« シーズンに先駆けて | トップページ | なおもしつこくM31再処理 »

2008年9月23日 (火)

振り回されました

今日の天気予報は午後から晴れ。明日は休みだし、それを信じて会社帰りに撮影に出かけようかと機材を積み込んで出勤しまいした。しかしなかなか雲は取れません。でも夕方頃には上空は快晴になりました。遠征方面は入道雲だったのでそっちはあきらめ郊外で撮ることにしました。

最近は遠征が多いので、やっぱり新潟市内は明るさが目立ちます。風も不快なくらい湿っていて露付き必須のようです。そんなことで着いたのはいいけれど機材を設営する気が起きません。気分を奮い立たせ、なんとか設営したのですが、雲がどんどんわいてきました。こっちの動きを読んでいるかのごとく、カメラを向けた方に雲が流れてきます。なんとか1枚だけ撮ったM31です。

Crw_9589

この間買ったコンパクトフラッシュのテストと、77EDと[7885] ×0.85レデューサーのチェックと割り切り構図もいい加減、2分1枚だけで打ち切りました。

7885と77EDはあまり相性よくないようです。周辺の星像は改善されません。まあ、これがわかっただけでもよしとします。

これを撮って機材を撤収し、帰途に付く途中、雨が降り出してきました。降水確率は確か10%だったはずです。星見帰りに雨に降られることは初めてです。やっぱり高気圧が日本の真上にいるようは気圧配置でないと何が降るかわからないですね。天気予報は当てになりません。肝に銘じておきます。

|

« シーズンに先駆けて | トップページ | なおもしつこくM31再処理 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シーズンに先駆けて | トップページ | なおもしつこくM31再処理 »