« 竜巻に遭遇 | トップページ | これでほんとうに最後 »

2008年10月20日 (月)

M31とりあえずこれでおしまい

M31の画像処理はとりあえずこれでおしまいにします。しかし、これで最良とも思っていません。どの仕上げもその時点では満足していますので、いくらやってもきりがありません。きりがないのでどこかで折り合いをつけなければなりません。

M310810021

マスクをいろいろ駆使してこのような画像になりました。しかし、腕の部分は無理矢理持ち上げた感が否めません。やっぱり露光がたりないのでしょうね。また、透明度もでしょうか。やはり天体写真に王道なしで、暗いところで撮るしかないというのを今回でつくづく感じました。いくら光害地でこれだけ写ったぞ、と自慢しても所詮画像処理のなせるワザです。逆に空がよく、たっぷり露光をかけた写真は最小限の処理ですみますので当然画像も荒れません。暗いところに出かけたくなりました。そろそろ撮影期です。今度はもう少し遠くまで足を伸ばしてみようと思います。

|

« 竜巻に遭遇 | トップページ | これでほんとうに最後 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

良い仕上がりですね。最後にSI6でスターシャープを軽くかけると主要な恒星の輝きを回復できますよ。
 私も去年撮影したものを片っ端から再処理しています。見違えるように良くなるので、嬉しい反面、今の時代画像処理無しでは天体写真は出来ないのだなという、むなしさもあります。さすがに画像処理も飽きました。早く撮影したいです。

投稿: tantan | 2008年10月21日 (火) 08時39分

間違いました。
スターエンハンスの方です。

投稿: tantan | 2008年10月21日 (火) 12時33分

昼間改めてみるとちょっといまいちという感もあります。
なんかのっぺりしていますね。以前の記事に書きましたが、どうもこの原因がわかりません。
そういえばちょっと星が寂しいですね。スターエンハンスをやってみたいと思います。

投稿: まるひ | 2008年10月21日 (火) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竜巻に遭遇 | トップページ | これでほんとうに最後 »