« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

新たな撮影地候補?

いつも行く村松のあたりは晴れれば結構いい空なのですが、地形上、雲も出やすいところです。新潟市内は晴れていても向こうに行くにつれ雲がかかってくるということがよくあります。そんなわけで、海岸沿いでいい撮影地はないかと前から思っていました。しかし、都市部近郊ということもあり、暗くていいところがありません。四ツ郷屋浜がいいとの情報もありましたが、それでも割と新潟市の光を受けそうです。なにより浜辺は夜になると意外と車が多くきます。それは絶対にダメです。目をつけたところが角田山の山影。でも山が一気に海に落ち込んでいる地形でなかなか開けたところがありません。シーサイドラインの駐車場は多いですが、夜遊び族の餌食となるそうです。しかし、ありました。元巻原子力発電所の建設予定地。もう建設中止が決定しました。いってみるのは初めてです。

Pict0005

舗装もされています。この写真の場所は立ち入り禁止のロープが張られた中です。車が入ってくることはありません。

Pict0006

こちらは北の方角です。角田山がそびえていますが、もとより新潟市の光害が予想されます。こちら方面は撮影対象外です。南から西は開けていますし、海側ですので光害はありません。旬を過ぎた対象ねらいには絶好だと思います。新潟市や巻の光害は山が遮ってくれるものと期待しています。

Pict0007

この辺に熊は生息していませんのでその心配をする必要もありません。ただ、やはり心配なのは夜遊び族がこないかということです。新潟で有名な心霊スポットもこの辺にあります。私はそっち方面はあんまり怖くないのですが、人は怖いです。車は入ってこられませんが、物珍しげに寄ってこられるといやですね。なかなか完璧な撮影地というのはないものです。ほかの方の撮影地レポートを見ていると結構駐車場脇とかで車も入ってくるところで撮影している方が多いのですが、気にならないのでしょうか。私は気が小さいのでだめです。

なかなか近間の割にはよさそうですが、本当に行くかどうかはわかりません。それ以前に天気が悪すぎます。この新月期は玉砕です。11月末が最後の望みです。あとは新潟は春になるまで期待薄です。高速道路料金が一律1000円になるという案が出ていますが、そうしたら週末は関東に出かけましょうか。

| | コメント (0)

2008年10月28日 (火)

ブログ開設2周年目

そういえば今日でちょうどこのブログを開設して2年目です。全然進歩しませんが、たくさんの人に見ていただき感謝いたします。どうもありがとうございます。

せっかくの新月期なのにとうとう冬モードに入ってしまいました。時雨(しぐれ)模様の天気が続いております。ずっと晴天が続いていたのに、月がなくなり撮影期になったとたんにこれです。あと一週間は晴れマークがありません。月が大きくなり始めた頃ちょっと晴れマークが見えてきます。天が意地悪をしているとしか思えません。晴れの特異日である11月3日に期待をしています。

今日は写真のネタがありません。文字だけです。画像処理の勉強もしなければならないのですが、過去の画像も今見ると恥ずかしきことの数々、とても練習台になるようなものがありません。モチベーションも上がりません。天気に逆らってもしょうがないのでしばらくおとなしくします。スランプなんでしょうか。

話は変わって、胎内市で朱鷺らしい鳥が見られたそうです。ほんとならすごいですね。ここはぜひBorgの出番です。Borgのトピにカワセミを押しのけ朱鷺の写真が載ったらスクープでしょうね。星がだめなら朱鷺でもねらってみましょうか。

| | コメント (3)

2008年10月21日 (火)

これでほんとうに最後

どうものっぺりが気に入らず、なにかいい方法はないかと思い、先日の渦巻きを強調しすぎた写真と合成してみました。

M31

比較(暗)合成です。不透明度を80%にするとやや星が強調されます。原理はよくわかりませんが、ちょうど中間を取ったように階調豊かでかつ、渦巻きも出たと思います。

難しいですね。理論からするといいのか邪道なのかわかりませんが、結果きれいならよしとしたいと思います。たかが趣味です。あまり考えすぎると楽しめなくなりそうです。

| | コメント (0)

2008年10月20日 (月)

M31とりあえずこれでおしまい

M31の画像処理はとりあえずこれでおしまいにします。しかし、これで最良とも思っていません。どの仕上げもその時点では満足していますので、いくらやってもきりがありません。きりがないのでどこかで折り合いをつけなければなりません。

M310810021

マスクをいろいろ駆使してこのような画像になりました。しかし、腕の部分は無理矢理持ち上げた感が否めません。やっぱり露光がたりないのでしょうね。また、透明度もでしょうか。やはり天体写真に王道なしで、暗いところで撮るしかないというのを今回でつくづく感じました。いくら光害地でこれだけ写ったぞ、と自慢しても所詮画像処理のなせるワザです。逆に空がよく、たっぷり露光をかけた写真は最小限の処理ですみますので当然画像も荒れません。暗いところに出かけたくなりました。そろそろ撮影期です。今度はもう少し遠くまで足を伸ばしてみようと思います。

| | コメント (3)

2008年10月15日 (水)

竜巻に遭遇

今日竜巻を見ました。前からすごく見たかったのですが、半世紀生きてきて初めて遭遇しました。

職場を出たときは結構いい天気で風もなく、とても竜巻が発生する天気とは思えませんでした。しかし新潟市の中央部に近づくにつれ、向こうは黒雲で土砂降りの雨が降っている様子がうかがえます。そんな黒雲をバックになにやら遠くに煙のようなものが見えます。最初は稲わらを焼いている煙かな、と思ったのですが、移動しています。よく見ると稲わらが舞い上がっています。これは竜巻だ、とすぐに思いました。とっさにかばんからデジカメを取り出し(携帯電話と同じで常に持ち歩いています)車のウィンドウ越しですが写真を撮りました。

Pict0128

鳥もあわてふためいて飛び回っている様子が見えます。この後車はこの竜巻の中に突入します。ただ、もうだいぶ弱くなっていたようで、ちょっと風が強かったくらいでそれほどではありませんでした。道路は稲わらだらけです。

動画 も短時間ですが撮ることができました。めったに動画は撮らないので、慣れなくて失敗しほんの1~2秒だけですが、静止画よりも数倍臨場感を味わえるものと思います。QuickTime形式ですので、Appleのホームページからダウンロードするか、フリーの再生ソフトをダウンロードしてください。

夜のニュースにも出ていました。発生した時はロート雲がはっきり見えていたようです。見たかった。

| | コメント (5)

2008年10月14日 (火)

ボーグパーツあなどれず

ようやく60EDと45EDが使えるようになりました。今回は60mm延長筒と延長兼マウント用にW台座[7513]を使うことにしました。届いたのでまず、今持っているminiBorg用の鏡筒に付いている台座とW台座を交換しました。あとはヘリコイドや回転装置を取り付け、これで60EDはOKです。ファインダーも取り付けることができます。

さて、45EDの鏡筒用に60mm延長筒とさっき外した台座をつけようとしましたところ・・・つきません。台座のレンズ側はM57ではなくM51でした。台座のレンズ側は鏡筒しか付かないようです。ではM51をM57に変換するアダプタはないものかとカタログを探しましたが、そんな便利なものはありません。結局新しく鏡筒を買うにしても在庫はないし、延長筒と鏡筒バンドを買うしかないようですが高いし・・・困り果ててしまいました。こんなことなら新品の60EDの鏡筒付きを買った方がよかったかな~とか考えながら手持ちのパーツをいたずらに台座に当てていました。そうしたらなんと!!ぴったりはまるパーツがあるではありませんか!ちょうどM51をM57に変換してくれます。何のパーツだろうとカタログを見るとM57→M55AD[7408]です。デジカメ用のアダプタで55mmフィルター経のコンパクトデジカメをカメラアダプタに取り付けるためのパーツです。すでにこの手のデジカメは処分してないので全く遊んでいたものです。カタログ見てもどこにもM51とは書いていません。しかし、M55オスネジの裏にM51メスネジが切ってあります。ネジを切るにもコストがかかるでしょうし、何の目的でこのネジが切ってあるのでしょう。つくづくBorgの汎用性というか先見性をかいま見たような気がします。中川さんがほくそ笑んでいる顔が見えるようです。

ともかくこれで最小コストで目的を果たすことができました。

Pict0122

45EDはガイド専用です。台座の前にミニミニドローチューブを付けピントの粗調整をして、ヘリコイドSで微調整をします。60EDのほうは鏡筒のしゅう動で粗調整をします。どちらもうまい具合に合焦します。

さて、60EDのファーストライトは満月です。

Imgp4616

PENTAX *istDS直焦点です。トリミングしてあります。なかなかシャープだと思います。これで準備は整いました。次の新月期はまだ一度も撮ったことのないオリオンの赤ものをねらってみたいと思います。

| | コメント (2)

2008年10月13日 (月)

ネズモチ平レポート

隠れた名?撮影地なのでしょうか、ネズモチ平というところがいい、という話を耳にしました。場所はここ です。

昨日たまたま魚沼市(旧小出町)で高校の同級生が集まりちょっとした飲み会があったのですが、酔いつぶれて友人宅で泊まった帰り、ちょっと下見にでもと寄ってみることにしました。旧小出町からはR252で約40km、大白川からそれて山道を約10数kmいった先がネズモチ平です。道は途中までは広く快適です。途中立派な宿泊施設もあり、深山とは思えません。しかし、ネズモチ平まであと2kmというところで舗装が切れます。あとは車のすれ違いが困難な細い悪路を上ってゆきます。岩がむき出しのダートで走りにくいです。しかしそこも5分~10分程度でいきなり視界が開けます。

Imgp4600

ここは浅草岳の登山者のための駐車場で、この日が天候もいいことあり、かなりの人が登山準備をしていました。これが浅草岳です。

Imgp4599

ここの標高はナビによると930mです。浅草岳は1583mですので、ほんの直下まできたことになります。やっぱり空の色は濃いです。きっと夜空は暗いものと思います。

Imgp4602

やはり東から南は最高だと推測します。北は新潟市ですので、やや明るいかもしれません。西は魚沼市です。あまり影響はないかもしれませんが多少はあると思います。登山目的で夜間にここに入ってくる車もそうないとは思いますが、ちょっと心配かもしれません。舗装はされていません。私はいつも舗装地にしか機材を設置しないのですが、板とかなにか敷いた方がいいみたいです。携帯はR252からここまでの一部で圏外でしたが、ここはアンテナ3本立っています。トイレは完備、水はちょっと確認わすれました。

さて、実際にここにくることがあるかどうか・・・それはわかりません。大白川のあたりはどこで撮ってもたぶんすばらしい夜空なのでしょう。できるだけ標高が高い方がいいのであればここでしょうが、私は撮影中に車に入ってこられるのがいやなのでちょっと道からそれたところを探したいです。大原スキー場の上あたりがもしかしたら私には適しているかもしれません。

| | コメント (2)

2008年10月10日 (金)

渦巻きを強調

先日のM31を再処理しました。

M3108100212

さすがに先日のは眠すぎました。周辺のレベルを上げ、アンシャープマスクで腕を強調してみました。一連の作業はステライメージで行いました。やっぱり天体写真用に特化されていますのでやりやすいです。tantanさんから教えていただいたツールを試してみましたが、かなりコントラストも上がってしまうので階調豊かな仕上がりにできませんでした。使い方を研究してみます。私の液晶ではやや明るめですが、少し暗めの職場のCRTで見るとたぶんきれいだと思います。万人向けの仕上げは難しいです。

まだマスク処理をマスターしていませんが、また新たな技術を習得したら再々処理してみます。

| | コメント (2)

2008年10月 8日 (水)

45ED後継到着

先日私の不注意により重傷を負った45ED対物レンズの後釜にするべく60EDの中古を手に入れました。

Pict0105

オークションです。やっぱりこの手の商品は人気が高く、もう少しでB品が買えるくらいの価格まで上昇しました。しかし、60EDの対物レンズのみはどこも在庫がないようですし、B品あてにしていたらいつになるかわかりません。本気モードで入札しました。ときどき欲しそうなパーツがあるとチェックするのですが、ボーグパーツは人気が高く、本当に欲しいもの以外はちょっとせり上がったらあきらめていました。今回は絶対に競り落とす覚悟で臨みました。終了間際に現在価格より高値を付けると時間延長されるしくみなので、相手がギブアップするまであげなければならなく結構ストレスです。しかし、みんな相場がわかっているらしく、結局適正な価格で落ち着きます。

品物は結構きれいです。レンズにも目立ったよごれ、キズは見あたりません。いい買い物をしたと思います。45EDⅡなら新品でも鏡筒付きで買える値段ですが、また同じもの買ってもつまらないのでグレードアップしました。割れた45EDはガイド鏡になら十分使えますし、キズの部分を黒い紙で覆って太陽用にもするつもりです。まだまだ活躍してもらいます。そうすると60ED用の鏡筒を用意しなければなりません。しゅう動しない延長筒でつなげようかと思います。次の新月期までまだ時間がありますので、組み合わせ考えるのも楽しみのひとつです。

| | コメント (4)

2008年10月 7日 (火)

大物ほど難しい

なんとかM31の画像処理ができました。

M310810021

こんなに悩んだのは初めてです。今まではレベルを持ち上げるしか能がありませんでしたが、マスク処理を知ってからはいかにバランスよく濃淡を引き出すかを考え出すときりがありません。どれも正解に見えてどれも失敗に見えてきます。

今回の処理は背景と恒星、M31全体、中心部にマスクを作り、それらいろいろ試行錯誤を重ねました。なかなか諸先輩がたのようにきれいなトーンが出ません。本体部のトーンをいじってもなかなかうまくゆきません。そんなときふと、逆にレベルを下げてみました。これだ、と思いました。露光を十分かけた画像はレベルを上げるよりむしろ抑え気味にした方がきれいに出ます。なんとなく物足りなくはありますが、淡いものは淡いところが美しいものです。結構気に入りました。色調はほどんどいじっていません。何が本当の色かがわからないのであまりいじらないことにしました。残念なのは腕のディテールが出ていないことと、もっと周辺の淡い部分が出ていないことです。まあ、これは露光がまだ足りないのと口径のせいでしょうか。しかし、もっと複雑な処理をすればさらによくなるのでしょう。来シーズンまでこの画像でいろいろ勉強します。

---------------------------------------------------

職場のパソコンでCRTで見ましたが、ちょっと眠いですね。私の液晶だと明るめに映るので、勝手が違います。自宅もCRTに戻したいですがいまさらです。嫌いな仕上げではありませんが、もうちょっとメリハリをきかせてみたいと思います。

| | コメント (0)

2008年10月 5日 (日)

素材準備ができました

さて、2日の主菜であるM31の下ごしらえができました。77ED+×0.78レデューサで10分4枚+5分4枚のコンポジットです。同じ露光時間のものはトーナメントで加算平均、それを加算しました。その後デジタル現像です。なお、ベイヤー時にフラット補正をしてあります。今回のフラット画像は鏡筒の先にティッシュをつけ、曇り空を撮りました。ほぼうまくいったようです。液晶画面を撮る方法はムラがでます。私のモニタが安物だからでしょうか。ここまでも処理はステライメージ6を使いました。

Crw_9591

さて、これをどう料理しましょうか。自分ながらいい素材だと思います。ちょっと時間をかけるつもりなのであえて先に処理前画像をアップします。結果は1~2日後!

| | コメント (7)

2008年10月 4日 (土)

NGC253を強拡大

秋物の定番、NGC253です。

Ngc253081002

小さくまとまっていて、あまり光度差もないので画像処理はそれほど複雑にしません。これはステライメージだけで行いました。結構微細構造があるのでそれを何とか出したいと思いましたので、マスクをかけアンシャープマスクを効かせました。ピクセル等倍ですが、口径の限界でしょうか。今度は20cmで写してみたいと思います。シンチレーションがすごかったですね。去年のほうがいいみたいです。昇るオリオン座がまるでクリスマスのイルミネーションのように点滅していました。

前日作った対象確認アダプタを使いました。劇的にフレーミングが楽ですね。前はM51を撮ったとき1時間かけても入れられないことがありましたが、これだとものの1分かかりません。500円で作ったものがこんなに役立つとは思いませんでした。ただ、ドンピシャで真ん中には入れられませんでしたが、今度は十字線入りのアイピース使ってみます。

| | コメント (0)

2008年10月 3日 (金)

15分露光に挑戦

2日は本当に久しぶりの晴天でした。月がない夜ではまる2ヶ月ぶりでしょうか。今日逃したら明日晴れる保証もありません。平日でしたが半分徹夜の覚悟で遠征しました。

この秋の目標であるM33です。

M33081002

いまだ最長露光は10分でした。M33は淡く広がる銀河ですので、長時間露光したいと思い15分に挑戦です。

77ED+×.78レデューサ+KISS D改ノーフィルターで15分×4枚です。最も初期型のEOSですが、15分は可能のようです。あまりかぶりはありません。ただ、ガイドはやや流れています。すべてのコマで同じ方向に流れていますので、どこか強度不足なのでしょうか。15分露光だといろいろな障害も目に付いてきます。

処理前の画像はこちらです。

M33

コンポジットしてフラットまでしたところです。フラットはまだインチキですが、気持ち、効果が出ていると思います。これだけでも十分見れますね。やっぱり天体写真はたっぷり露光をかけるのが王道であることは変わりありません。画像処理次第でまだまだよくなると思います。また進歩したら公開します。

この日は村松まで遠征しました。やっぱり暗いところだと俄然撮る気になれます。去年から今まで撮影していた駐車場はやめました。時々車が入ってくるし、先客がいることもあるし、ストレスがかかります。細い道からさらにダートで奥に入った橋の上で撮影しています。ここならまず車は入ってきません。近くを通る車のヘッドライトを浴びることもありません。山までは少し距離があるので熊もここまではこないでしょう。きても近づく前に気がつくので車に避難できると思います。ということでとても落ち着く撮影場所です。北と西は結構明るいですが、旬の東と南は暗いので問題ありません。付いてから飲み物を買うのを忘れたのに気づき、自販を探しに戻ったのですが、ありません。5分も戻ってようやく見つけました。今の日本で車で5分圏内に自販がないところがあろうとは思ってもいませんでした。文明に慣れ過ぎちゃっていますね。

| | コメント (2)

2008年10月 1日 (水)

対象確認アダプタ作りました

撮影していてかなり不便なのがフレーミングです。M31とかM45とかカメラファインダーからでも見える対象ならばいいのですが、M101とか暗い上に目立つ星も近くにない対象は真ん中に入れるのにも一苦労です。

そんなわけで対象確認アダプタが欲しかったのですが、いいものですと数万円もします。それはとても買えません。某三重の望遠鏡ショップのが4千円と安いので買っちゃおうかなと思いホームページまで行きました。しかし、写真をよく見ると、レンズマウントキャップにアイピースアダプタを付けただけではありませんか。これなら作れると思い、早速カメラ店からマウントキャップを買ってきました。手持ちのBorgパーツプラ延長筒[4611]をはめ込めばちょうど具合良さそうです。ドリルで穴を開け、ヤスリで穴を調整してうまい具合にきっちりはまりました。この手の工作は苦手なのですが今日は決まりました。

Pict0096

こんな感じですね。

Pict0095

アイピースを付けたところです。ピントはしゅう動で合わせます。たぶん合うはずです。これで合わなかったらお笑いですが、明日にでも試してみます。今日は予報に反して晴れませんでした。明日か明後日はなんとか晴れる様子ですが、もうあまり過大な期待はしないことにします。それにしても今年は稼働日が少ないです。

| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »