« SE2で初めての遠征 | トップページ | 北アメリカ・ペリカン・デネブ »

2007年9月16日 (日)

大ボケ

夕べは週間天気予報も外れ、三日連続の晴れになりました。休みの前日で夜更かししてもいいので23時頃から郊外の観望地へ出かけました。

深夜になるとずいぶん空もよくなります。天の川も見えますし、M31もなんとか確認できます。光害に強い惑星状星雲M27をねらおうと思いましたが、西は雲がかかっていたので、雲が消えるまでとりあえずM33を写してみました。

5分の露光が終わり、確認しようと再生ボタンを押すと液晶に出てきた画像は「CFカードがありません」。昼間先日の画像処理のためにCFカードをパソコンに差したままでカメラだけ持ってきてしまいました。せっかくいい空なのに帰るのも惜しい・・・、何かないかと考えたらカーナビの観光スポットデータを保存しているCFがあることに気がつきました。ただし、32MB。取り付けてみましたらRAWでは2枚しか撮れません。でも2枚でも撮れればいいや、と雲からのぞき始めたM27にカメラを向けました。

さて、シャッターを切ると・・・切れません。カメラのバッテリー切れです。普通は予備を持ってくるのですが、今日に限りわすれました。ここまできてがっくりですが、試しにとバッテリーを外してつけ直してみると一応シャッターは切れます。いったん切れれば終了まではなんとかがんばってくれるようです。2枚目も同様に騙してぎりぎり撮影できました。それがこれです。

070915m27

77EDに×1.4テレコンバータを付けています。ガイドは手を抜いたのでひどいものでしたが画像処理でごまかしています。去年よりはまし、といったところです。家から車で15分ほどの近間ですが、夜中になると結構いい空なのに驚きました。今回は大ボケでしたが遠征ができないときのお気楽撮影地としてはいいところです。

|

« SE2で初めての遠征 | トップページ | 北アメリカ・ペリカン・デネブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

M27は明るい星雲なので、Fが長くてもしっかり写ってくれますね。それにしても77EDは良いレンズですね。私もメモリーカードを忘れることはよくありますよ。最近は遠征にパソコン持って行くので、スロットを探すと入っているので助かります。遠征先でシャッターを切る段になって撮影できないことに気が付く時ほどガックリ来ることはないですね。やけに星空が綺麗だったりしてね・・・。

投稿: tantan | 2007年9月17日 (月) 06時25分

M27も改造デジカメだとよく写りますね。惑星状星雲用に長焦点望遠鏡も欲しいところです。冬はかに星雲ですね。そういえば一枚も撮ったことがありません。今度は気合いを入れてまじめにガイドしてみます。

投稿: まるひ | 2007年9月17日 (月) 17時04分

口径77mmにエクステンダー入れて直焦点、なんてことはデジタルならではです。私は昔から屈折大好きですが、Borgは収集癖をくすぐる物があり危険です・・。
長焦点で機動力があると思えるのはセレストンC5辺りですかね。ビクセンのVC200Lバイザックも評判よいですがデカイですね。C5は一昔前冷却CCDでブームになったので、よい中古が出回ってそうですが、どうでしょうね?ミラーシフトとか光軸とかやっかいそうですが、いじってみたい気もします。

投稿: tantan | 2007年9月17日 (月) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SE2で初めての遠征 | トップページ | 北アメリカ・ペリカン・デネブ »