« ときどき鳥屋に | トップページ | 天気予報あなどれず »

2008年11月20日 (木)

蒸気機関車と呼びたい

先日の記事にSLを撮りたいと書いたらちょっと期待されてしまったので過去に撮った写真を一枚紹介します。磐越西線のばんえつ物語号です。

Imgp0345

実はSLと呼ぶのはあまり好きではありません。昔ながらのマニアはたぶんみんなそう思っていることと思います。まあでも言いやすいので私も普段はSLと呼ぶのですが。35年くらい前は鉄オタさながらに新潟県内のSLを撮り歩いていました。機会がありましたらそのうちご紹介します。

この写真は3年前の春に撮ったものです。場所は新潟県の津川のあたりです。まだBORGユーザーになる前だったので普通のズームレンズです。このときは特に狙っていったわけではなかったのですが、写真撮りにドライブしていたところカメラの放列を見かけたのでSLだなと思ったわけです。私もその中に加わったのですが、待てども待てどもやってきません。隣の人に「何時にくるんですか?」と聞いたところ、時刻表も知らないなんてなんだコイツ・・・、という顔をされながらもあと2時間もあるということを知りました。とても待てないのでそこでの撮影をあきらめ、その辺をぶらぶらして時間をつぶし、ちょうど津川駅を出たところを狙ったのがここです。

名スポットはすごいカメラの放列でしたね。どうも彼らは午前の上りを撮った後で午後の下りが帰ってくるまで半日もずーっと待っているらしいです。私は純粋鉄オタではないのでそこまでする元気はありませんが一度くらいBORGを構えて彼らの中に混じってみたいものです。みんなと違う機材を持っていると微妙な優越感を感じるんですよね。そんな不思議な魅力がBORGにはあります。

|

« ときどき鳥屋に | トップページ | 天気予報あなどれず »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

そういえば、この写真見覚えがあります。ホームページに旅行記と一緒に掲載されてましたね。多分夕日?に染まる機関車と土手の感じが良いですね。私もこんな写真を撮ってみたいです。それにしても月日の流れは本当に早いです。もう3年ですか・・・。昔はスキーが出来る冬が待ち遠しかったのですが、ここ数年寒い冬は億劫になってしまいました。

投稿: tantan | 2008年11月21日 (金) 13時07分

私は忘れていました。自分のHPにアップしてましたね。SL撮るときは待っている時間が楽しいんですよね。向こうから汽笛と煙がやってくるとわくわくします。そのときの感情って子供の時とちっとも変わりません。

投稿: まるひ | 2008年11月21日 (金) 22時39分

素敵な画像をご披露いただき、ありがとうございます。あまり詳しくはないのですが、貴婦人と呼ばれている機種に似ていますね。こんなのがお住まいの近くに走っているのですか?。動いている蒸気機関車は遠い昔の旅先で貨物を引いた現役のものと、京都の梅小路でしかないのですが、スチームとメカニカルな部品の音が聞こえてくるようです。蒸気機関車の凄みはその音と思っているのですが、その思いを巡らせるのに十二分な良い写真ですね。

投稿: quadrans | 2008年11月25日 (火) 19時50分

お詳しいですね。C57は貴婦人と呼ばれています。私も遠い昔梅小路にいったことがあります。そこの「C57 1」は新潟でこの辺を走っていたものです。お召し列車にもなってきれいに磨き上げられた写真がありますよ。

投稿: まるひ | 2008年11月27日 (木) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ときどき鳥屋に | トップページ | 天気予報あなどれず »