« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月24日 (日)

ビデオで土星

この間と同じ日に撮った土星です。こちらはビデオカメラで撮りました。デジタルズームも使い最大限に拡大しました。

0802212

約1000枚をREGISTAX処理しました。未だに使い方がわかりません。たぶんもう少しうまくやればさらによくなるのだと思いますが、なにせ英語マニュアルが読めません。かなりシンチレーションがひどいときと、そうでないときがあるのですが、いいやつだけを拾い出して枚数を重ねればきっとよくなるのだと思います。

カシニの空隙がこの細さでもわずかに見えています。いい加減な処理ですが威力は大きいですね。ビデオは色が貧弱になるのが難点です。最も開いた輪を写したいですが2017年までお預けです。私は還暦です・・・

| | コメント (2)

2008年2月22日 (金)

今年の土星

昨日は貴重な晴れ間でした。しかし、満月ではどうしようもありません。でもせっかくなので土星を撮ってみました。

080221

77ED+1.4倍テレコンバータ+2.2倍エクステンダー+K9mmにPEXTAX *istDS間接撮影です。8枚コンポジットです。去年のほうがいいみたいですね。惑星撮影もそれなりに楽しいですが、本音をいえば星雲の撮影のほうが数倍楽しいです。同じ天体写真とはいえ、星雲の撮影とは全く手法が異なりますし、別物だと思っています。まあ、望遠鏡を操作して撮るという楽しみでは一緒なのですが。例年惑星は1シーズンに1~2回しか撮りません。大口径望遠鏡があればまた違うのでしょうが。

来年は輪のない土星です。それはそれで珍しい写真が撮れるのでしょう。しかし物足りないですね。

| | コメント (2)

2008年2月11日 (月)

予感

昨日も相変わらず昼間は冬特有の曇り空でしたが、なんとなく、今夜は晴れるのでは、という予感がしていました。特に根拠があったわけではないのですが単純に明日は休みだから晴れてくれればいいな、という希望的観測だけです。それでも天気予報を見ると日本全国が晴れ傾向なのに、新潟だけが仲間はずれということもないだろういう、いい加減ですが自己流予報です。

願いもむなしく午後7時頃に外に出たときは全く星は見えず、小雨まで降っている始末です。少しでも期待ができればお酒も飲まないで待機しているつもりだったのですが、さすがにだめだろうと夕飯に一杯やってしまいました。さて、夜ちょっと立ったときに窓の外を眺める習慣ができてしまったのでその晩も覗いてみたのですが、晴れています!それもほぼ快晴で、透明度も申し分ありません。一杯飲んでしまったことを後悔しましたが、星見で人生を台無しにしてもしかたがありません。庭で写せるものでも写そうかと設置を始めました。狭い視界ですが獅子座の三星雲やM51が写せそうです。M65を導入して5分露光を4枚自動で撮ってみましたが、視野に入っていません。北極星が見えないのでアライメントがいい加減だったせいか自動導入がうまくゆかないようです。M65は屋根に隠れてしまったので、M51に照準を合わせました。こちらも導入がうまく行かないのですが、ステラナビゲータで視野角を表示してずれを確認、手動でなんとか中央に導入できました。こちらも5分4枚撮ったところで画像を見てみると5分の割には写りがよくありません。見るとカメラのISOが100になっていました。800に設定し直して再度取り直しです。ちなみにここ数回の撮影はみんなISO100だったようで、どうも写りが悪いと思っていました。しかし、M42は100でもあれだけの写りです。大物は別格ですね。それと、どうも最近横縞ノイズが気になっていたのですが、ISO100で出る現象のようです。800に戻したら目立たなくなりました。初期のEOSの不具合のようです。で、やっと撮れたものがこれです。

M51080211

77ED+1.4倍テレコンバータ EOS Kiss D改です。5分×4枚のコンポジットです。少しトリミングしました。少し流れています。オートガイドはうまくいっていたようですが、極軸が合っていなくてガイド星をやや離れたところにしたので視野が回転しているようです。オートガイドとはいえ、極軸はちゃんと合わせないといけないことを痛感しました。ちなみにこれが昨シーズンのM51です。ちょっとはよくなっているでしょうか。

今回の撮影でいくつか教訓が得られましたので上げておきます。

1.自動導入を信用しすぎないで、テスト撮影をして視野内に入っているかを確認すること

2.オートガイドとはいえできるだけ極軸は合わせること

3.カメラの設定は確認すること

4.晴れる可能性のある日は酒を飲まないこと

まあ、あたりまえのことですが、今まで甘く見ていたところがあります。でもオートガイドにもだんだん慣れてきました。自宅撮影は撮影を始めればあとはこたつに入って待っているだけなので本当にお気楽ですね。

| | コメント (2)

2008年2月 9日 (土)

白鳥をショット

望遠鏡もなにも出番がないので、せめて鳥でもとわずかの晴れ間を見て郊外に出かけてみました。新潟といえば白鳥です。最近は餌も食べ尽くしたのか、田んぼに出てくる姿もあまり見かけなくなりましたが、いい水の貼った田んぼにたくさん集まっていました。近寄ると警戒するのがわかりますね。こっちをじっと見ていたかと思うと一斉に向こうを向いてしまいます。

ちょうど飛んでくる群れがあったので写してみました。

Imgp4167

77EDにLV15mmを付け、正立プリズムをいれて間接撮影です。正立プリズムは入れなくてもいいのでしょうが、ファインダーが逆さだとうまくフレーミングできません。これはほとんど手持ちです。この重さだと手持ちは無理があります。これほど長焦点だと飛んでいる物は視野に入れるだけで至難です。LV15mmは色収差が激しいですね。写真向けでありません。月や惑星用にいい接眼レンズが欲しいですが、なにがいいのでしょう。

相変わらずの天候不順で、とうとうこの新月期も過ぎてしまいました。例年は冬とはいえ、雨の日もあればたまに晴れたりもしたりで、こんなに毎日雪か曇りばかりということはなかったと思います。今年は寒気の居座りかたが普通の年とは違いますね。

| | コメント (4)

2008年2月 3日 (日)

久しぶりの晴れ・・・ですが

やっと晴れました。天気図は正直なもので高気圧がくればやっぱり晴れます。夕方までは明るい星しか見えないくらいでしたが、あきらめずにいたら夜半頃にきれいな星空になりました。

これを逃したらまたいつチャンスが来るかわかりません。いそいそと機材を積みこみ郊外へ出かけました。

比較的スムーズに設置もでき、最後のチャンスと馬頭星雲を撮影を始めました。オートガイドもオートタイマーもうまく動作し、ここまでは順調だったのですがなんと!いきなりパソコンがシャットダウンしてしまいました。何度電源を入れ直しても入りません。同じ電源で赤道儀は動いているのでバッテリー切れではないようです。

仕方がないのであきらめ、せめてもと思い沈むオリオンだけ撮影し帰宅です。

Crw_9287

途中までの馬頭星雲は6分程度の露光ではなんにも写っていません。結構難物ですね。来シーズンは早めに秋のうちに写しておこうと思います。

パソコンが死んでしまったようです。AC電源につないでも動きません。夜露がひどかったのでショートしたのかもしれません。もう一台ノートパソコンはありますが、オートガイド用にはちょっと不安定なところがあったのでこれを使うのも心配です。何かいい中古でもないでしょうか。それにしても空はもう春です。とうとう今シーズン冬物は撮らずじまいでした。

| | コメント (4)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »