« 結構好きですNGC253 | トップページ | ペンシルボーグで秋の日の散歩 »

2007年10月13日 (土)

なぜパックマン?

NGC281散光星雲です。

Ngc281071006

77ED×.78レデューサKISS D改、5分4枚コンポジットです。初めて撮ってみました。淡いんでしょうか。あまりよく写りません。無理矢理持ち上げてもノイズっぽくなるだけです。赤い散光星雲は難物ですね。

パックマン星雲と呼ばれているそうですが、私にはどうもそう見えません。ハート型という人もいるみたいですが、それも無理がありそうです。提灯お化けといってる人もいましたが、それはなんとなくわかります。私は初めてこの写真を見たときはおじいさんの横顔に見えました。月の模様みたいに何に見えるかを集めたらおもしろいかもしれないですね。

|

« 結構好きですNGC253 | トップページ | ペンシルボーグで秋の日の散歩 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

これは淡いですよね。私も去年撮影したときに気合いを入れてとった割には見栄えがしませんでした。私もパックマン星雲とタイトルしていますが、全然パックマンには見えないですよ。
散光星雲が肉眼で見えていたら、ギリシャ神話は全然違う内容になっていたでしょうね。

投稿: tantan | 2007年10月13日 (土) 08時09分

この星雲もよく写真で見ますが、結構よく撮れているので簡単に写るのかと思いきや難しいのですね。
赤を持ち上げればそこそこ浮き出ますが、美しくないですね。やっぱりたっぷり露光しないとだめなのでしょう。昔の星雲星団ガイドを見たら、説明だけあって写真は載っていませんでしたから、当時撮影は至難だったようです。

投稿: まるひ | 2007年10月15日 (月) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結構好きですNGC253 | トップページ | ペンシルボーグで秋の日の散歩 »