« New撮影地のファーストライト | トップページ | M42本格処理 »

2009年1月31日 (土)

初めての勾玉

初めての勾玉星雲です。

Ic405090128

77ED×.78レデューサ、EOS Kiss D改+LPS-P2で10分4枚コンポジットです。露光が足りないようです。諸先輩がたの作品はもっとくっきり赤が浮かび上がっていますが無理矢理持ち上げても露光が少なければ荒れるだけなのでこれくらいが限界でしょう。きちんとマスクを作って処理すればもう少しきれいに出るのでしょうが、それは次の課題です。しかし、でかいんですね。今まであまり興味のない対象でしたので気にとめなかったのですが、77EDでは一杯です。それにしても構図だけはうまく収まりました。周りに明るい星が多いのでガイドブックを見ながらファインダー見ながら入れたのですが最初にしてはまぐれです。

フラット画像作成用にいいものを見つけました。インクジェットプリンタ用のバックライトフィルムです。以前「なんちゃってティアスター」を作るときに買ったのですが、これを窓に貼って曇り空をバックに撮るとほぼ完全なフラットが得られます。まあ、印刷用ですからわずかのムラもあってはなりませんのでかなりいい半透明素材です。これからのフラット撮影はこれで行こうと思います。

|

« New撮影地のファーストライト | トップページ | M42本格処理 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« New撮影地のファーストライト | トップページ | M42本格処理 »