« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月28日 (木)

デジカメトラブル

先週の銀河シリーズのひとこまです。

Crw_0047

実はこれ、失敗です。コンポジットなし、10分1枚撮りです。載せるのやめようかと思ったのですが、狙っていた今週の撮り直しも天気が悪くダメだったのでしかたなく載せます。

10分4枚の予定で撮影したのですが、4枚目の終了時間になってもシャッターが降りる音がしません。あわてて液晶で確認してみると3枚は撮れていましたが、4枚目がありません。電池はあるし、カードが満杯かなと思っていくつか削除して4枚目を撮り直しました。それで4枚撮れていることを確認して家に帰ってからパソコンに転送してみると今度はなんと、はじめに撮れていたはずの3枚がなく、最後の1枚だけしかありません。

こんなことってあるのでしょうか。狐につままれた感じですが、説明がつきません。最初の3枚は撮影した「フリ」をしてカードに記録されていなかったのでしょうか。まー撮り直しが効くとはいえ時間が無駄になるのがなんとも悔しいですね。まあ、M51はシーズンが長いのでまだチャンスはあるでしょう。次は失敗しません。

| | コメント (2)

2009年5月26日 (火)

晴れといっても

これも新発田市遠征のついでに撮ったものです。少し標高がある場所みたいで新発田市方面の夜景がきれいなところでした。20秒23枚を比較明合成しました。

New3

ここ数日晴れの天気予報が続いています。確かに一般人にとっては日も差していますし、雲らしい雲もでていないので晴れなんでしょう。しかし星屋にとってはとても晴れといえる天気ではありません。空は全面もやとも薄雲とも見えるもので被われ真っ白です。これではとても撮影ではありません。天気予報はどうも星屋にはたいした情報は与えてくれないようです。透明度予報とかしてくれないでしょうか。ついでにシーイング予報もしてくれれば今夜はどういう対象をねらえるかとかプランが立てやすいんですけどね。

天気予報的には明日も晴れなので最後のチャンスにかけていますが、どうもダメの様子です。

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

昇る夏の大三角形

先日新発田市まで天の川を撮影に行ったときのひとこまです。

Crw_0030

せっかく風景にこだわってここまできたのに流れてしまっていてはつまらないので、こういうものも撮ってみました。1分5枚を比較明合成しました。コマの間の時間は極力短くしないとだめですね。デジカメの処理時間が間に合いません。結構暗いと思っていたのですが、うっすらと風景も見えています。いっそなら少し月でも出ていた方がよかったかもしれません。肝心の二王子岳は視野から外れてしまっています。ちょっと計算外でした。立つ天の川はちょうどいい位置かもしれません。梅雨の晴れ間に透明度のよい日があったらもう一度きてみたいと思います。

| | コメント (2)

2009年5月24日 (日)

銀河の画像処理とは

NGC4565です。

Ngc4565090520

子供の頃から最も好きな銀河でした。当時の機材では銀河を写してもぼーっとした光芒にしか写らなかった中で、唯一銀河らしい形が簡単に撮れたからかもしれません。しかし、普通に渦巻構造が写せるようになった今、ちょっと物足りなさを感じないわけではありません。

銀河の画像処理をやっていて気づいたことがあります。淡い散光星雲ではレベル調整で飽和レベルを低い方に移動して淡い部分を浮き出させますが、銀河の場合はそれをやっても背景が荒れるだけであまり効果がないことがわかりました。それは控えめにして銀河のマスクを作ってその中だけで処理をするほうがいいみたいです。シャープ処理は大胆にしたほうが構造がくっきり出ていい効果がでるようです。また、カラーバランスは専用コマンドは勘にたよるだけなので使いません。レベル調整でRGBごとに山を一致させるようにするとグラフを見ながらにニュートラルグレイに簡単にできます。ただ、これはステライメージだけでできることかもしれません。

こうして処理した銀河の画像は結構きれいに見えます。割とモノクロに近く、恒星との光度差もあまりないので出来ることかもしれません。まあ、画像処理に熱心なかたにとってはは今更という感じかもしれませんが、画像処理もお気楽な私にとってはちょっとした進歩です。

| | コメント (0)

2009年5月21日 (木)

やっぱり銀河が好き

M81、M82銀河です。

Crw_0043

101ED+×0.78レデューサー+EOS Kiss D改+LPS-P2で撮影しました。ISO800で10分4枚のコンポジットです。遠征はせず少し郊外からです。家から20分足らずのところにこんないい場所があります。さすがに市街地方面の東や南は最悪ですが、天頂から北と西は結構いい空です。ただ、この季節はそろそろイカ釣り船が出ているのか、何もないはずの北がやや明るいです。

77mmと101mmの差は大きいですね。去年までとは格段に違います。オートガイドも安定してきたので、点像にならないということはまずなくなりました。画像処理も総じて上達(?)したということでしょうか。ノイズはだいぶごまかしていますが、こうなると低ノイズデジカメが欲しくなります。M82の赤いガスの噴出を強調しましたが、わかるでしょうか。露光時間が短いのでこんなものですが、雰囲気は出ていると思います。

101EDでの銀河は基本、掲載時はノートリミングで画像の解像度も一定にすることにします。銀河の大きさが比較できると思います。拡大してディテールを出すのもいいですが、所詮101mmで短焦点ですので限度があります。それならば宇宙空間にぽっかり浮かんだ様子を表現するという見せ方もいいでしょう。結構主対象以外に小さな銀河も見つかるので楽しいですね。

| | コメント (6)

2009年5月19日 (火)

夏のはじまり

先日から狙っていた、新発田市で二王子岳をバックにした天の川です。

Crw_0036

EOS Kiss D改+Zenitar 16mmです。F4に絞りました。ISO400で5分4枚コンポジットです。このレンズは安い割に非常にシャープですね。ピント位置は昼間に事前に無限位置を調べておいたため、今回はバッチリ合いました。透明度は大変悪く、薄雲も出ており肉眼ではごくうっすらとしか天の川は見えませんでしたが、なんとか写っています。透明度のよい日でしたらさぞすばらしい写りになっていたと思います。しかし、せっかくの好ロケーションでしたが、二王子だけからやや外れてしまい、全景も余計な林が入ってしまいました。もう少し場所を選べばベストな構図になったことと思います。まあでもガイド撮影では地上風景が流れてしまいますね。本当は前景などどうでもいいのかもしれません。

ここは高原を思わせるような開けた場所なのですが、どこにでも機材を設置できるというわけではありません。また、新発田市に近いこともありやや明るいです。星景以外の撮影にはあまり向かないかもしれません。でも寝転がって天の川を見るには気持ちのいいところです。この夏にもう一度くらいきてみましょうか。

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

モニター交換しました

パソコンのモニターを交換しました。

Pict0061

今までは、安物の横長19インチでしたが、これはスクウェア型の19インチです。実は中古をタダでいただいたものなのですが、あまりに程度がいいので取り替えることにしました。もう6年以上も前の製品で今のものと比べるとでかくて重い。でも大事に使っていたようで、外観はきれいでパネルにもキズ、汚れはありません。色はとてもきれいです。調整しましたら実に色再現性がいいです。モニターは店頭で比較されて選んでもらえるために輝度や彩度をあげて鮮やかに見させているときいたことがあります。そのため、むしろ忠実に作ってあるものは並べると地味に見えるのだそうです。確かに前のはやたらぎらぎらして明るすぎました。これは白も落ち着いていて実に目に優しくきれいに見えます。また、本当のフルカラーなのでグラデーションもなめらかです。若干トーンジャンプはありますが、前のものよりひどくないです。前のは疑似フルカラーだったのかもしれません。一応確認はしたのですが、あの値段で作れるはずはないと思っていました。カタログがウソだったのかもしれません。

半年くらい使った横長画面にようやく慣れたのですが、やっぱりこっちがいいです。子供には不評ですが、文句いわせません。いいもらい物をしました。

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金)

これが撮りたい

この新月期の目標です。

Photo

ここは新潟県新発田市というところの郊外です。背景は二王子岳という標高1420mの春には残雪がひときわ美しい山です。先日のこの辺に山菜採りに来たときよく見渡せる場所を見つけ、ぜひここの横たわる天の川を撮ってみたいと思いました。本当に横たわるのか、ステラナビゲータでシミュレーションしてみました。場所は山菜採りの時に携帯のGPSで確認し、そのデータをステラナビゲータに入力してみました。地形モードをONにしてみると見事に二王子岳の上に横たわります。5月18日23時頃です。この日は天気予報では晴れそうなのでぜひ狙ってみたいものです。

実は今日行こうかと思ったのですが、なんだか薄雲があるようで結局やめました。でもさっき外に出てみましたらきれいな星空です。貴重な晴れ間をちょっともったいないことをしました。来週はぜひ晴れて欲しいものです。

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

なごりの冬物

この新月期は昇る天の川を狙ってみたいと思っています。で、予行演習として近間でとりあえずガイド撮影をしてみました。

Crw_0036

Zenitar 16mm+EOS Kiss D改です。F5.6まで絞ってみました。ややピンぼけです。広角になるとファインダーではピントがつかめません。∞位置はあてにならないようです。昼間に何枚か撮影してテストしてみたいと思います。この日はとても寒く、5月とは思えません。うっかり防寒着を忘れてしまいました。そそくさと機材をセットして露光中はずっと車の中に入っていました。それにしても超広角レンズの時のセッティングは簡単です。適当に極軸を北に向け、適当にキャリブレーションしたフリをして、オートガイドもいらないのでとてもお気楽です。5分もあれば完了です。それで星は十分点像に写ります。

冬の名残の双子座、ぎょしゃ座あたりです。若干まだ薄明が残っていた感じです。5分×4枚コンポジットです。途中雲が出てしまいましたが、テスト撮影なので強行しました。雲もまた演出効果です。ピントをきちんと合わせれば結構シャープに写るのではないかと思います。かなり楽しいレンズです。

| | コメント (4)

2009年5月13日 (水)

遠征のお供になるか

遠征は楽しいものです。前日から遠足気分でわくわくして仕事も手につきません。一人でも幸せなひとときを過ごせますが、友人といっしょならひとしおです。しかし、そんなときでもお酒は飲めません。徹夜です。寝ないわけですから飲酒運転になってしまいます。そんなときにビールの気分を味わえる、こんな商品が発売されました。

Pict0060

アルコール度数完全0%のノンアルコールビールです。今までのノンアルコールビールは0.数%アルコールが入っており、製造時に必ずできるので0%にはできなかったそうですね。これは0%!何杯飲んでも酔えません。夏は特に飲みたくなりますね。ガイド中なにもすることが無いわけですからこれで星空宴会もどきが楽しめそうです。味のほうはどうなのでしょう。まだ飲んでいません。そんなに期待はしていませんが、でもいいんです。気分だけでも味わえれば夏の遠征が数倍楽しくなることでしょう。

| | コメント (2)

2009年5月 9日 (土)

マルカリアンの鎖を再処理

先日のマルカリアンの鎖を再処理しました。

Markarian0904281_2 

マスク処理も行い、ノイズ軽減もしましたので少しは見られるようになったと思います。露光不足は否めませんので荒さは残ってしまいました。マルカリアンの鎖の作品をネットで探してもあまりこれといってすばらしいものが見つからないのはなぜなのでしょう。やはりそれぞれの対象が小さいのと、渦巻きの腕が見えるわけでもないからでしょうか。私は大型銀河を撮った背景に小さく見えている名もない(NGCとかの記号はあるのでしょうが)銀河が好きです。宇宙の広大さを感じさせてくれます。

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

次に期待

先日の遠征時に撮ったアンタレス周辺です。

Crw_9985

60ED+×0.85レデューサー+EOS Kiss D改で約15分と約10分の2枚をコンポジットしました。雲が出てきて中断でした。全然写らないですね。それにアンタレスの周りは黄色のはずですが、なぜか赤っぽいです。こういう赤、青、黄色が混じっている淡い対象はどう画像処理したらいいのでしょう。難しいですね。次のチャンスにまた再挑戦したいと思います。

| | コメント (2)

2009年5月 5日 (火)

時々鉄屋に

GW(NHKはどうして大型連休というのでしょう)は一日ふらっと小ドライブに出るのが恒例になっています。我が新潟県には観光SLが走っていてその気になれば毎週でもその姿を見ることができます。でもなかなかそういう機会もありません。どうせあてもないドライブですので、少し時間をつぶしてくるのを待っていました。

Imgp4917

miniBORG 60ED+×0.85レデューサーにPENTAX *istDSです。天体写真には向かないPENTAXでも一般撮影ではいつも使っています。一番手になじみます。ちょっとロケーションがよくありませんでした。有名スポットではカメラの放列です。

駅で停車している間に先回りして再び撮影です。

Imgp4937

もっと引き寄せたコマもあったのですが、ピンぼけです。移動してくるSLにピントを合わせ続けるのは至難なので、置きピンにするのですが、遠すぎました。夕方の曇り空でしたがBORGは明るいのでよく写りますね。鉄道ファンにもぜひBORGを使ってもらいたいものです。

今回は新たな撮影地の下見も兼ねてきたのですが、いつもの早出ダム近くよりいい場所は見つかりません。新潟はスカイラインが少なく、山に向かっても谷あいしか道がないか、峠の高さも中途半端で木立がじゃまして視界が開けません。その中でこの場所は格別だと思います。これが昼間の風景です。今日撮りました。

Imgp4894

おわかりと思いますが、このブログのタイトル写真を撮った場所もここです。南の暗さはほぼ完璧です。北と西はやや明るいですが、それ以外はかなりいいと思います。入ってくる曲がり角も幹線からはちょっとわかりにくく、なんとなく子供の時の秘密基地めいてわくわくします。道は行き止まりなので車が入ってくる心配もありません。と思っていたら先日の撮影の時一台車が入ってきました。さすがにむこうも驚いたのか、降りて話しかけてきました。ここの田んぼの人で水の状態を見に来たそうです。お米作りも大変なのですね。

| | コメント (2)

2009年5月 4日 (月)

せり上がる天の川

先日の遠征は新潟県の村松の奥、早出ダムの近くです。ここは南の空がとても暗いところです。夜半頃南から北にかけてなにやら白いものが立ち上ってきて、雲の襲来かと思いましたがそれは天の川でした。

Imgp4886

多少山が迫ってきている場所ですが、稜線から昇る天の川をリアルタイムで見るというのは始めてでした。まるで舞台のどん帳が上がるようで迫力あります。Zenitar 16mm+Pentax *istDSです。約50秒を2枚コンポジットしました。今更ですが、PENTAXはノイズが多く天体写真には向かないです。それでもお気楽に星野写真を撮るのは楽しいものです。

このあと実際の雲が押し寄せてくるのですが、光害のない場所では雲は黒いのですね。雲は白いものだとばかり思っていました。星が暗くなって初めて気がつくくらいです。今日山へ山菜採りに行って横たう天の川を撮るのにいい場所を見つけました。ぜひ次の新月期に行ってみたいものです。

| | コメント (2)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »