« 今年のしし座三星雲 | トップページ | 観測日食碑 »

2008年4月29日 (火)

北斗星ツアーその1

このGWは連日晴天が続きそうです。加えて新月期であるので絶好のチャンスです。

手始めに昭和の日の前日、さっそく出かけました。しかし、会社がある日なので遠征はできません。近くの郊外です。空の状態はあまりよくないので、夜半になってもあまり暗くなりません。そんなわけで天頂付近の北斗星付近に絞っての撮影です。

まずはM51です。

M51080428

R200SSで5分4枚加算平均コンポジットです。空が明るいので5分が限度です。PHD Guidingでオートガイドしました。ガイド鏡は77EDです。

空の状態はかなりよくなかったのですが、画像処理でなんとか見られる写真になりました。20cmの性能が発揮できていると思います。ガイドはやや流れたコマがありましたが、枚数が少ないので使いました。ちょっと縮小したのでそれほど目立たないと思います。

M51の渦巻き構造はM101と比べるとあまりきれいだと思いませんが、それでもなかなか見ごたえがあります。やっぱり大型銀河ですね。

その1ということはもう少しありますので、明日以降アップします。

|

« 今年のしし座三星雲 | トップページ | 観測日食碑 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

見事な写りですね。私は去年屈折で頑張ったのですが、思うようには写りませんでした。やはり小さくて暗い銀河には明るい大口径が向いていますね。

投稿: tantan | 2008年4月30日 (水) 08時11分

連日晴天が続きますが、星見的には最悪ですね。この日もかなりよくありませんでしたがそれでも大型の対象はよく写ってくれます。やっぱり望遠鏡は口径がものをいいますね。

投稿: まるひ | 2008年5月 1日 (木) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のしし座三星雲 | トップページ | 観測日食碑 »