« オートガイドケーブル作ってみました | トップページ | M31で始まりM31で終わる »

2007年10月 7日 (日)

再びらせん星雲

夕べは久しぶりの遠征です。場所は胎内です。夏にもいったところですが、今回はかなり寒く、うっかり防寒具を忘れ参りました。なんとかしのぎましたが。

らせん星雲です。

Ngc7293071006_2 

夏にも撮りましたが、前回と比べ格段によく写っています。10分×2枚です。光学系は前回と同じ77ED×.78レデューサKISS D改です。前回は処理も暗すぎましたが、やはりなにより気温が高いのと、空がよくなかったためだと思います。4枚コンポジットしたいところですが、手動はつらいですね。

今回、あわよくばオートガイド、と思ってきたのですが、赤緯方向のカーソルキーを押すとガイド星が飛ぶのであきらめました。

帰って調べてみるとどうもバックラッシュの値が変だったようです。しかし、しばらくこれでやっていて問題なかったので急になったのも不思議です。あと、ガイド星がほとんど動かずノータッチ状態でできることもあれば、頻繁に修正しなければならないこともあります。ピリオディックモーションのせいかもしれません。ガイドも精密になると思いもよらぬ現象が現れ、奥の深さを感じます。

|

« オートガイドケーブル作ってみました | トップページ | M31で始まりM31で終わる »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。しっぽが写ってますね。新潟ではこの辺が限界でしょうか?寒くなってくると写りが良くて頑張り甲斐がありますが、手動ガイドでこれだけ写すとは、ちっとも「お気楽」ではないですね。

投稿: tantan | 2007年10月 8日 (月) 06時11分

 夏、庭にござを引いて天空を眺めた。
流れ星や人工衛星が見えて楽しかった。
肉眼でも楽しいのだから、器具や装置を使っての天空は、もっと楽しいんだそうな。

こんなの肉眼では見られない。

投稿: mexicali | 2007年10月 8日 (月) 07時34分

tantanさんのおかげでオートガイド計画は着々と進んでいます。
夕べは少し星が出ていたのでテストしようと思ったのですが、さすがに前日の寝不足に負けてしまいました。お気楽も突き止めればテクノロジー頼りなんでしょうか。遠隔天文台こそ究極のお気楽ですね。

mexicaliさんも星好きの素養がありそうですね。一つ望遠鏡を買ってはいかがですか?このページの「お気に入りサイト」あるBORGを訪れてみてください。

投稿: まるひ | 2007年10月 8日 (月) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オートガイドケーブル作ってみました | トップページ | M31で始まりM31で終わる »