« 一周年 | トップページ | 夕焼けと幻日 »

2007年10月29日 (月)

さらに明るくなっています

3日ぶりの晴れ間です。薄雲がかかってコンディションは悪いのですが、これだけ明るい彗星です。あんまり問題になりません。

双眼鏡で見たとき、「でかっ!」とまず声を発してしまいました。3日前よりさらに大きくなっています。

07102817p1

28日23時頃の撮影です。77ED直焦点です。PENTAX *istDSで撮影しました。ISO800で8秒×4枚+4秒×4枚+2秒×4枚のコンポジットです。多段階露光しました。

PENTAXは2秒遅延タイマーが付いているのでこういう撮影には向いています。しかし、ノイズは多いですね。JPEGで撮ったのでノイズ処理がうまくできませんでした。ちなみにEOSの裏ファームウェアに入れ替えると遅延タイマーが付くそうですが、怖くてできません。

しかし、なんとも不思議な彗星です。遠ざかりつつも明るくなっています。歴史に残る現象ですね。

お遊びで疑似カラー化してみました。

07102817p2

きれいな丸の中にも微妙な濃淡があるのがわかります。しばらく目が離せません。幸いいつまでたってもペルセウス座から離れないので、うちの庭先から見られるため好都合です。

|

« 一周年 | トップページ | 夕焼けと幻日 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

夕べは私も撮影しました。変な彗星ですね。ひょっとして核が分裂してないかと期待して撮影してみましたが、小口径では分かりませんね。

投稿: tantan | 2007年10月29日 (月) 15時21分

初めて見る彗星にしてはなぜか普段よく見ているような感じがしていましたが、Photoshopのブラシツールですね。
tantanさんのホームページの写真も拝見しました。私のより空の状態がいいようですね。鮮明に写っています。
太陽から遠すぎて分裂はしないだろうと言われていますが、なにが起こるかわからないのでしばらく目が離せませんね。

投稿: まるひ | 2007年10月29日 (月) 15時47分

日曜日の夜は黒川に居たので、よく見えました。肉眼でもぼんやりした姿が分かりました。
ネットで昨日の画像を見るとさらに広がって淡くなってますね。連続できないのは残念です。

投稿: tantan | 2007年10月30日 (火) 12時10分

25日は木星の半分くらいだったらしいですが、この日は木星の倍まで広がっていたようです。
http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap071030.html
まだ大きくなるのでしょうか。
明日は晴れそうですので見るのが楽しみです。

投稿: まるひ | 2007年10月30日 (火) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一周年 | トップページ | 夕焼けと幻日 »