« やっと冬らしい天気 | トップページ | インターバルタイマー制作 »

2008年1月23日 (水)

mitakaで宇宙旅行

Mitakaをインストールしてみました。

Mitaka

知っている方も多いと思います。国立天文台が開発している「宇宙ビューワー」なるもので、操作はいたってシンプル、あらゆるスケールから宇宙を眺めてみよう、というものです。フリーなので誰でも自由にダウンロードできます。ご興味がある方はこちら

天体は実際の観測データに基づいて表示されており、それがマウス操作でぐりぐり回転します。昔Macの天文ソフトにこんなのがあり感動しましたが、それを遙かに上回っています。スケールをどんどん大きくしてゆくと1分足らずで宇宙の果てまでたどり着けます。簡単に計算してみたら光速の数千兆倍!ですね。

遠ざかるにつれ、見慣れた形の星座が崩れてゆくのがおもしろいですね。でたらめに見える星も太陽を視野の中心にするときちんと元の星座に整列します。星雲星団はメジャーなものしかないのですが、これがもっとたくさんあるともっと楽しめそうです。

満月を迎えてしまいましたが、晴れる様子はありません。春まであきらめでしょうか。

|

« やっと冬らしい天気 | トップページ | インターバルタイマー制作 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

今日も荒れてますね。こんな時は、これで宇宙旅行を楽しんだ方がよいのでしょう。我々の銀河系の腕の数ははっきりしていないようですが、こんな風に外から見れる時代は来るのでしょうかね。
この周期で行くと来週末辺り晴れるような気がします。このところ2月は意外と撮影できているので、期待しましょう。

投稿: tantan | 2008年1月24日 (木) 09時02分

意外にも恒星間はスカスカでぶつかることはまずあり得なくて、小宇宙間は結構込んでいて衝突は珍しいことではないそうですね。
しかし小宇宙同士が衝突しても中の恒星がぶつかることもないそうで、宇宙というのは本当に常識では測りしれません。
結構雪雲が切れて晴れ間が多いですね。さすがに望遠鏡持ち出すには難しいものがありますが。

投稿: まるひ | 2008年1月26日 (土) 00時51分

お久しぶりです。
新天研の天体写真展、開催中です!
私、一番星は、17点ほどの写真を出しています。もちろん、最近のホームズ彗星も出しております。ぜひおいでください。土曜の午後、日曜の全日、会場にいますので、気軽にお声をかけてください。
会場は、東北電力 グリーンプラザです。

投稿: 一番星 | 2008年1月26日 (土) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと冬らしい天気 | トップページ | インターバルタイマー制作 »