« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月29日 (木)

日本海の妖しい光

今日はとても透明度のよい空です。これで快晴、休日前ならばずっと山奥まで行って夏の天の川の先撮りをするところですが、あいにく雲量やや多く、明日は仕事です。週末はだめのようです。残念。

帰宅時に日本海側が異様に明るいことに気がつきました。

Pict0010

minlta DiMADE Xt で4枚コンポジットです。天体写真みたいな処理です。

街があるわけではありません。佐渡は遠すぎます。まあ、季節柄イカ釣り船であることは想像がつきます。なんでも宇宙からでも見えるそうで、最初はNASAも不思議がったそうです。近年は上空に光を漏らさないうようになってきているとのことですが、これはひどいですね。雲まではっきりと照らしています。まあ、あっちには撮影対象はありませんのでいいのですが。

もうすぐこちらも梅雨でしょう。梅雨の間にいちどくらい晴れてくれないでしょうか。梅雨の晴れ間の空は透明度が高いので期待しています。

| | コメント (0)

夜空のふくろう

M97ふくろう星雲です。

M97080527

5分×4枚コンポジットです。R200SS+1.9倍エクステンダーをつけて1520mmです。よく写ると言われているようですが、露光が全然足りずノイズっぽくなってしまいました。惑星状星雲とはいえ、暗い方に入り、十分露光しなければならないようです。

長焦点ですがこれはなぜかガイドがうまく行きました。ほぼ点像です。いつもこんなにうまくゆくといいのですが。

SE2の導入精度はあまりよくありません。アライメントがうまく取れなかったのかもしれませんが、全然外れていました。近くの既知の恒星を導入して、ずれ具合を見て目測で導入し何とか入ってくれました。こういうところで無駄に時間を取ってしまいます。

USBのインターバルタイマーが動作しませんでした。時々こういうトラブルがあります。仕方がないので手動でシャッターを切りました。普通なら放っておいて車の中でワンセグテレビでも見ていればいいのですが、タイマーとにらめっこです。便利さになれてしまうと横着になりますね。

| | コメント (2)

2008年5月28日 (水)

球状星団

満月後にようやく晴れました。しかし平日ですのであまり遅くまで撮影できません。今日は近間にしました。光害地なので暗い星雲は撮れません。あまり光害の影響を受けないM13にしてみました。

M13080527

R200SSで5分×2枚+3分×2枚+1分×2枚です。明るい対象とはいえ、もう少し露光をかけた方がいいみたいです。ブレています。エクステンダーをつけたので、焦点距離は1000mmを超えていると思います。やはり架台が持たないような気がします。これだけ大きい筒だとEQ6クラスでないとだめなのでしょうか。

球状星団はピントぴったり、完全点像でないとまったく見栄えがしません。画像処理でどうなるものでもないですし、ガイド精度が如実にでる対象です。

夏物は短焦点ねらいのものが多いので、R200SSはしばらくお休みしましょうか。また45EDの出番かもしれません。

| | コメント (2)

2008年5月25日 (日)

いまさらバラを再処理

いまさらですが、バラ星雲を再処理してみました。

Bara2

はじめに画像処理したときの写真はこれです

今回、ステライメージ6を初めて使ってみました。まだ特にこのバージョンでの目新しい機能は使っていないのですが、一緒に買った公式ガイドブックに載っていたデジカメでのLRGB合成というものをやってみました。「なんちゃってLRGB合成」というべきかもしれませんが、効果は絶大です。赤い散光星雲は処理は強調するとどうしても赤がどぎつくなってしまいノイズっぽくなりますが、この方法ですと赤を強調しすぎることなく星雲を階調豊かに出すことができます。

赤物は色が不満であまり好きな対象ではなかったのですが、これならおもしろそうです。過去の画像ももう一度処理してみます。

しかし、今までいい天気が続いていたのですが、満月を過ぎたら急に雨がちになってしまいました。どうにも意地悪な天気です。このまま梅雨に突入でしょうか。

| | コメント (2)

2008年5月18日 (日)

謎のロケット

職場の近くの空き地に謎のロケットが置いてあります。

Pict0118

私はあまり詳しくはありませんが、たぶんタイタンではないかと思われます。前は司令船も一緒に置いてありましたが、いつの間にかなくなってしまいました。

何のために置いてあるのか・・・謎です。

| | コメント (2)

2008年5月12日 (月)

庭先観望

我が家の庭で唯一北極星が見える場所にいままで梅の木があって望遠鏡を設置できなかったのですが、この間意を決して切りました。

まあ、もともと日当たりが悪く植えてから20年もたつのにまともに花が咲いたことがない木でしたからいつか切ろうと思っていたのですが、今までなかなか決心がつきませんでした。ちょっと木にはかわいそうでしたがすっきりして望遠鏡も置けるようになりました。

Pict0115

物干竿が生活感を物語っています。じゃまですがどかすと怒られます。右の夾竹桃の木は逆に日当たりが良すぎ育ちほうだいだったので庭が暗くなり視界も遮っていたのでこれもばっさり枝を切りました。おかげで東の視界がよくなりました。

天頂付近に月が見えていましたので撮ってみました。

Imgp4252

家の谷間で視界はごくわずかですが、東と天頂付近はなんとか見えます。とはいえ、光害地なので普段はとても撮影できる環境ではありません。透明度がいい日に夜中頃、惑星状星雲や球状星団を撮るくらいしかできないでしょう。それでもいろいろな事情で遠征できない日には楽しめそうです。今日も空はとてもよかったのでM13を眺めてみました。しかし23時を回っていたので機材を出すのが面倒で撮影には至りませんでした。庭先とはいえ、オートガイド装備を出すのは骨が折れます。

| | コメント (5)

2008年5月 8日 (木)

北斗星ツアーその3

遅ればせながら4月28日撮影です。M81とM82です。

Crw_9408

あえて赤っぽくしたことでM82から噴出するガスを表現しようとしました。まあ、普通の色にしたよりは何となく出ているように見えます。空の状態は最悪で、光害地でしたがよく写ったと思います。さすが、大型星雲です。

北斗星ツアーはこれで終わりです。このあたりは対象が多いですね。ふくろう星雲はまだ撮ったことがありませんが、これは来年以降です。まだ小型の対象を撮るまでの余裕がありません。

| | コメント (2)

2008年5月 4日 (日)

春スキー満喫

今日は息子と二人で奥只見へ春スキーに行ってきました。これ以上ないくらいの快晴です。

Pict0106

スキー場頂上から見た風景です。尾瀬の燧ヶ岳がこんなに近くに見えます。この山は新潟市からでも見えるんですよね。

とても暑く、トレーナーだけで滑りました。頂上で飲む雪で冷やしたノーアルコールビールは格別です。

Pict0114

しかし、空が真っ青です。ここで一晩星を見られたらどんなにかいいだろうとスキーをしながらそればかり考えていました。標高の高いところは違いますね。夏に一度くらい来てみたいものです。

| | コメント (2)

2008年5月 3日 (土)

お気楽に回帰

今日は昨日までの霞んだ空とは打って変わって澄み切った青空になりました。風が霞を飛ばしてくれたようです。連休中ですし新月期です、さて遠征でも・・・と思いきや家族サービスもおろそかにはできません。明日は早起きしてスキーにゆくことになっています。でもせっかくの好条件ですし、もったいないと思い近くの郊外に0時前までに帰ってくるつもりで出かけました。

オートガイドの機材を積むのは大変ですし、短時間でセッティングもできないので45EDでノータッチというお気楽路線に回帰することにしました。機材の量は激減です。パソコン、バッテリー、ガイド鏡、バランスウェイトがいりませんので身軽です。

しかし、やや霞んできたのか天頂付近も結構明るいです。まず5分露光してみましたが、流れます。調整する時間もないので3分に減らすことにしました。それで撮ったのがこれです。

Crw_9447

マルカリアンの鎖付近です。45EDにAC3クローズアップレンズをつけました。広角気味なのであてづっぽうでもほぼ入ってくれました。 しかし流れています。やっぱり250mm程度でもガイドは必須ですね。ノータッチガイドというのはギャンブルです。うまくゆかなくてあたりまえ、うまくいってラッキー、という感じです。4枚をコンポジットしたのですが、ごまかしています。ちょっと邪道なやりかたです。なんとなくチェーンになっているのがわかる程度です。やっぱりまじめにやらないとだめですね。それにしても最近いつもゆく郊外が前より明るくなったような気がします。もやのせいなのかもしれませんが、やっぱり暗いところに行かないとちゃんとした写真は撮れませんね。

| | コメント (2)

2008年5月 2日 (金)

北斗星ツアーその2

M101です。

M101080428

一ヶ月前にも撮りました。空の状態が悪く、明るかったのですがそれでも20cmと77mmではその差歴然ですね。ディテールの写りが違います。5分×4枚ですがガイドは今まででもっともうまく行きました。一ヶ月の進歩は大きいです。

しかし淡いですね。同じ日に撮ったM51と比べると違いがよくわかります。また、M51が男性的なのと比較してこちらは女性的な美しさがあります。何度撮ってもあきません。難しい分だけ次はもっとよく撮ろうという気にさせられます。

| | コメント (0)

2008年5月 1日 (木)

観測日食碑

GWは中日に一日休みを取ってちょっとしたリフレッシュドライブをすることが恒例になっています。今日がその日でした。しかし、年々遠出が億劫になり近間を回ることが多くなってきました。今日もとりあえず当てもなくさまよっていましたら、そういえばいつも行きたいと思っていたけど、家族でハイキングに行った帰りだとなかなか立ち寄れずに行かずじまいだった三条市の観測日食碑 に行くことを思い立ちました。

Imgp4245

120年前にここで皆既日食が見られたのかと思うと感慨深いものがあります。当時でも日食の予報ができたというのも驚きです。まして、写真も撮っているのですから明治時代とはいえ、先端の学術は進んでいたんですね。それにしても新潟がすっぽりと皆既帯に入っています。なんともラッキーな県だったのですね。

Imgp4242

次に本州で皆既日食が見られるのは2035年9月2日です。私は生きていれば79歳です。絶対にこの年まで死なないと決意しています。残念なことに新潟では見られませんので見える県まで遠征しなければなりません。そのときには車を運転する元気が残っているでしょうか。もし、寝たきりであっても何がなんでも子供に車で連れて行ってもらいます。そして帰ってきたその晩に死ねたらこれ以上の幸せはないと思っています。

| | コメント (2)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »