« 素材準備ができました | トップページ | 45ED後継到着 »

2008年10月 7日 (火)

大物ほど難しい

なんとかM31の画像処理ができました。

M310810021

こんなに悩んだのは初めてです。今まではレベルを持ち上げるしか能がありませんでしたが、マスク処理を知ってからはいかにバランスよく濃淡を引き出すかを考え出すときりがありません。どれも正解に見えてどれも失敗に見えてきます。

今回の処理は背景と恒星、M31全体、中心部にマスクを作り、それらいろいろ試行錯誤を重ねました。なかなか諸先輩がたのようにきれいなトーンが出ません。本体部のトーンをいじってもなかなかうまくゆきません。そんなときふと、逆にレベルを下げてみました。これだ、と思いました。露光を十分かけた画像はレベルを上げるよりむしろ抑え気味にした方がきれいに出ます。なんとなく物足りなくはありますが、淡いものは淡いところが美しいものです。結構気に入りました。色調はほどんどいじっていません。何が本当の色かがわからないのであまりいじらないことにしました。残念なのは腕のディテールが出ていないことと、もっと周辺の淡い部分が出ていないことです。まあ、これは露光がまだ足りないのと口径のせいでしょうか。しかし、もっと複雑な処理をすればさらによくなるのでしょう。来シーズンまでこの画像でいろいろ勉強します。

---------------------------------------------------

職場のパソコンでCRTで見ましたが、ちょっと眠いですね。私の液晶だと明るめに映るので、勝手が違います。自宅もCRTに戻したいですがいまさらです。嫌いな仕上げではありませんが、もうちょっとメリハリをきかせてみたいと思います。

|

« 素材準備ができました | トップページ | 45ED後継到着 »

一般写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素材準備ができました | トップページ | 45ED後継到着 »