« ネズモチ平レポート | トップページ | 竜巻に遭遇 »

2008年10月14日 (火)

ボーグパーツあなどれず

ようやく60EDと45EDが使えるようになりました。今回は60mm延長筒と延長兼マウント用にW台座[7513]を使うことにしました。届いたのでまず、今持っているminiBorg用の鏡筒に付いている台座とW台座を交換しました。あとはヘリコイドや回転装置を取り付け、これで60EDはOKです。ファインダーも取り付けることができます。

さて、45EDの鏡筒用に60mm延長筒とさっき外した台座をつけようとしましたところ・・・つきません。台座のレンズ側はM57ではなくM51でした。台座のレンズ側は鏡筒しか付かないようです。ではM51をM57に変換するアダプタはないものかとカタログを探しましたが、そんな便利なものはありません。結局新しく鏡筒を買うにしても在庫はないし、延長筒と鏡筒バンドを買うしかないようですが高いし・・・困り果ててしまいました。こんなことなら新品の60EDの鏡筒付きを買った方がよかったかな~とか考えながら手持ちのパーツをいたずらに台座に当てていました。そうしたらなんと!!ぴったりはまるパーツがあるではありませんか!ちょうどM51をM57に変換してくれます。何のパーツだろうとカタログを見るとM57→M55AD[7408]です。デジカメ用のアダプタで55mmフィルター経のコンパクトデジカメをカメラアダプタに取り付けるためのパーツです。すでにこの手のデジカメは処分してないので全く遊んでいたものです。カタログ見てもどこにもM51とは書いていません。しかし、M55オスネジの裏にM51メスネジが切ってあります。ネジを切るにもコストがかかるでしょうし、何の目的でこのネジが切ってあるのでしょう。つくづくBorgの汎用性というか先見性をかいま見たような気がします。中川さんがほくそ笑んでいる顔が見えるようです。

ともかくこれで最小コストで目的を果たすことができました。

Pict0122

45EDはガイド専用です。台座の前にミニミニドローチューブを付けピントの粗調整をして、ヘリコイドSで微調整をします。60EDのほうは鏡筒のしゅう動で粗調整をします。どちらもうまい具合に合焦します。

さて、60EDのファーストライトは満月です。

Imgp4616

PENTAX *istDS直焦点です。トリミングしてあります。なかなかシャープだと思います。これで準備は整いました。次の新月期はまだ一度も撮ったことのないオリオンの赤ものをねらってみたいと思います。

|

« ネズモチ平レポート | トップページ | 竜巻に遭遇 »

機材」カテゴリの記事

コメント

51mmネジのパーツがあるのですね。私も探してみます。あると便利だとは思っていました。
良い満月ですね。私も写したかったのですが、真上で窓から撮影出来なかったので止めました。

投稿: tantan | 2008年10月15日 (水) 17時59分

ほかにもM51のパーツはありました。意外とあるようです。結構隠しネジがあるみたいですね。まるでパズルをしているようです。
今日もいい満月です。空もとても澄んでいます。今日が新月ならば逃せないですね。

投稿: まるひ | 2008年10月15日 (水) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネズモチ平レポート | トップページ | 竜巻に遭遇 »