« DEEP SPACEの魅力 | トップページ | 20cmの威力 »

2008年4月 1日 (火)

エイプリルフール

今日はエイプリルフールですね。各メディアこぞっていろいろなネタを提供してくれて毎年の楽しみです。しかし、最近は一目でウソとわかるものばかりで、ホントかウソかわからないようなぎりぎりのネタはあまり見なくなりましたね。やっぱり社会的影響を気にしてのことでしょうか。

私は今年はネタが間に合いませんでしたので、なしです。代わりにこんなジョークのような機材を紹介します。

Pict0052

これはネタではなくホントです。ペンシルボーグを使った正立ファインダーです。笠井の十字線入り23mmアイピースを使っています。倍率は7.6倍でしょうか。わざわざ正立にしなくても、と思うのですが、暗い対象を中心に入れたい場合、逆さまだとどうしても勘が狂ってしまい、なかなか入れられません。そんなわけで組んでみたものです。正立プリズムを付けると固定する方法がないのですが、tantanさんにお願いしてプリズムにカメラねじを開けてもらいました。どうもありがとうございました。

あり合わせのパーツで組んだとはいえ、総額では4万円近くなるでしょう。ファインダーとしては高価なほうでしょうか。今週末晴れてくれれば試せるので楽しみです。

|

« DEEP SPACEの魅力 | トップページ | 20cmの威力 »

機材」カテゴリの記事

コメント

本当に贅沢なファインダーで、見た目も格好良いですが、実用性も期待できそうですね。土曜日晴れると良いですね。

投稿: tantan | 2008年4月 2日 (水) 12時26分

R200SSにも載ると思いますので、存分に深宇宙を撮ってみたいです。
何とか晴れそうですね。

投稿: まるひ | 2008年4月 4日 (金) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DEEP SPACEの魅力 | トップページ | 20cmの威力 »