合、小さな影が地球を移動していくのが見えるはずです。地球食といえるのでしょうが、ちょっと見てみたいものです。そんな映像をシミュレーションできるソフトがあります。これはそれを使って7月22日の日食を再現してみたものです。

アメリカのカリーナソフトというところのVOYAGERという天文シミュレーションソフトです。天文シミュレーションソフトでは老舗で20年前にMacintosh Plus用にこれの最初のバージョンが開発されました。当時は3.5インチフロッピー1枚に収まる小ささで、9インチのモノクロ画面に繰り広げられる天体運行に感動したものです。その後カラー化されたりと進化してきましたが、基本コンセプトは変わっておらず、きれいな星空を再現するというより、精密な天体運行シミュレーションに力をおいているようです。国産のステラナビゲータも持っていますが、他の天体から見たシミュレーションはできなかったと思います。VOYAGERはトライアル版でもかなりのことができます。すべて英語ですが、かなりおもしろいソフトですので星マニアの方にはぜひお勧めしたいと思います。

|

« ときどき花屋に | トップページ | カブリ補正 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ときどき花屋に | トップページ | カブリ補正 »