« お正月は暇なので | トップページ | 里雪 山雪 »

2009年1月11日 (日)

露よけグッズ導入

夜露には悩まされることが多く、長時間露光が終わってレンズを見るとガクッとくることがあります。何度もそういう苦い経験をしてもなかなか踏み切れなかった露対策ですが、ようやく買いました。白金懐炉です。最初は店を探しましたが見つかりません。ネットオークションも探してみたのですが結構人気で、定価より高く落札されています。

Pict0042

結局ここのページからネットで買いました。 http://www.hakukin.co.jp/top/index.html 「ハクキンカイロBM」というものです。ちょうどB品が安く出ていたのでガイド鏡用と2個買ってしまいました。BORGも懐炉もB品が好きです。あけてみてまず「ちっちゃ!」と叫ぶほどかわいいです。

Pict0043

写真では大きそうに見えますが、携帯電話より小さいですね。ふたを取るとこんな感じです。

Pict0044

大きめのライターという感じですが、着火はまさにライターのように火花とばして着けます。電池もマッチもいらないのでとても便利です。ベンジンはこうやって入れます。

Pict0045_2

10mlで8時間くらい持ちます。とても経済的です。ほぼ瞬時に暖かくなります。熱量は使い捨てカイロと比較になりません。熱いくらいです。使い捨ては寒いところではまったく使い物になりませんでしたから、これは強い味方です。巾着にいれるとこんな感じでお守り袋より一回り大きいくらいです。

Pict0046_3

望遠鏡にはこんな感じで取り付けます。

Pict0047

百円ショップでリストウォーマーというものを買って、これを2重に折り込んだ中に入れ、鏡筒に巻きました。保温にもなりちょうど具合いいです。中学生の頃は松下の白金懐炉を使っていました。これよりも大きかったですが熱量が高く、一度も露付きしたことはありませんでした。そんなこともあり、私は電気ヒーターより懐炉のほうがなじみがあります。威力を試すべく晴れの日を期待していますが、なかなか難しそうです。連日曇り、雪の日が続いています。

|

« お正月は暇なので | トップページ | 里雪 山雪 »

機材」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 私は天文誌の情報を鵜呑みにして、木炭燃料のものを結構苦労して入手しましたが、てんでダメでした。どう保温しても冷却効果に負けてしまうようです。白金触媒を使用して自作したのですが熱量が大き過ぎて(鏡筒が焦げそうです)改良中です。寒冷地で失火しないのであれば、結局一般的な白金カイロで良かったのですね。(笑)

投稿: quadras | 2009年1月11日 (日) 20時32分

quadransさんは桐灰カイロでしたか。強力そうなんですけどだめだったのでしょうか。白金カイロを自作したというのもすごいですね。HPでもレポートを待っています。私の買ったものは小さいのでちょっと不安になってきました。早く試してみたいです。

投稿: まるひ | 2009年1月12日 (月) 23時29分

究極の結露対策アイテムですね。
いよいよ雪も本格的に降り始めましたが、入学試験シーズンですね。昔、試験会場にベンジンを燃料にする白金カイロを持って行ったことを思い出しました。

投稿: tantan | 2009年1月13日 (火) 08時46分

ヒーターも考えましたが、なんでもかんでもバッテリーに頼るとどんどん機材が重くなりそうでこれにしました。すでに懐かしグッズになっているようです。女房に、貸してあげようか、といったら、そんな面倒くさいのいらない、といわれてしまいました。すでにマニア向け商品ですね。

投稿: まるひ | 2009年1月13日 (火) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お正月は暇なので | トップページ | 里雪 山雪 »