« 今年の花見 | トップページ | 101ED銀河でファーストライト »

2009年4月21日 (火)

Registax5を使ってみました

Regixtaxがバージョン5にアップグレードされたとの情報を得てダウンロードしてみました。デザインが洗練されています。また、バージョン4までは1000枚くらいまでしかスタックできなかったのがほぼ制限がなくなったようです。いままで1000枚の制限があったのでいちいちカットしなければならなかったのでずいぶん楽になりました。

これがそれを使って処理した月面です。

2

101ED+LV15m+Qcam S7500での拡大撮影です。シーイングはかなり悪かったでした。しかし、北極星が見えない玄関先にしてはほとんど狂いがなくほぼ停止していました。この極軸あわせがいつも再現できればいいのですが。

101EDは星雲で使いたいのになかなか晴れてくれません。私生活においてやっと余裕が出てきたので、いつ晴れてもいいようにスタンバイしているのですが・・・

|

« 今年の花見 | トップページ | 101ED銀河でファーストライト »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

Registax5は枚数制限が無くなったのですね。早速インストールしてみます。

それにしても、お天気は、こちらの都合に合わせてくれませんね。絶好の週末にこれでは、精神衛生上よくありません。何時になったら遠征出来ますかね

投稿: tantan | 2009年4月24日 (金) 18時06分

あまり月や惑星は撮らなくなりました。導入が難しいです。玄関先でお気楽に撮れますが、満足のゆくものを撮るのは簡単ではありませんね。
28日か29日がこの新月期の最後のチャンスですね。逃さないようにしたいと思います。

投稿: まるひ | 2009年4月26日 (日) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の花見 | トップページ | 101ED銀河でファーストライト »