« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

佐渡に沈む金星

今日は夕方から雲一つ無いすばらしい晴れ、透明度も最良で絶好の撮影日和!ただ一つ残念なのは満月があること・・・

ついていません。月がないあと二週間くらいの間にどれだけ晴れてくれるでしょうか。ここ新潟はまだ梅雨明けしていないんですよね。

まもなく金星が内合しますが、夕焼けの空低く見ることができました。

Pict0142

金星といえどもこんなに低空の星が肉眼で見えるのは珍しいです。このあと生まれて初めて星が沈む瞬間というものを見ました。

望遠鏡で超極細の金星も見たかったですが、佐渡に沈む金星というのもまた趣のあるものです。

| | コメント (2)

2007年7月28日 (土)

惑星にはまっています

昨日金星を撮った後での木星です。

Jupiter

こちらもビデオカメラで400枚くらいを重ねました。

Registaxであまりウェーブレットかけすぎると波模様が目立ってくるので、適当に押さえてステライメージの方でシャープ処理などやりました。

ビデオカメラは結構使えます。デジタルズームもフル活用して最大倍率に拡大しています。重ねればなめらかになるので、大きくした分最後に縮小すればアラも目立たなくなります。それでも粒状が目立つので、ややぼかしを入れてあります。シャープさは犠牲にしてもこの方がきれいに見えます。

しかし、大赤班のない木星は寂しいですね。今度は大赤班がこちらを向いている時をねらって写してみたいものです。

| | コメント (2)

2007年7月27日 (金)

念願の金星

やっと念願だった金星を撮ることができました。

070727vinus

77ED+LV15mm+デジタルビデオカメラでの拡大撮影です。Registaxで800枚のコンポジットです。低空であり、形がひしゃげるほどのシンチレーションでしたが、Registaxの効果は絶大です。色収差が出ていたので、ステライメージでRGB分解したものをずらして再合成しました。

金星は初めてでもありませんが、内合間近のこれだけ細いものは初めてです。特に今年は黄道が寝ているので条件が悪く、ここ数日を逃したら2年後までだめだと思うと焦りました。しかし、今日は奇跡的に夕方から雲一つ無い快晴になり絶好のチャンスに恵まれました。

二階の窓からです。室内からの撮影は非常に快適です。スカイセンサーのおかげで極軸は合わせなくても惑星くらいなら全然問題ありません。暗い星雲の導入を楽にするためのスカイセンサーだったのですが、最近こっちの方面での用途が増えています。

----------------------------------------------------

ちなみに一眼デジカメ一発撮りです。ピクセル等倍で未処理です。

Registaxの威力が思い知らされます。

Imgp3791

| | コメント (2)

2007年7月26日 (木)

懲りずに木星

おとといの木星を昨日の月面と同じやり方で処理してみました。

Jupiter070723

枚数は200枚です。処理一つでずいぶん違うものですね。これなら慎重に撮影すれば口径なりの作品になるのでは、と思ってしまいます。ウェーブレットの波模様が出てしまっていますが、うまく消す方法を試行錯誤せねばなりません。

まあ、でもWebカメラよりビデオカメラの方が簡単で画質も良さそうですし、わざわざWebカメラを使う意味はないような・・・

| | コメント (0)

2007年7月25日 (水)

恐るべし、Registax

夕べはまあまあの天気でしたが、雲も多く月もあるので、星雲撮影はできません。

暇つぶしに二階の窓からお気楽にビデオカメラつないで月面でも撮ってみました。シンチレーションがかなりひどかったのですが、どのくらい写るかなー、と軽い気持ちでRegistaxで処理してみました。

なんと!生画像ではぼやけて何も見えないのにウェーブレットかけてみると微細な地形がどんどん浮き出てくるではありませんか。

こんなに出るならと、あまりのシンチレーションのひどさに処理する気にすらならなかった数ヶ月前の動画を引っ張り出してやってみました。

Photo

すごいです!自分が撮ったものとは思えません。あの水底を覗くようなゆらゆらした画像からなぜこんなに鮮明な写真ができるのか、まるでマジックです。 どんなアルゴリズムで処理しているのでしょうか?

今まで月の撮影はつまらないと敬遠していましたが、これなら少し撮る気が出てきます。月があるときは撮影はお休みでしたが、また望遠鏡を向けることになりそうです。

| | コメント (2)

2007年7月24日 (火)

Webカメラ結論

今日は全国の星マニアが待ちこがれた晴天となりました。しかし、上弦すぎの月がいては星雲などは撮れません。

懸案事項だったWebカメラでのテスト撮影です。パソコンを替えて、USB2.0のインターフェイスを付けて再挑戦です。

070723

640×480で取っても取りこぼししません。一応なめらかに取り込みできます。77EDにLV15mmに2.2倍エクステンダーをつけました。2000枚のコンポジットです。REGISTAXはどうもうまくゆかないので、ステライメージで処理しました。

一応の成果はありましたが、労多くして功少なしという感じです。これならば一眼デジカメで20枚くらいコンポジットした方がきれいに撮れます。眼視ではわからないくらいの薄雲が通り過ぎるだけで見えなくなるくらい暗くなり、非常に感度がデリケートです。

まあ、大口径でシーイングが最良のときならばそれなりの効果はあるのだと思います。しかし、いちいちパソコンを持ち出して、苦労して導入、ピント合わせするくらいなら一眼デジカメのほうが楽できれいに撮れます。

今日は月も撮ってみましたが、月はまあ、いけそうです。しかし低空でシーイングが最悪だったので処理はできません。月が高く昇る季節になったらまたやってみます。

ということで、私のレポートはとりあえずこれで終わりとします。一応使えそうではあるが、ToUcamにせまるものではないというのが実感です。オートガイド用のカメラとしては使えるかもしれません。

惑星撮影も楽しいですが、夏の星雲撮影はもっと楽しみです。ようやく梅雨も明けそうな気配です。

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

Elementsでもトーンカーブを

16日はここ新潟でまたもや大地震が起きてしまいました。私のいる新潟市はさほどではありませんでしたが、原発になにかあればここもただではすみません。それにしてもなぜ、また新潟か、ですね。地球規模の異変でも起きているのでしょうか。

梅雨が明けないうちは星屋はなにもできないですね。ネタもないのでひとついいソフトをご紹介します。

Photoshop Elementsでトーンカーブ機能を付けるプラグインです。フル機能のPhotoshopを買えない金欠者に朗報です。コマーシャルフォトでも扱わない限り、Elementsでもあまり困ることはないのですが、天体写真をやるようになってからトーンカーブがないのが不満に思えてきました。昔のPhotoshop LEには付いていたのにフルバージョンとの差別化でなくしたのでしょうが、重要機能のだけにややがっかりでした。

先日たまたま検索で見つけたサイトで紹介されていました。SmartCurveというプラグインです。ここをご覧ください。

ダウンロードしたファイルをプラグインのフォルダに入れるだけです。フィルターメニューから使います。

Smartcurve

機能はフルバージョンのPhotoshopのものと遜色ありません。使えます!ステライメージのものとやや違うので、少しとまどいはありますが、トーンカーブ使うだけにわざわざステライメージを起動しなくてすむと思うと大変便利です。

Photoshop ElementsのWindows版のすべてのバージョンで使えるようです。日本語化はされていませんが問題ないでしょう。これでフリーですから作者には感謝です。

新潟の観光地は風評被害が出てきているようです。しかし、被災地のど真ん中ならいざ知らず、少しでも離れればこうして普通に暮らしています。新潟のことを思ってくれるのでしたら今まで通り観光に来ていただいてお金を落としていってくれるのが一番の支援です。星祭り会場に近い瀬波温泉はキャンセルがたくさん出ているそうですので是非よろしくお願いします。<(_ _)>

| | コメント (2)

2007年7月15日 (日)

ペンシルボーグは使えます

せっかくの新月ですが、台風の影響で星見はお休みです。梅雨が明けるまではだめそうです。

スペースゲイトさんからBORGパーツが届いたのですが、なにも試せないのも寂しいので近くの水辺に行ってきました。場所はここ です。

ペンシルボーグがお供です。P25+PENTAX *istDS、直焦点です。

Imgp3771

解像度以外画像処理していません。収差もほとんど感じられず、大変シャープです。高価な望遠レンズは必要ないですね。

こちらはWO13.5ミリで拡大撮影してみました。だいたい直焦点の3倍の大きさになっています。35mm換算では約800mmでしょうか。当然ですがさかさまです。

Imgp3767

こんな感じの構成になりました。

Pict0130

ヘリコイドSにカメラアダプタをつけています。他にも組み合わせがありそうで、ベストな方法を考えてみます。

鳥目当てだったのですが、夏場はあまりいません。冬は結構いるのですが。やっと見かけたカルガモファミリーです。動きが速いので直焦点です。

Imgp3773

星以外にも使えるBORGは曇っていても楽しめますね。

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

夏の風物詩?

日本海の夏の風物詩ともいえるいか釣り船が出始めました。

Pict0126

普通に眺めるにはなかなか風情があっていいのですが、あれだけの明るさだと星屋にとっては脅威です。

しかし、昔は上空にまで無駄に照らしていたのが、最近は海面のみしか照らさなくなったようで、前ほどまぶしくは感じません。光害のことを考えてのことではないのでしょうが、まあ、いいことだと思います。

コンパクトデジカメで4枚コンポジットしました。風景写真でもコンポジットしてしまう・・・星屋の性ですね。

| | コメント (0)

2007年7月12日 (木)

あこがれの南半球

今月号の天ガを見ていたら見慣れないダイナミックな星雲が目に入りました。

イータカリーナはかなり大きそうですね。いつかは撮ってみたいものだなあ・・・と思って見ていましたが、そういえばと昔の写真を引っ張り出してみました。

写っていました!

Eta_carina

昔新婚旅行で一度だけいった南半球、Fijiで撮ったものです。南十字と間違えてにせ十字を撮ったところの左下に移っています。

現代の画像処理でどこまで出るかやってみましたが、あんまり変わりません。固定1枚では画像処理しようもないですね。

このときはわざわざ南半球の星座ガイドを買い、簡易赤道儀まで作って張り切って出かけたのですが、結局赤道儀は使わずじまいで固定でだけ撮っていました。

でも双眼鏡でみたマゼランは印象に残っています。超新星にも出会えましたし。イータカリーナの存在は知らなかったので見なかったのですが、惜しいことをしました。

他にも逆さまに沈むオリオンとか珍しい星空にたくさん出会えました。当時は天文熱は冷めていたころで、お気楽に固定だけでいいや、と思っていましたが、もう少し機材を持って行けばなあと、ほんのちょっとだけ後悔しています。

| | コメント (2)

2007年7月11日 (水)

Webカメラの結果・・・

人柱報告その4です。

拡大率を上げた木星です。

Test1211

Registaxで数百枚をコンポジットしました。印象としてはやはり惑星用としては使えないかな・・・という感じです。ノイズがかなりあります。パラメータを変更してもキャプチャーすると勝手に元に戻ってしまいます。キャプチャーに間に合うようにクオリティを落とすのかもしれません。レートも下げられません。

パソコンがUSB1.1なので転送が追いつかないのかもしれないと思い、USB2.0カードを入れました。ドライバも最新版をダウンロードしてみました。確かになめらかにキャプチャーするようになりましたが、実際の惑星にどう影響するかはまだわかりません。次に晴れたときの宿題です。

| | コメント (0)

2007年7月10日 (火)

当てにならない天気

天気予報は当てになりません。今日はあきらめていたのですが、なんと、雲ひとつない快晴になってしまいました。

とはいえ、星雲撮るには透明度が悪いので、木星です。今シーズン初めてのまともな木星です。

070709

77ED+2.5倍エクステンダー+K9mmにPENTAX *istDS間接撮影です。16枚をコンポジットしました。PENTAXは2秒の遅延タイマーが付いているので惑星向けです。なぜEOSにはないのでしょう?

眼視ではわかりませんでしたが、大赤班が見えています。ステライメージで画像処理しましたが、よくわからないままウェーブレットとか使ってみました。

木星の模様は薄いですね。結構処理をきつくかけないと模様が見えてきません。しかし、本当に存在する模様なのか、なんか怪しい気もします。

一応Webカメラでも撮ったのですが、やはりあまりうまく撮れないようです。デジカメの方がずっときれいに感じますが、画像処理次第かもしれません。これは後日のお楽しみです。

| | コメント (3)

2007年7月 8日 (日)

今日は失敗です

人柱報告その3です。

いろいろと悩んだ末、2インチホルダへの取り付けは、ガムテープの芯をホルダの内側に巻き、紙を少しずつはがしながら経を調整したところ、うまい具合にはまりました。これならレンズとの距離も自在ですし、ガタもなくしっくりきます。単純ですが、一番ベストです。

Pict0113

で、今日、雲が多いながらもファーストライトをしてみました。結果は・・・お見せしたくないのですが、こんなものです。

Photo_8

77EDにLV15mmをつけ、間接焦点です。感度はまあまああるようです。画質は結構ブロックノイズがあります。調整で改善するかもしれませんが、今日は雲に隠れている方が多く、試すことができませんでした。

Registax4.0で数百枚を処理しましたが、使い方がよくわかりません。それにしても小さすぎて模様まで見えてきません。感度はありそうなので、もう少し拡大してもいいようです。

問題点はノイズがどの程度軽減されるかだと思います。拡大できればこの程度のノイズは大丈夫かもしれません。もう少し研究してみます。

玄関先でやっていますが、旧式の重くて遅いノートパソコンをだとなかなかストレスがたまりますね。小型軽量、長時間バッテリー駆動出来るパソコンが欲しいです。

| | コメント (2)

2007年7月 5日 (木)

とりあえずWebカメラ完成

人柱報告その2です。その1はこちら

ELECOMのCCD Webカメラ、UCAM-A1D30MDSVの改造はとりあえず完成しました。

Pict0111

劣化がすくないという、補修テープを買って太さを調整するために巻きました。5インチホルダに、まあフィットします。できればアルミテープを巻きたかったのですが、高価なのであきらめました。

肝心のIRカットフィルタですが、レンズのみを取り外し、フィルタだけを付けるというのが一般的のようです。しかし、中にはフィルタを外し、レンズを取り付けた、というサイトもあったのですがなんなのでしょう?赤い星雲でも撮るのでしょうか?

Pict0107

無傷でレンズだけを取り出すのは困難を極め、結局ToUcam Proでもやられているようにレンズを金鋸で切断しました。金属のパイプも入っており、なかなか精密にできています。前側のレンズはこれで取れましたがフィルタの直前に入っているレンズはフィルタを外さないと取れないようです。フィルタの押さえのリングを無理矢理壊して外しました。

さて、フィルタをまたどうやって取り付けるかですが、元に戻すとレンズの分が浮いてしまいカタカタいいます。それにCCDから遠くなってしまうのでケラレが心配です。安直に切断面に両面テープで貼り付けることにしました。

Pict0108

これを付いていたのと逆さまにねじ込むと見栄えもグッドです。フィルタはCCDの直前ですのでケラレもないと思います。あまり強くねじ込むとCCDをこするかもしれません。それがちょっと心配です。

ともあれ、これでとりあえず完成ですが、肝心の天気がどうにもなりません。ちょっとの晴れ間でもあれば木星でファーストライトしたいのですが。

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

流行りの猫の手

BORGのホームページを見ているとこの通称「猫の手」といわれる星雲の写真が多いですね。実は私はこの存在も名前も知りませんでした。

先日のM8 M20のモザイクのM8部分だけを再処理して猫の手を浮き出させてみました。

Photo_7

やっぱり露光が足りないんでしょうね。無理矢理画像処理で浮き出させた、という感じです。全体の処理もどうやったら正解なのかわかりません。実際目に見えないものを見えるようにするんですから難しいですね。

構図をもう少し上に取ればM20も入ったのでしょう。まあ、意識しなかったので今度は構図もちゃんと考えてみます。

梅雨空がしばらく続きそうです。雨の日は画像処理やるくらいしかありません。でもそれも楽しみの一つなのですが。

| | コメント (2)

2007年7月 2日 (月)

最後のCCD Webカメラ?

Webカメラを手に入れました。

安価なCMOSに押され、もう探しても現行で売られているものはどこにもなさそうなので、最後のCCDのものだと思います。

ELECOMのUCAM-A1D30MDSVです。

http://www2.elecom.co.jp/multimedia/pc-camera/ucam-a1d30md/index.asp

Pict0101_2

スタンドからはずせるので、望遠鏡に付けたときスマートに見えるのもグッドです。

Pict0102_1

肝心の画質が気になりますが、とりあえずminiBORG45EDにLV15mmを付けコリメートで撮ってみました。

Test

正直、私はWebカメラは初めてなのでいいのか悪いのかもわかりません。ただ、クオリティを変えることができるので、最高品質にすれば結構見られるのではないかと思っています。感度も暗いところでもよく写るようですし、マニュアルでの調整もできるので、意外と天体向けではないかと期待しています。

結構良さそうに見えるのですが、検索してみるとこれで撮影をしているという事例を探すことができません。なにか大きな欠点があるのかと不安にもなりますが、ここはいっちょう人柱になってやろう、という覚悟です。

間接撮影が出来るように、レンズをはずしてみることにしました。分解は簡単です。型番ラベルをはがすとネジが隠れているのでそれをはずして前側のツメをはずすだけで開きます。しかし、最初隠れネジがわからなくて無理矢理ドライバでこじ開けようとしましたら傷だらけになってしまいました。まあ、外観は気にしないのでいいや、と思ったのですが、改造屋としては失格ですね。危うく壊すところでした。

Pict0103

これがモジュールです。レンズは回すだけで簡単に取れます。

Pict0104

レンズが赤く見えるのはIRカットフィルタでしょう。これははずした方がいいのでしょうか。月、惑星用のつもりですが、Webでいろいろな方のやりかたを参考にしてみます。

レンズをはずした後で組み立て、さて、これをどうやって望遠鏡に付けるかですが、いろいろ手持ちのパーツをあてているうちに、2インチホルダにすっぽりと収まることに気がつきました。テープを巻いて太さを調整したところうまく接続が出来ました。

Pict0105_1

とりあえずいい加減に手持ちのテープを巻いただけです。付くことはわかりましたが、ぐらぐらして光軸もうまくあわないので、巻く素材を少し考えてみます。堅いもので、カメラ全体をぴったりの太さに巻かないとだめのようです。

で、とりあえず撮ったのがこれです。

Test2

miniBORG45ED直焦点ですが、CCDのサイズからして35mm換算で1000mm近いのではないでしょうか(厳密に計算はしていませんが)。やっぱり赤っぽく見えます。コントラストもコリメートより低いのですが、内部反射のせいでしょうか。

今日のテストはこれまでです。今度は接眼レンズと組み合わせて木星をねらってみようと思います。しかし、調整を休みの日にゆっくりやらないとだめのようで、少し先になるでしょう。乞うご期待です。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »