« 念願の直線壁 | トップページ | 眼視の楽しみ »

2008年3月20日 (木)

やっと暖かくなってきました

このところ晴天が続いています。しかし、黄砂のため透明度はよくありません。でも月がある時期なのでいいのですけど。

黄砂の霞と普段の霞とでは明らかに違いますね。普段はいわばすりガラスを通した感じで、向こうの風景はぼけています。しかし、黄砂の霞はレンズフィルターでもかけた感じで、薄いながらも風景は鮮明に見えます。こんな日の日没はまるでNDフィルターを通したみたいなはっきりとした太陽が見えることがあります。

年度末はさすがに忙しく、まだ8日の成果をぜんぶ処理していませんでした。M104です。いわゆるソンブレロ星雲です。

M104

明るいのですが小さいです。少しトリミングしてあります。帽子にあたる部分は本当は向こうが透けるくらい透明感があるらしいですね。多段階露光でうまく写せないでしょうか。それにしても小さいのでもっと拡大できる光学系が欲しいです。

来週くらいからまた月がなくなります。天気でいらいらすることは少しは減りそうです。

|

« 念願の直線壁 | トップページ | 眼視の楽しみ »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

ソンブレロ、良い雰囲気ですね。昔の天文所には天文台の画像で、このような写真が載ってましたね。内部構造はダイナミックレンジの広い冷却CCDの得意分野なんでしょうが、HDRでどこまで迫れるか挑戦してみたいですね。

投稿: tantan | 2008年3月20日 (木) 06時44分

実はこの写真に感化されました。
http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap080308.html
帽子にあたる部分がこんなにも透けて見えるとは思いませんでした。
地上でハッブル並みの写真を撮るのは至難でしょうが、目標としては面白そうですね。

投稿: まるひ | 2008年3月20日 (木) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 念願の直線壁 | トップページ | 眼視の楽しみ »