« 謎のロケット | トップページ | 球状星団 »

2008年5月25日 (日)

いまさらバラを再処理

いまさらですが、バラ星雲を再処理してみました。

Bara2

はじめに画像処理したときの写真はこれです

今回、ステライメージ6を初めて使ってみました。まだ特にこのバージョンでの目新しい機能は使っていないのですが、一緒に買った公式ガイドブックに載っていたデジカメでのLRGB合成というものをやってみました。「なんちゃってLRGB合成」というべきかもしれませんが、効果は絶大です。赤い散光星雲は処理は強調するとどうしても赤がどぎつくなってしまいノイズっぽくなりますが、この方法ですと赤を強調しすぎることなく星雲を階調豊かに出すことができます。

赤物は色が不満であまり好きな対象ではなかったのですが、これならおもしろそうです。過去の画像ももう一度処理してみます。

しかし、今までいい天気が続いていたのですが、満月を過ぎたら急に雨がちになってしまいました。どうにも意地悪な天気です。このまま梅雨に突入でしょうか。

|

« 謎のロケット | トップページ | 球状星団 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

このブログを読んで、早速、私も試してみました。モノクロ冷却CCDを使う時のカラー合成ですよね。暗めでしつこいカラー画像は作れるのですが、モノクロ画像の画像処理の加減が上手くいきません。合成すると白が強すぎて色がうまくのりません。この方法を使うと綺麗な色彩の恒星を表現できそうな気がするのですが、簡単には行きませんね。

投稿: tantan | 2008年5月25日 (日) 14時12分

過去のほかの対象でも試してみました。今日は満足な結果が得られなかったので、また試してみます。なかなか難しいですね。
しかし、赤い散光星雲にはなかなか効きます。晴れない日の楽しみができました。

投稿: まるひ | 2008年5月25日 (日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謎のロケット | トップページ | 球状星団 »