« 対象確認アダプタ作りました | トップページ | NGC253を強拡大 »

2008年10月 3日 (金)

15分露光に挑戦

2日は本当に久しぶりの晴天でした。月がない夜ではまる2ヶ月ぶりでしょうか。今日逃したら明日晴れる保証もありません。平日でしたが半分徹夜の覚悟で遠征しました。

この秋の目標であるM33です。

M33081002

いまだ最長露光は10分でした。M33は淡く広がる銀河ですので、長時間露光したいと思い15分に挑戦です。

77ED+×.78レデューサ+KISS D改ノーフィルターで15分×4枚です。最も初期型のEOSですが、15分は可能のようです。あまりかぶりはありません。ただ、ガイドはやや流れています。すべてのコマで同じ方向に流れていますので、どこか強度不足なのでしょうか。15分露光だといろいろな障害も目に付いてきます。

処理前の画像はこちらです。

M33

コンポジットしてフラットまでしたところです。フラットはまだインチキですが、気持ち、効果が出ていると思います。これだけでも十分見れますね。やっぱり天体写真はたっぷり露光をかけるのが王道であることは変わりありません。画像処理次第でまだまだよくなると思います。また進歩したら公開します。

この日は村松まで遠征しました。やっぱり暗いところだと俄然撮る気になれます。去年から今まで撮影していた駐車場はやめました。時々車が入ってくるし、先客がいることもあるし、ストレスがかかります。細い道からさらにダートで奥に入った橋の上で撮影しています。ここならまず車は入ってきません。近くを通る車のヘッドライトを浴びることもありません。山までは少し距離があるので熊もここまではこないでしょう。きても近づく前に気がつくので車に避難できると思います。ということでとても落ち着く撮影場所です。北と西は結構明るいですが、旬の東と南は暗いので問題ありません。付いてから飲み物を買うのを忘れたのに気づき、自販を探しに戻ったのですが、ありません。5分も戻ってようやく見つけました。今の日本で車で5分圏内に自販がないところがあろうとは思ってもいませんでした。文明に慣れ過ぎちゃっていますね。

|

« 対象確認アダプタ作りました | トップページ | NGC253を強拡大 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

これは良い写りですね。2日の夜が素晴らしい空だったことがうかがい知れます。画像処理も良い感じですね。お困りだった青ハロもかなり軽減されているようですし、周辺星像も良いですね。
 オートガイドですが、PHDですよね?グラフではどんな感じでした?スカイエクスプローラーにバックスラッシュ補正があるようなら調整してみてはいかがでしょう?スカイセンサーでは季節の変わり目の必須調整項目です。

投稿: tantan | 2008年10月 4日 (土) 06時59分

やはりたっぷり露光をかけると処理も楽です。周辺はもっと強調できますが、淡いものは淡いところに美しさがあるという理念(偉そうですが)であまり強調しない仕上げにしました。
PHDでグラフが見れるんですか。デフォルトの設定で使っているだけなので知りませんでした。勉強しててみます。このくらいの露光時間になるとバックラッシュとか、ピリオディックモーションとか考えなければならないでしょうか。
ガイド失敗の原因はどうも視野回転ではないかと思っています。ちょっと離れたさんかく座の頂点の星でガイドしましたので。少し高感度のCCDカメラが欲しくなりました。

投稿: まるひ | 2008年10月 4日 (土) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対象確認アダプタ作りました | トップページ | NGC253を強拡大 »