« 時々鉄屋に | トップページ | マルカリアンの鎖を再処理 »

2009年5月 6日 (水)

次に期待

先日の遠征時に撮ったアンタレス周辺です。

Crw_9985

60ED+×0.85レデューサー+EOS Kiss D改で約15分と約10分の2枚をコンポジットしました。雲が出てきて中断でした。全然写らないですね。それにアンタレスの周りは黄色のはずですが、なぜか赤っぽいです。こういう赤、青、黄色が混じっている淡い対象はどう画像処理したらいいのでしょう。難しいですね。次のチャンスにまた再挑戦したいと思います。

|

« 時々鉄屋に | トップページ | マルカリアンの鎖を再処理 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

この日は、これから夏物という時に雲が出て残念でした。
北海道の方がブログに書いてらっしゃいましたが、黄色いところが赤くなるのは高緯度の宿命かもしれないですね。アンタレスの周りは黄色ですが赤い成分は多いようですから、夕焼けと同じ理由で赤くなってしまうのかも知れないですね。私も綺麗な黄色になりません。

投稿: tantan | 2009年5月 7日 (木) 06時20分

去年の作品のほうがはるかによく写っています。カラフルなのに淡いこの対象は画像処理の練習台みたいなものですね。昔はM4が分離して写っただけで大喜びだったのですが、ここにこんな対象がひそんでいるなど、当時考えもしませんでした。

投稿: まるひ | 2009年5月 8日 (金) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時々鉄屋に | トップページ | マルカリアンの鎖を再処理 »